ユーザがBlackboard LearnのURLにアクセスする場合、[ポータル直接エントリ]は[ゲートウェイ]ページおよび[ログイン]ページをスキップします。その代わりに、ユーザには最初のポータルタブが表示されます。ユーザは[ポータル直接エントリ]からシステムにアクセスすると、ログインするまでゲストとして扱われます。[ログインモジュール]は、ユーザがユーザ名とパスワードを入力してログインできるようになるポータルモジュールです。このモジュールを任意のモジュールタブに配置することで、ユーザはシステムにログインすることができます。タブにモジュールを追加する方法の詳細については、「モジュールタブの作成」を参照してください。

管理者がユーザにアカウントの作成を許可し、[ポータル直接エントリ]をオンにしている場合、[ログインモジュール]に[アカウントの作成]リンクが表示されます。ログインした後は、ユーザはこのモジュールを利用できなくなります。


認証タイプ

ポータルログインページは、認証タイプがDatatel、LDAP、またはRDBMSのいずれかに設定されている場合にのみ表示されます。


ログインモジュールのプロパティの編集

  1. [管理パネル]の[Community Engagement]で、[タブ/モジュール]を選択します。
  2. [モジュール]を選択します。
  3. [ログイン]モジュールメニューを開きます。
  4. [プロパティの編集]を選択します。以下の表に使用できるオプションを示します。
    ログインモジュールのプロパティ
    オプション説明
    タブ情報の入力
    タイトル[r]タイトルを編集します。
    モジュールタイプ [ログインモジュール]は自動的にここに表示されます。
    説明 モジュールの説明を指定します。この説明はユーザには表示されません。
    利用可否の設定
    システムの利用可否の設定[ポータル直接エントリ]がオンになっている場合、デフォルトでは[はい]に設定されます。[ポータル直接エントリ]がオンになっている場合、このオプションは[いいえ]に設定できます。[いいえ]を選択した場合、[ログインモジュール]がすべてのモジュールのページから削除され、ユーザは[ログイン]ページにアクセスするためにページ最上部にあるアイコンを使用する必要があります。[ポータル直接エントリ]がオンになっていない場合、[ログインモジュール]はオンにすることはできません。
    コースモジュールページで使用できるようにする[はい]を選択すると、モジュールがコースモジュールのページで利用可能になります。
    [コミュニティモジュールページで使用できるようにする][はい]を選択すると、[モジュールがコミュニティモジュール]ページで利用可能になります。
  5. 送信]を選択します。

ログインモジュールのコンテンツの編集

[ログインモジュール]は、[ポータル直接エントリ]がオンの場合にユーザに表示されます。ログインモジュールのテキストは、[モジュールコンテンツ:ログインモジュール]ページから追加できます。テキストは、ユーザ名とパスワードを入力するボックスとともにモジュールに表示されます。

  1. [管理パネル]の[Community Engagement]で、[タブ/モジュール]を選択します。
  2. [モジュール]を選択します。
  3. 画像モジュールのメニューで、[コンテンツの編集]を選択します。
  4. ユーザに表示するテキストを、ログインモジュールの[テキスト]ボックスに入力します。ユーザは、この領域にHTMLを入力できます。ユーザは、<body>タグ、<form>タグ、<form element>タグを追加してはいけません。これらのタグを使用すると、エンドユーザがページにアクセスしたときに問題が発生する可能性があります。
  5. 送信]を選択します。