対面式のコースおよびブレンデッドコースで教える教員の多くは、学生の総合評価の一部として出欠データを使用します。また、教育機関やプログラムによっては、出欠のポリシーとして、学生がクラス授業を欠席した回数を教員が記録するよう定めているところもあります。

出欠データは次のような方法でも使用されています。

  • ビザの維持が必要な留学生は出席条件を満たす必要がある場合があります。
  • 教育機関では、連邦政府の補助金や認証のために“出席時間”の証明が必要となる場合があります。
  • 多くの教育機関や教員は、学生の定着に取り組むにあたって出欠データを使用します。

クラス授業ごとに、学生の出席、遅刻、欠席、早退を記録できます。各学生の出欠レコードは、他の成績の隣にある1つの列内に表示されます。[出欠]ページにはプロフィール画像が表示されるので、学生を簡単に識別できます。

課題の成績の列と同様に、出欠データを成績計算に組み入れることができます。

出欠へのアクセス

[コントロールパネル] > [コースツール] > [出欠]

出欠機能に最初にアクセスすると、[出欠]ページと[設定]パネルが開きます。成績表示と成績スキーマでの遅刻のデフォルト設定は変更できます。現時点では、出席欠席のパーセンテージは変更できません。設定を保存するか、変更しない場合はパネルを閉じます。出欠の列は成績管理に表示されますが、出欠の記録は[コントロールパネル]>[コースツール]>[出欠]から行います。

いつでもスキーマを[設定]パネルで変更し、保存して、ページを更新することができます。[全体]ビューの[出欠]ページで、新たに選択したスキーマが成績ピルに反映されていることが確認できます。


ULTRA :出欠へのアクセス

お使いの画面表示と異なる場合。出欠へのアクセスに関する"従来の"ヘルプを参照してください。

[コースコンテンツ]ページの[詳細&操作]パネルで[出欠をマーク]を選択します。

出欠機能に最初にアクセスすると、[出欠]ページと[設定]パネルが開きます。成績表示と成績スキーマでの遅刻のデフォルト設定は変更できます。現時点では、出席欠席のパーセンテージは変更できません。設定を保存するか、変更しない場合はパネルを閉じます。出欠の列が成績表に表示されます。

いつでもスキーマを[設定]パネルで変更し、保存して、ページを更新することができます。[全体]ビューの[出欠]ページで、新たに選択したスキーマが成績ピルに反映されていることが確認できます。

成績表からの出欠列の追加

[コースコンテンツ]ページから[出欠]を開いていない場合、出欠列を成績表に追加できます。出欠列を追加した後は追加機能が表示されなくなります。

成績表に列が存在しない新しいコースでは、[出欠を追加]を選択します。

グリッド表示で、既存の列の隣に出欠列を追加できます。プラス記号を選択してメニューにアクセスし、[出欠を追加]を選択します。リストビューで、出欠を追加したい場所でプラス記号を選択し、[出欠を追加]を選択します。

出欠ページのツアー

デフォルトでは、出欠を開いたとき、前の授業のマークを終えていない場合でも現在の日付の[授業]ビューが表示されます。[全体]ビューでは複数の授業およびコース全体の統計を表示できます。どちらのビューからも出欠のマークまたは編集が可能です。

[授業]ビュー

[授業]ビューでは、各学生の出欠をマークすることができます。ステータスの見出しのメニューを使用して、すべての学生を出席または欠席としてマークすることもできます。次に、個別の学生のステータスを必要に応じて変更するか、すべてのマークをクリアできます。入力した内容は、自動的に保存されます。

学生の出欠をマークすると、出欠の成績が自動的に投稿されます。学生の出欠を変更するかマークをクリアすると、学生には変更がすぐに表示されます。

授業ビューは、小型デバイスで表示される唯一のビューです。

日付列の見出しを選択してメニューにアクセスし、これらの動作を実行します。

  • 授業に対するすべての学生のマークをクリアする
  • すべての学生に対して別のステータスを選択する
  • 授業を除外する
  • 授業を編集する
  • 授業を削除する

同じステータスでマークしているすべての学生を別のステータスに変更する場合、上書きの確認メッセージが表示されます。

ステータス

  • 出席 :100%に設定されます。現時点ではパーセンテージを変更できません。
  • 遅刻 :デフォルトでは50%に設定されます。パーセンテージは[設定]パネルで調整します。
  • 欠席 :0%に設定されます。現時点ではパーセンテージを変更できません。
  • 早退 :採点上は出席としてカウントされます。早退は学生の出席評価全体にはマイナスの影響がありません。成績ピルではヌルまたは空の値 (--) が表示されます。

