従来のコースビューで利用可能なツールは、あなたの教育機関によって管理されています。Ultraコースビューでは、インストラクタは成績表を常に利用できます。

成績評価

項目を採点するとき、デフォルトでは数値の得点が成績として表示されます。成績は、課題やテストなど、学生の採点対象項目のある各コースで、[成績]ページ、成績表、または[成績]タブに表示されます。

計算スキーマは、採点対象の項目ごとに選択した採点スキーマにより、点数、文字 (A、B、C)、またはパーセンテージで成績を表示します。スキーマは、項目の得点をその項目の満点と比較してパーセンテージを算出します。このパーセンテージは得点の範囲にマッピングされ、文字などで成績が表示されます。

Ultraコースビューでは、各コースに、成績評価の初期設定が1つあります。現時点では新しいスキーマを作成することができません

A submission with a numerical score and a submission with a letter grade

総合成績での学生の行の数値の得点は100点満点中88点でした。87%から90%未満はB+という成績評価では、この学生の88点はB+となります。

現時点では、スキーマで使用している値の範囲に関係なく、成績ピルの色とそれに対応するパーセンテージはUltraのカラースキーマから変更されていません。正しい成績が表示されますが、色はUltraのカラースキーマと一致します。ただし、教育機関がすべてのコースのカラースキーマを無効にすることができます。詳細については、「成績を付与する」トピックを参照してください。

採点スキーマを開く

コースの[成績表]セクションで、採点スキーマの初期設定に変更を加えることができます。[設定]アイコンを選択して、[成績表の設定]パネルにアクセスします。[現在の採点スキーマ]オプションを選択して、文字など、コースのアクティブなスキーマを確認します。デフォルトスキーマの名前および値は管理者が定義します。現時点では、新しい評価スキーマを作成することはできません。

変更を加える場合、作業中のコースにのみ変更が適応されます

所属教育機関が成績評価の初期設定に変更を加えた場合、その変更はコースには反映されません。変更後に作成された新しいコースのみ、編集されたスキーマとなります。

Gradebook settings panel showing your current letter grading schema, and its corresponding percentage grade range.

コース内のスキーマの名前を変更することができます。名前の変更は作業中のコースにのみ適用されます。タイトルにカーソルを合わせて[編集]アイコンにアクセスします。スキーマのタイトルは最大64文字です。採点対象項目を作成したとき、名前の変更は、既存の採点対象項目で[次による成績]メニューで表示されます。

Grading using department grades, points, or percentage

また、成績範囲の編集、削除、追加ができます。値を選択して編集します。最下部から作業を開始し、最後の成績値の値を編集してから次の行に移動します。最大値を100%より大きくすることもできます。たとえば、学生が100%以上を獲得したら、その得点にA+を割り当てることができます。

行を削除するには、行にカーソルを合わせて[削除]アイコンを表示します。スキーマを有効にするには少なくとも2行残っている必要があり、最後の行を削除することはできません。行を挿入するには、各行の下 (最初の行の前は除く) に表示されるプラス記号 (⁺) を選択します。

完了したら、[保存]を選択します。[保存]または[キャンセル]を選択するまでパネルを終了することはできません。次に、[X]を選択して、[成績表の設定]パネルに戻ります。

行の追加や削除、またはスキーマの値を編集すると、保存時に残りの行および値が調整されます。システム側で、成績評価に数字のずれがないようにします。無効な数字を入力した場合も、システムからエラーメッセージが表示されます。

採点スキーマと総合評価の詳細