コースの作成時にBlackboard Learnが必要とするコースプロパティは、コース名とコースIDです。ただし、その他のコースプロパティの一部が、コースが利用可能な期間、ゲストユーザを許可するかどうか、コースが表示されるコースカタログの位置など、コースの重要な面を制御します。

コースの作成時に設定されない項目を、コースプロパティを編集することで設定できます。たとえば、一括作成されたコースには必要なコース名とコースIDに加え、ボタンのスタイル、連絡事項をそれぞれ1つのみ入れることができます。ソースコースをコピーして作成されたコースには、異なるバナー画像または利用可能期間が必要となる場合があります。

また、コースを結合して、大きいコースセットの子コースにすることができます。子コースは、マスタコースの下のコース一覧に表示されます。子コースには利用不可のマークが付けられ、そのまま保持しますが、マスタコース内で管理できます。アクティブコース (学生の提出があるコース) は、コースの結合関係で子コースにしてはなりません。


コースプロパティの表示または編集を行う方法

子コースは、メニューのオプションが限られており、関連するマスタコースから管理する必要があります。

  1. [管理パネル]の[コース]セクションで、[コース]を選択します。
  2. コースを検索します
  3. [コース]ページで、メニューを開いて、[編集]を選択します。
  4. コースプロパティを編集します。コースIDは変更できません。
  5. 送信]を選択します。

子コースの結合と分割

同一コースの複数セクションを指導する教員は、それらのセクションを、関連する子コースを複数持つ1つのマスタコースから管理したいと考えることがあります。アクティブコース (学生の提出があるコース) は、コースの結合関係で子コースにしてはなりません。

コース一覧では、マスタコースと子コースは常にともに表示され、子コースの[ステータス]列には、マスタコースを指す上矢印が表示されます。新しいコンテンツはマスタコースから管理する必要があります。子コースには利用不可のマークが付けられますが、マスタコースから管理できます。

子コースのみの編集や管理を行うには、マスタコースから子コースを分割する必要があります。

結合時に、子コースの登録はすべてマスタコースに複製され、子コース内でのそれ以降の登録変更はマスタコースと自動的に同期されます。学生登録の重複はレポートされ、無視されます。採点者、ティーチングアシスタント、ゲストなど、その他のロールのユーザには、マスタコースへの最終追加時点に基づいてロールが割り当てられます。

登録の管理の詳細

コースの結合

コースを結合するには2つの方法があります。その1つは、コースを選択し、新しいマスタコースに結合する方法です。

  1. [管理パネル]の[コース]セクションで、[コース]を選択します。
  2. [コースの作成]をポイントし、[登録の結合]を選択します。
  3. 新しいコースを作成するときと同様に、コースプロパティを編集します。
  4. [子コースの追加]の隣にある[参照]を選択し、結合するコースを選択します。
  5. 送信]を選択します。

コースを結合するもう1つの方法は、既存のコースをマスタコースとして使用し、子コースを追加することです。1つ以上の子コースをすでに持つマスタコースには、その後他の子コースを同様に追加できます。

  1. [管理パネル]の[コース]セクションで、[コース]を選択します。
  2. コースを検索します。
  3. マスタコースになるコースの[コースID]をポイントして、そのメニューを開きます。
  4. [編集]を選択します。[コース設定]ページが表示されます。
  5. [結合するコースの選択]チェックボックスをオンにして、[子コース]セクションを表示します。

    既存のマスタコースについては、このチェックボックスをオンにする必要はありません。

  6. [子コース]セクションで、マスタコースに追加する子コースのコースIDを入力します。複数のコースIDをカンマで区切って入力できます。または、[参照]を選択して、コースを検索できるポップアップウィンドウを開きます。
  7. 送信]を選択します。

コースの分割 :

切り離しによって、結合されたコースのセットから子コースが削除されます。コース自体は削除できません。代わりに、別個のコースになります。コースは結合されていたセットとの関連がなくなり、前のマスタコースの教材は含まれません。分割したコースは、分割した時点のコンテンツと登録の両方を保持します。

