文字がぎっしり詰まった長いテキストドキュメントを読むことは、学習者にとって困難な作業です。ドキュメントがきちんと構造化されていれば、学生はコンテンツを整理し処理することができます。

アクセシビリティを念頭に置いて記述する方法の詳細


見出し

ドキュメントのスタイルに見出しを使用すると、ドキュメントのセクションやサブセクションを組み立てることができます。ヘッダは学生の操作やコンテンツの理解に役立ち、スクリーンリーダーにとって不可欠なものです。

文書作成ソフトウェアでは、組み込みの見出しスタイルを使用します。

見出しレベル1は「見出し1」、セクションの見出しは「見出し2」、サブセクションの見出しは「見出し3」というように選択します。段落には「標準」が使用されます。


画像の代替テキスト

多くのドキュメントには画像が含まれているため、画像に代替記述が含まれていることが重要です。

文書作成ソフトウェアに代替テキストを追加します。

Microsoft Wordには、テキスト用に[タイトル]と[説明]の2つのフィールドがあります。[説明]テキストボックスに代替テキストを入力します。代替テキストは、Word文書をPDFまたはHTMLに変換するとき、新しい形式に変換されます。タイトルは他の形式に変換されないので、新しい形式で再入力する必要があります。


説明リンク

リンクを説明的なものにすることが必要です。リンクはすべて、ユーザが選択したときに得られる情報の内容がわかるように説明します。

文書作成ソフトウェアに説明リンクを追加します。


リスト

適切に作成されたリストは、スクリーンリーダーの利用者に、箇条書きリスト内の項目数を伝えます。

文書作成ソフトウェアに組み込まれているリストを使用します。


表のヘッダ

ドキュメントで表を使用すると、学生が複雑な情報を整理するのに大変役立ちます。ただし、表を効果的かつアクセシビリティ対応であるようにするには、視覚レイアウトではなく、データの用途にのみ使用してください。表にヘッダを追加すると、特にスクリーンリーダーを使用する場合に、学生が操作しやすくなります。

文書作成ソフトウェアに表のヘッダを追加します。


Microsoftのアクセシビリティチェック

これはアクセシビリティの問題を特定し修復するのに役立つ、優れたリソースです。[ツール]メニューから[アクセシビリティチェック]を選択します。

アクセシビリティチェックの詳細


PDFドキュメントをアクセシビリティ対応にする

ドキュメントをアクセシビリティに対応した状態に保つためには、元のソースファイルにコンテンツを保存するのが最善の方法ですが、多くの教員はドキュメントやプレゼンテーションをPDFファイルにエクスポートすることを好みます。

PDFはオープンスタンダードファイル形式であり、コンテンツを一貫して表示します。ユーザがそれを印刷したり、デバイス上で表示したりしても問題ありません。フォーマットは変わりません。

ドキュメントをPDFにエクスポートするときは、エクスポート設定を確認して、タグ付きPDFを生成することが重要です。タグ付きPDFでは、タグや要素 (ブロック引用、段落、見出しなど) を使用して文書構造を表します。優れたコンテンツ構造により、スクリーンリーダーユーザを支援します。これにより、PDFの操作が簡単になります。

ドキュメントをタグ付きPDFとして保存する

  1. まず、アクセシビリティ対応のテキストドキュメントを用意します。
  2. アクセシビリティ対応のPDFとしてドキュメントを保存します。
    • Microsoft Word :[ファイル]メニューから[名前を付けて保存]を選択します。[ファイルの種類]で[PDF]を選択します。電子文書としての配布およびアクセシビリティ対応に最適な方法を選択して[エクスポート]を選択します。詳細については、「Word文書をアクセシビリティ対応のPDFとして保存する」を参照してください。

      Print to PDFを使用しないでください。

    • LibreOffice WriterとImpress :[ファイル]メニューから[PDFとしてエクスポート]を選択します。[タグ付きPDF (ドキュメント構造の追加)]を選択し、PDFオプションで[ブックマークをエクスポート]を選択します。[エクスポート]を選択します。

Adobe Acrobatを使用してアクセシビリティ対応のPDFを作成する

Adobe Acrobatをお持ちの場合は、アクセシビリティ対応のPDFを作成するだけでなく、既存のPDFをスキャンして アクセシビリティ対応 であることを確認することもできます。

Adobe Acrobatを使用してアクセシビリティ対応のPDFを作成する方法の詳細