学生が1つのアセスメントに対して複数の答案を提出できるように許可できます。

複数の答案を可能にすることで、学生は進捗を管理しやすくなり、作業の質が高くなって、最終的には成果や学生の定着率が向上します。課題の場合、学生はドラフトを提出し、その進歩によって単位を取得できます。学生には、どの課題で複数の答案が許可されているのかや、それぞれの答案の期待事項と評価基準を必ず通知してください。

:研究論文課題

4つの答案が許可された1つの課題では、学生は次の項目について添付ファイルを提出できます。

  1. 概要
  2. 参考文献
  3. 大まかなドラフト
  4. 最終論文

教員は各段階でフィードバックを行うことができます。答案が提出されるたびに成績を設定できますが、最終分の成績のみをその課題の成績として使用してください。

または、4つの成績を設定することを希望する場合は (研究論文プロセスの段階ごとに1つの成績)、段階ごとに個別の課題を作成できます。次に、成績表で集計対象の列を設定します。各課題の点数を加算して、研究論文の最終得点を算出します。

グループが課題を複数回提出して、提出物ごとにフィードバックと成績を受領することを許可することもできます。

アセスメントで複数の答案を許可するには、アセスメントを開いて[設定]ボタンを選択します。設定パネルの[採点と提出]で、許可する答案の数を選択します。次に、[答案の採点]より、アセスメントの最終成績の計算方法を選択します。

 


複数の答案があるアセスメントの採点

成績表で学生の名前を選択すると、各答案と提出日が表示されたパネルが現れます。答案を選択し、提出物を表示します。

リマインダ : 成績を投稿すると、学生に成績と記入したフィードバックが表示されるようになります。未採点の答案も含め、すべての答案に対するフィードバックが学生に表示されます。

ルーブリックまたは自動採点される問題を使用した場合、すでに答案の成績が存在していることがあります。

答案ログレポートには、各問題の開始日時と解答、提出物の受領番号、最終成績、答案の採点など、アセスメントに関する詳細情報が表示されます。答案ログは、学生がアセスメントの実施中に問題に遭遇したかどうかを検証し、不正行為の兆候を特定するのに役立ちます。

提出された答案へのフィードバック

フィードバックを提供するには、答案の横にある[フィードバック]ボタンを選択して[フィードバック]パネルを開きます。アセスメントをスクロールして、全般的なフィードバックと成績を追加できます。

[フィードバック]パネルから[追加]を選択し、埋め込み音声や動画の記録などの追加コンテンツをフィードバックに添付します。学生は教員がテキストに埋め込んだ音声や動画の内容を確認できます。注 : この機能は、すべてのブラウザでサポートされているわけではありません。最高の操作環境を実現するために、ChromeまたはFirefoxを使用してください。

成績を投稿すると、学生に成績と記入したフィードバックが表示されるようになります。未採点の答案も含め、すべての答案に対するフィードバックが学生に表示されます。

The Student's submission page is open with 1) an highlighted selected attempt, 2) the a highlighted "Feedback" icon, and 3) the feedback for a particular student panel displayed.

最終成績

学生の答案が一覧になったパネルでは、アセスメントの設定パネルで選択した[答案の採点]設定に基づいて、答案が採点されると最終成績が表示されます。たとえば、最も高い成績の答案に基づいて最終成績を計算する場合、答案が1つでも採点されるとすぐに最終成績が表示されます。他の答案の採点を続けると、最終成績が変わることがあります。

答案の採点が終わったら、学生の最終成績を投稿して表示できます。

学生には何が表示されますか?

複数の答案があるアセスメントには、許可されている答案の回数、最終成績の計算方法が表示されます。学生がテストを開始する前は、[詳細と情報]ページにこの情報が表示されます。成績が投稿されると、学生には各答案の成績と最終成績が表示されます。教員が最終成績を上書きすることを決めた場合は、学生にそのことを知らせるメッセージが表示されます。