  1. [管理パネル]の[コース]セクションで、[コース]を選択します。
  2. コースを検索します。
  3. 子コースは関連付けられたマスタコースとともにリストされ、[ステータス]列には矢印が表示されます
  4. 子コースのメニューを開いて、[切り離し]を選択します。
  5. [個別]ページで、子コースの既存の登録をマスタコースで管理するオプションを選択します。
    • [マスタ登録の削除]:子コースがマスタコースに結合されたときにマスタコースに追加された登録を削除します。このコースに登録したユーザをマスタコースで登録されている状態にしない場合は、このオプションを選択します。たとえば、セットに間違って結合したコースを切り離す場合に、このオプションを選択します。
    • [マスタ登録の保持]では、登録はマスタコースに保持されますが、利用不可としてマークされます。成績や課題提出などのユーザデータをマスタコースに保持する必要がある場合は、このオプションを選択します。
  6. [送信]を選択します。

コース構造の有効化/無効化

コース構造には、メニューリンク、手順、コンテンツの例など、教員がコースの編成を即座に開始できる事前定義済みのコース教材が含まれています。管理者が、この機能を利用可能にするかどうかをコントロールします。

コース構造の使用の詳細

  1. [管理パネル]の[コース]セクションで、[コース設定]を選択します。
  2. [コース設定]ページの[コースメニューおよび構造]を選択します。
  3. [[コース]メニューおよび構造]ページの[コース構造の有効化]チェックボックスをオンにします。コース構造を無効にするには、このチェックボックスをオフにします。
  4. 送信]を選択します。

コーステーマの有効化または無効化

コーステーマによって、コースの表示に背景画像が追加されて、コースメニュー、ボタン、コントロールなどのユーザインターフェイスの色が変更されます。テーマはいつでも再度変更できます。テーマの適用は、コースコンテンツや選択したコース構造には影響しません。

コーステーマが利用できるのは、所属する教育機関がシステムテーマとしてBb Learn 2012を選択した場合、またはBb Learn 2012システムテーマをベースにしてカスタムテーマを作成した場合のみです。

テーマの使用の詳細

  1. [管理パネル]の[コース]セクションで、[コース設定]を選択します。
  2. [コース設定]ページの[コーステーマおよびアイコン]を選択します。
  3. [コーステーマおよびアイコン]ページで、[コーステーマの有効化]チェックボックスをオンにします。コース構造を無効にするには、このチェックボックスをオフにします。
  4. [送信]を選択します。

クイックセットアップガイドの有効化/無効化

[クイックセットアップガイド]を使用すると、教員はコース構造やテーマなど、コースのエレメントを簡単に選択できます。また、コース名と説明を編集したり、コース構築を理解するためのトピックや動画チュートリアルにアクセスしたりできます。

教員がコースを開始したときに、クイックセットアップガイドを表示するかどうかを選択できます。表示されないように選択した場合、教員は、[コントロールパネル] > [カスタマイズ] > [クイックセットアップガイド]からアクセスできます。

  1. [管理パネル]の[コース]セクションで、[コース設定]を選択します。
  2. [コース設定]ページの[クイックセットアップガイド]を選択します。
  3. 無効にするには、[クイックセットアップガイド]ページの[コースを開始するときにクイックセットアップを表示しない。]チェックボックスをオンにします。有効にするには、このチェックボックスをオフにします。
  4. 送信]を選択します。

コースの利用可能/利用不可を切り替える

コースの検索結果で、Blackboard Learnが赤の「x」で利用不可能なコースを示します。コースを利用可能にするには、コースのメニューを開いて、[利用可能にする]を選択します。

コースを利用不可にするには、コースのメニューを開いて、[利用不可にする]を選択します。

また、スナップショットコマンドラインツールを使用して、データベース内でコースを無効にすることもできます。無効になったコースは、円の中に「X」が付けられた記号で示されます。


コースをコースカタログに追加

コースをコースカタログに表示するには、1つ以上のカテゴリにコースを割り当てる必要があります。コースがカテゴリに割り当てられた後、Blackboard Learnがコースをコースカタログに自動的に追加します。

