従来のコースビューで利用可能なツールは、あなたの教育機関によって管理されています。Ultraコースビューでは、インストラクタはルーブリックを常に利用できます。

Video: Grade Using a Rubric


Watch a video about grading using a rubric

The following narrated video provides a visual and auditory representation of some of the information included on this page. For a detailed description of what is portrayed in the video, open the video on YouTube, navigate to More actions, and select Open transcript.


Video: Grade using a rubric shows how to grade an assessment using an associated rubric.


ルーブリックを使用した採点

ルーブリックを作成してアセスメントまたは掲示板に関連付けると、採点に使用できるようになります。課題、テスト、または掲示板ページに、選択したルーブリックが表示されます。各項目には1つのルーブリックのみ関連付けることができます。

並列採点を有効にしている場合、教員と学生は、学生のファイルの採点者のルーブリックと注釈を表示できません。学生には、最終採点者 (採点の調整者) が提供するルーブリックと注釈のみが表示されます。

[提出物]リンクを選択して採点を開始します。[提出物]ページで、学生の名前を選択してその学生の提出物とルーブリックにアクセスします。

学生の提出物ページの成績ピルにルーブリックアイコンが表示されます。成績ピルを選択し、学生の作業の横のパネルでルーブリックを開きます。1つ目のルーブリック基準を展開し、アチーブメントレベルのスコアを選択します。

アチーブメントレベルを選択するとルーブリックの成績ピルが更新され、その基準は折り畳まれて次の基準が展開されます。

テキストボックスを使用して、個別の基準へのフィードバックを学生に提供することができます。フィードバックには文字制限がありません。エディタはプレーンテキストエディタです。

[値を選択]リンクを選択すると、条件の折り畳みと展開ができます。条件の得点が表示されたら、条件の得点ピルを選択して、条件を改めて展開します。

成績ピルの詳細

選択すると、ルーブリックスコアとフィードバックが自動的に保存されます。[X]を選択して、ルーブリックパネルを閉じます。ルーブリックを割り当てる成績は、学生の提出ページと成績表に表示されます。

パーセンテージ範囲のルーブリックについては、各アチーブメントレベルに点数の範囲があります。採点時に、特定の成績レベルに対して適切なパーセンテージレベルを選択します。システムは、加重x成績パーセンテージx項目の点数で獲得する点数を算出します。

学生の提出物ページでフィードバックアイコンを選択して[フィードバック]パネルを開き、学生向けのメモとフィードバックを入力して保存します。各基準のテキストボックスを使用して、個別の基準へのフィードバックを学生に提供することができます。フィードバックには文字制限がありません。エディタはプレーンテキストエディタです。学生に成績を表示する準備ができたら、メニューを開いて[投稿]を選択します。学生に別の答案を与える場合は、[削除]を選択すると、提出物が永久に削除されます。

投稿した後でも、いつでも項目に戻って成績を変更することができます。

採点にルーブリックを使用した後は、ルーブリックを編集できませんが、編集や名前の変更が可能なコピーを作成できます。


ルーブリックの学生ビュー

項目を採点し、結果を投稿すると、学生は成績ページまたはアクティビティストリームで自分の得点を確認できます。また、学生は[コースコンテンツ]ページで採点済みの項目にアクセスでき、提出物、ルーブリック、教員のフィードバック、成績を確認できます。

課題とアクティビティストリームの詳細

学生は採点済みの提出物を表示するとき、成績ピルを選択して作業とともにルーブリックを開くことができます。学生は個別の基準を展開し、アチーブメントレベルを確認できます。付与されたアチーブメントレベルがハイライトされます。


ルーブリック成績の上書き

たとえば、成績表の成績ピルに入力を行うと、手動で割り当てた成績が上書きされます。その成績の横には上書きのラベルが表示されます。また、個別の各基準を上書きすることもできます。

成績の囲みには、5桁以下の数値を入力できます。小数点以下第2位まで入力できます。

学生の[提出物]ページで、成績ピルの横の[上書きを元に戻す]を選択すると、上書きラベルを削除することができます。以前の成績が表示されるか、成績にルーブリックを使用することができます。

投稿された採点

成績を投稿してから、それらの成績を上書きすると、変更後の成績が学生に表示されます。投稿した成績を完全に削除すると、その項目の成績が学生に表示されなくなります。項目は「未採点」に戻ります。新しい成績を割り当てたら、それらの成績を再度投稿する必要があります。


採点開始後にルーブリックを関連付ける

成績を割り当てた後にルーブリックに関連付けることを決めた場合、すでに割り当てた成績は上書きされた成績として見なされます。成績表で、その成績の横に上書きラベルが表示されます。

[ルーブリックの詳細]パネルで、新しく関連付けたルーブリックを使用して、採点済みの提出物を再採点することを選択できます。[ルーブリックを使用した再採点]を選択すると、ルーブリックがアクティブ化され、ルーブリックを使用して成績を提供することができます。新しい成績が成績表に表示され、上書きラベルが削除されます。