盗作は、重大な結果を招く重大な不正行為です。

Merriam-Websterでは、盗作は次のとおり定義されています。

  • 他人の言論やアイデアを、自分の言論やアイデアであるかのように使用すること
  • 自分のものとして他人のアイデアや言葉を盗んだり偽ったりすること
  • ソースの出典を示すことなく、他人の成果を使用すること
  • 他人の文章を盗用すること
  • 既存のソースに基づいて得られたアイデアや成果を新しいオリジナルのものとして紹介すること1

ほとんどの人は、Webからのコピーが重大な不正行為であると認識していません。しかし、Web上に公開されているあらゆるものは、著作権法で保護されているアイデアのオリジナル表現と見なされます。

盗作を行うと、個人としての評判、学者としての評判、および専門家としての評判が失墜します。盗作の結果として、法的責任を問われたり賠償金を科されたりする可能性があります。2


盗作を回避する方法

盗作とは何かを学んでください。盗作には、複製から再利用にいたるさまざまなタイプがあります。盗作のタイプを知って回避してください (英語版のみ)。

ソースの引用方法を理解してください。インストラクタは多くのソース引用スタイルの中から選択できるため、インストラクタが求めているソースの引用スタイルを確認します。各インストラクタが希望するスタイルを知ってください。学生が引用スタイルを選択できる場合は、1つのスタイルを選択して、一貫して使用します。

課題作業の計画を立ててください。自身のオリジナルのアイデアをまとめて、表現する方法を計画します。ドラフトと概要を作成して、見つけようとしているソースを示して、どのように使用するつもりなのかを説明します。

取り扱う題材について知ってください。題材に対する理解が深まるほど、自身の言葉で表現しやすくなります。より多くのソースを参照するほど、題材に対する理解が深まります。必ずソースを追跡してください。

ソースをレビューする際はメモを取ってください。適切にメモを取ると、思考を整理して、他人のアイデアを自身の言葉で表現しやすくなります。

ソースを引用してください。確信が持てない場合は、慎重を期してソースを引用してください。

他人のアイデアや言葉を使用する場合は、その旨を明示するように注意してください。ソースを引用するだけでは不十分です。誰が何を述べているかを明確にします。適宜、ソースの出典を示します。


盗作の可能性のチェック

SafeAssignは、学生とインストラクタが利用できるツールです。SafeAssignはオリジナリティ度を高め、ソースの言い換えではなく、出典を適切に示す方法を確認する機会を学生に提供します。

SafeAssignは、ペーパーと教材間の完全な一致と不完全な一致を検出できる固有のテキスト一致アルゴリズムに基づいています。課題は、1990年代から現在にかけての数百万の文書を含むいくつかのデータベースと照らし合わせて比較されます。比較後に、送信されたペーパーのテキストが既存のソースと一致するパーセンテージが詳述されたレポートが生成されます。


出典

1"Plagiarize."Merriam-Webster.Merriam-Webster, n.d.Web.2019年4月17日。

2"6 Consequences of Plagiarism."6 Consequences of Plagiarism.N.p., n.d.Web.2014年4月17日。

"Home."Plagiarism.org.N.p., n.d.Web.2014年4月15日。

"How to Avoid Plagiarism in Your Work."Grammarly.N.p., n.d.Web.2020年3月17日