コースプロパティでカテゴリを割り当てるには、コースの作成時または編集時に割り当てるか、コースのメニューを開いて[分類]を選択します。

また、[コース]ページの[分類]ボタンを使用することもできます。[分類]ボタンを使用すると、カテゴリを1つ以上のコースに一度に割り当てることができます。

  1. [管理パネル]の[コース]セクションで、[コース]を選択します。
  2. コースを検索します。
  3. カテゴリに追加する1つ以上のコースのチェックボックスをオンにします。
  4. [分類]を選択します。
  5. オプションで、[これらのコースの既存のすべてのカテゴリを以下で選択されるカテゴリに置き換えます。]を選択して、以前割り当てられていたカテゴリを新しいカテゴリで置き換えます。
  6. カテゴリを選択して選択を行い、右矢印を選択して、カテゴリを[選択された項目]リストに移動します。カテゴリを削除するには、カテゴリを選択し、左矢印を選択して、カテゴリを[選択する項目]リストに移動します。
  7. 送信]を選択します。

コースのレポートを表示

Blackboard Learnには、コースに関連付けられたフォーラム、グループ、およびコンテンツエリアでのユーザアクティビティの監視に役立つレポートが用意されています。レポートを表示して、どのコース項目が特定のコース基準やコースの目的に合わせて配置されているかを確認できます。

レポートには最初の100,000件が表示されます。

Blackboard Learnでコースの統計を記録するには、[自動レポートオプションを設定する]ページの[イベント追跡]オプションを[はい]に設定する必要があります。

  1. [管理パネル]の[コース]セクションで、[コース]を選択します。
  2. コースを検索します。
  3. コースのメニューを開いて、[レポート]を選択します。
  4. レポートのメニューを開いて、[実行]を選択します。

    [レポート情報]セクションは読み取り専用です。

  5. [形式の選択]メニューから、レポート結果の形式を選択します。
    • PDF :レポートをPDF形式で自分のコンピュータに保存するには、[PDF]を選択します。PDFがデフォルトの形式です。
    • HTML :レポートをブラウザで表示するには、[HTML]を選択します。
    • Excel:レポートをMicrosoft®Excel®のファイルで自分のコンピュータに保存するには、[Excel]を選択します。この形式には、チャートは含まれません。
    • Word :レポートをMicrosoft® Wordのファイルに保存します。で自分のコンピュータに保存するには、[Word]を選択します。
  6. レポートの期間を定義します。[開始日]と[終了日]をボックスに直接入力するか、[カレンダー]アイコンを選択してカレンダーから日付を選択します。日付は、"mm/dd/yyyy"の形式にする必要があります。
  7. すべてのユーザのデータをレポートする場合、[ユーザの選択]ボックスでは選択を行わないでください。レポートを特定のユーザに制限するには、ユーザ名を1つ以上選択します。

    Windowsでは、リスト内の複数の項目を選択するには[Shift]キーを押しながら、最初の項目と最後の項目を選択します。連続していない項目を選択するには、[Ctrl]キーを押しながら必要な項目をそれぞれ選択します。Macの場合は[Ctrl]キーの代わりに[command]キーを押します。

    [ユーザの選択]ボックスで選択した後は、選択内容をクリアすることはできません。すべてのユーザのデータについてレポートを実行するには、[すべてのユーザ]を選択します。

  8. 送信]を選択します。

コースコンテンツ項目に使用するファイルタイプの追加

コース内のコンテンツ項目に、任意のタイプのファイルを添付できます。Blackboard Learnはデフォルトでいくつかのファイルタイプを認識し、ブラウザまたは関連付けられたアプリケーションで、それらのファイルを直接開くことができます。Blackboard Learnがファイルタイプを認識しない場合、ユーザは添付ファイルをコンピュータにダウンロードして開くことができます。

ファイルタイプに関連付けられているプログラム
拡張子ファイルタイプファイルタイプに関連付けられているプログラム
aamマルチメディアMacromedia® Authorware®プラグイン