[授業]ビューの採点は、[設定]パネルで選択したスキーマに関係なく、常にパーセンテージになります。[授業]ビューには1つのステータスのみ表示されるため、そのステータスの加重であることから、パーセンテージが表示されます。

[前の授業]と[次の授業]の矢印を授業間での移動に使用します。

学生の名前を選択すると、出欠レコード全体の概要が表示されます。各学生が欠席したクラス授業の数を確認できます。各学生の[全体の得点]が、[設定]パネルで選択したスキーマで表示されます。このビューは読み取り専用です。

Ultraコースビューでは、特別優遇措置が設定された学生の横にアイコンが表示されます。

全体ビュー

[全体]ビューでは、出欠をマークし、出欠履歴およびクラス概要統計を表示し、新しい授業を作成することができます。

学生の出欠をマークすると、出欠の成績が自動的に投稿されます。学生の出欠を変更するかマークをクリアすると、学生には変更がすぐに表示されます。

マークが必要な直近の授業が画面の右側に表示されます。すべての学生にマークを追加するまで、列は紫色になっています。

列見出しのメニューを使用して、すべての学生を出席または欠席としてマークすることができます。また必要に応じて、各学生のステータスをセルから変更できます。入力した内容は、自動的に保存されます。

同じステータスでマークしているすべての学生を別のステータスに変更する場合、上書きの確認メッセージが表示されます。

Ultraコースビューでは、特別優遇措置が設定された学生の横にアイコンが表示されます。

成績ピルの学生概要

各学生の成績ピルには、[設定]パネルで選択されたスキーマを使用して、全体の出欠評価が100ではなくA+のように表示されます。学生の名前を選択すると、出欠レコード全体の概要が表示されます。各学生が欠席したクラス授業の数を確認できます。このビューは読み取り専用です。学生の出欠を変更するかマークをクリアすると、学生には成績全体での変更がすぐに表示されます。

コース全体の概要

[全体]ビューには学生の出欠に関するコースの統計概要が表示されます。統計に含まれる内容 :

  • 成績ピルに表示されるコース平均
  • 皆勤者
  • 平均または平均を超える出席者 :皆勤の学生を含めます
  • 平均未満の出席者

早退の記録しかないか、まったく記録がないか、記録がコースから削除されている場合、その学生の出欠はコースの概要統計には含まれません。各統計に一覧表示された学生の数は、学生の合計数と一致しない場合があります。

すべての学生に出欠レコードがある場合、平均/平均を超える学生数と、平均未満の学生数を合計すると全学生数になります。

使用できない学生の情報は読み取り専用で表示され、以前の出欠評価はコース概要統計に含まれません。

出欠マークについての動画を見る


授業を編集する

日付列の見出しを選択してメニューにアクセスし、[ミーティングを編集]を選択します。ポップアップカレンダーから新しい日付を選択できます。授業の日付を変更するか[今日へ移動]を選択すると、[出欠]ページを閉じて開いたときにすべての授業が時系列でソートされます。

今後の授業日付を選択できます。今後の授業が1つ以上ある場合でも、[授業]ビューが開くときは直近の[今日]の授業が表示されます。


授業の追加または削除

[全体]ビューでは、構築されたコーススケジュール外でクラスの授業があった場合に授業を追加できます。クラスをキャンセルした場合、授業を削除することもできます。

授業を追加する

[全体]ビューでは、1日の出欠について複数の授業を追加できます。たとえば、通常スケジュールのクラスの後で校外学習に出かけた場合、授業を追加して出席者をマークすることができます。既存の授業日付の横にあるプラス記号アイコンを選択して、新しい授業を追加します。

授業を削除する

どちらのビューでも授業を削除できますが、少なくとも1つは残しておく必要があります。[出欠]ページを空にすることはできません。授業が1つしかない場合にそれを削除すると、新しい[今日]の授業で置き換えられます。

学生の全体の出席評価は、削除された授業を含まないように更新されます。

[授業]ビューでは、日付列の見出しを選択してメニューにアクセスし、[ミーティングを削除]を選択します。

[全体]ビューでは、日付列の見出しを選択してメニューにアクセスし、[ミーティングを削除]を選択します。


授業を除外する

[授業]ビューまたは[全体]ビューで、出席評価が必要でなくなった授業を除外することができます。一部または全学生のセルにマークしていた場合でも、学生の全体の出席評価は、除外された授業を含まないように更新されます。両方のビューの除外をクリアすることもできます。

