[システム情報]ページでは、Blackboard Learnがインストールされた日付、Blackboard Learnが最後にアップグレードされた日付、現在インストールされているコンポーネントのバージョンが表示されます。この情報は、システムが最新のパッチまたはアップグレードリリースを実行しているか判断する場合に役立ちます。

システム情報を見つけるには、[管理パネル] > [ツール/ユーティリティ] > [システム設定] > [システム情報]に移動します。


登録情報の編集

[登録情報]ページでは、インストール時に提供された登録情報を表示および編集します。変更を行った後[送信]を選択して、新しい登録情報をBlackboardに送信します。

  1. 管理パネルの[ツールおよびユーティリティ]で、[システム設定]を選択します。
  2. [システム設定]ページから[登録情報]を選択します。以下の表に使用できるフィールドを示します。
    登録情報
    フィールド説明
    登録情報の編集
    名前 教育機関の名前が表示されます。
    市区町村 教育機関の市区町村が表示されます。
    状態 教育機関の都道府県が表示されます。
    郵便番号 教育機関の郵便番号が表示されます。
    教育機関の国が表示されます。
    教育機関の種類 教育機関の種類が表示されます。

システムパフォーマンス設定の表示

[システムパフォーマンス設定]ページには、パフォーマンスを判別するサーバー設定が表示されます。パフォーマンス設定は、プロパティファイルを編集し、コマンドラインツールを実行して調整できます。

  1. 管理パネルの[ツールおよびユーティリティ]で、[システム設定]を選択します。
  2. [システムパフォーマンス設定]を選択します。各設定は、その値でリストされます。この情報は、パフォーマンス問題のトラブルシューティングに重要です。設定を選択すると、簡単な定義が表示されます。
  3. パフォーマンス設定を変更するには、bbconfig.propertiesファイルを編集し、PushConfigUpdatesを実行して変更を有効にします。

静的リソースの設定

ご使用のシステムの静的リソースをコンテンツ管理内のディレクトリに保存することができます。Blackboard Learnは出荷時にデフォルトで内部ディレクトリを使用するよう設定されていますが、別の場所を選択することもできます。Learnアプリケーションサーバは、指定された場所にあるファイルをサーバのルートに配置されたファイルのように扱うため、robots.txtやfavicon.icoなどの静的リソースを扱うことが可能です。旧版のBlackboard Learnでこの機能を利用するには、 別途対策が必要です。

  1. [管理パネル] > [システム設定] > [静的リソースの設定]を選択して、この設定にアクセスします。
  2. [参照]を選択して、コンテンツ管理内にある目的のディレクトリを探します。
  3. [送信]を選択して変更を保存します。指定したフォルダ内のファイルがコピーされ、各アプリケーションサーバのディスク上の場所から送信されます。ディスクの場所は1時間ごとに更新されるため、この変更は1時間以内に適用されます。

この機能は、robots.txtやsitemap.xmlなど、めったにアクセスされないファイルを送信することを目的としています。動的コンテンツやサイズの大きいファイルを送信することは想定していません。