AAMファイルは、ZIPファイルに圧縮する必要がある一連のファイルの開始点です。

aiff音声音声プログラム

AIFFは、圧縮されていない音声の形式です。AIFFファイルは大きくなる傾向があります。

asfマルチメディアMicrosoft .NET™ Show

ASFファイルには、音声、動画、画像、およびテキストを入れることができます。

au音声Real Audio Player™
avi動画ビデオプレーヤー(Windowsのみ)
doc、docxテキストMicrosoft®Word - ワードプロセッサ
exe実行可能ファイル実行可能ファイル。

実行可能ファイルはアプリケーションです。一部のネットワークセキュリティポリシーおよびファイアウォールでは、ユーザによる実行可能ファイルのダウンロードを禁止していることがあります。

gifイメージグラフィックプログラムまたはWebブラウザ
html、htmWebページHTMLエディタまたはWebブラウザ
jpg、jpegイメージグラフィックプログラムまたはWebブラウザ
jifイメージグラフィックプログラムまたはWebブラウザ
mp3音声音声プログラム
mpe音声/動画音声プログラム
mpg、mpeg動画ビデオプレーヤー
moov、movie動画QuickTime® movie
mov動画動画またはメディアプレーヤー
pdfテキストAdobe® Acrobat® Reader®
pngイメージグラフィックエディタまたはWebブラウザ
ppt、pptx、ppsスライドショーMicrosoft® PowerPoint®、PowerPoint Player®
qt動画QuickTime®
ra音声Real Audio Player™
ram動画Real Audio Movie™
rm音声音声プログラム
rtfテキストワードプロセッサ
swfマルチメディアMacromedia® Shockwave® プラグイン
tiff、tifイメージグラフィックプログラムまたはWebブラウザ
txtテキストテキストまたはHTMLエディタ、ワードプロセッサ
wav音声音声プログラム
wma音声音声プログラム
wmfグラフィックMicrosoft® Windows®
wmvメディア/音声Microsoft® Windows®
wpdテキストWordPerfect® またはその他のワードプロセッサ
xls、xlsxスプレッドシートMicrosoft® Excel®
zip圧縮パッケージWinZip®

管理者は、他の認識可能なファイルタイプを作成でき、次の場所にあるアプリケーションサーバ上で検出されたWebの.xmlファイルにMIME拡張を追加することで、アプリケーションに関連付けることができます。

Windowsの構文 :C:\blackboard\config\tomcat\conf\web.xml

UNIXの構文 :blackboard/config/tomcat/conf/web.xml

XMLファイルに含まれるサンプル拡張子は、追加のMIME拡張子を作成する青写真として使用できます。

熟練したシステム管理者のみがこのタスクを実行することをお勧めします。


コース教材の一括削除

コース教材の一括削除は、コース終了時に最も役立ちます。コースから削除する教材を選択し、残りの教材を後で使用するために保持することができます。たとえば、コースから学生と成績は削除しても、コンテンツだけは保存しておくことができます。

一括削除した教材は元に戻すことはできません。

"ユーザ"を一括削除すると、ロールが学生であるすべてのユーザがコースから削除されます。ティーチングアシスタント、採点者、またはコース作成者のロールは削除できません。

最初にコースをアーカイブしておくと、一括削除前の状態にリストアできます。


一括削除プロセス

[コントロールパネル] > [パッケージとユーティリティ] > [一括削除]

  1. [削除するコンテンツ教材の選択]セクションで、削除するコース内のコンテンツエリアに対するチェックボックスをオンにします。
  2. [削除する他の教材の選択]セクションで、削除するコース内のその他の領域にあるコンテンツに対するチェックボックスをオンにします。たとえば、[連絡先]を選択すると、スタッフ情報に関連付けられたすべてのデータが削除されます。
  3. [確認]セクションで、ボックスに「削除」と入力して、一括削除を確定します。
  4. 送信]を選択します。

コースの削除

削除したコースまたはコースファイルをリストアすることはできません。コースを削除する前にアーカイブすることをお勧めします。アーカイブしたコースはリストアでき、コースコンテンツとともにユーザ登録とユーザ対話のデータが含まれます。

コースファイルのコマンドラインツールの詳細

  1. [管理パネル]の[コース]セクションで、[コース]を選択します。
  2. コースを検索します。
  3. 削除する各コースのチェックボックスをオンにします。
  4. 削除]を選択します。
  5. [OK]を選択します。