授業を除外すると、その授業の列見出しメニューからすべての学生を出席または欠席にマークするオプションが消去されます。また、メニューオプション[ミーティングを除外]が[除外のクリア]に変更されます。

除外された列はグレーで表示され、グリッドセルのすべてのメニューは無効化されます。ヌル または空の値 (--) が、マークのないすべての学生に表示されます。学生にステータスをマークした場合、それらのステータスは残りますが、読み取り専用となり変更できません。

小型のデバイスでは、出席は[授業]ビューにのみ表示されます。授業を除外すると、その除外をクリアするまでステータス機能が表示されません。

成績管理での出欠の表示

お使いの画面表示と異なる場合。成績表での出欠の表示に関する"Ultra"のヘルプを参照してください

出欠は成績管理に表示されますが、出欠をマークすることはできません。学生の出欠累積スコアは、常に100点を満点として表示されます。[出欠]列は削除できませんが、ビューから非表示にすることができます。

出欠列は、出席カテゴリに自動的に追加されます。このカテゴリは[列の編集]ページで変更できます。

出欠列では、他の列とほとんど同じ操作を実行できます。たとえば、1次表示などの表示名を追加して設定を変更し、出欠を計算で使用することができます。

成績の計算の詳細

セルのメニューにアクセスして[ユーザアクティビティの採点]を選択し、学生の出欠レコード全体の概要を表示します。

学生が欠席したクラス授業数を確認できます。各学生の[全体の得点]が、出席の[設定]パネルで選択したスキーマで表示されます。このビューは読み取り専用です。画面下部で[成績管理に戻る]を選択して、グリッドに戻ります。

学生の全体の出席評価を成績管理の成績セルから編集できますが、既にマークした授業に対する変更は表示されません。したがって、学生がすべての授業に出席し、教員が学生の出席評価セルを編集して100から75に変更すると、75が全体の出席評価となります。出席を開くと、総合評価として75が表示されますが、この学生はすべての授業に出席しています。学生の総合評価を変更するには、授業を個別に変更することをお勧めします。


ULTRA :成績表での出欠の表示

お使いの画面表示と異なる場合。成績管理の出欠へのアクセスに関する"従来の"ヘルプを参照してください。

成績表の項目リストまたはグリッド表示から出欠にアクセスできます。出欠列は、出席カテゴリに自動的に追加されます。

出欠は計算および総合評価の一部で使用できます。

成績の計算の詳細

リストビューで[出欠]を選択すると、出欠をマークするために直近の[授業]ビューが開きます。グリッド表示で[出欠]列の見出しを選択してメニューにアクセスし、[編集]を選択します。

グリッド表示では、出欠セルを編集できません。学生の出欠セルを選択して[学生の記録を表示]を選択し、学生の出欠レコード全体の概要を表示します。学生が欠席したクラス授業数を確認できます。学生の[全体の得点]が、[設定]パネルで選択したスキーマで表示されます。このビューは読み取り専用です。


モバイルとタブレットのビュー

対面式の授業では、クラスの学生の前に立ちながら携帯電話やタブレットを使用して出欠をマークできます。一度に1つの授業を表示する出欠の簡易表示にアクセスでき、学生のプロフィール写真も表示されます。後で処理できるようメモを取ったり、コンピュータで出席を取ったりする必要はありません。

画面上部でステータスを選択し、すべての学生を1回でマークすることができます。入力した内容は、自動的に保存されます。または、1つのステータスで学生を個別にマークして、次のステータスに移動することもできます。学生は割り当てたステータスでグループ分けされます。マークのない学生はリストの一番上に移動します。利用不可の学生は別のセクションに表示されます。

学生の出欠をマークすると、出欠の成績が自動的に投稿されます。学生の出欠を変更するかマークをクリアすると、学生には変更がすぐに表示されます。

[前の授業]と[次の授業]の矢印を授業間での移動に使用します。

学生用の表示

学生は自身の出席の概要を表示でき、欠席した授業の数を容易に確認できます。

出欠に関する学生ビューの詳細


出欠データのエクスポート

[全体]ビューで[エクスポート]アイコンを選択すると、学生の出欠レコードをCSVファイルでダウンロードできます。ダウンロードは確認メッセージを表示せずにすぐに開始されます。


コースアーカイブの出欠データ

出欠データはコースアーカイブに含まれます。コースをアーカイブすると、コースのある時点でのスナップショットや永久的なレコードが作成されます。アーカイブには、すべてのコンテンツ、コースの統計、ユーザ、そしてディスカッション、出欠、成績などのコースの対話が含まれます。

コースのアーカイブの詳細