SafeAssignでは、提出された課題を一連の学術研究論文と比較し、既存の研究作品との間で重複する箇所を特定します。

SafeAssignは、抑止だけではなく教育にも効果があるツールです。SafeAssignを使用することで、教員は提出課題で盗作の可能性がないか確認し、またソースの言い回しを変えるのではなく、ソースの出典を適切に示す方法を学生が理解するよう支援できるようになります。


SafeAssignのソース

SafeAssignは、ペーパーと教材の間で完全な一致と不完全な一致を検出できる、独自のテキスト一致アルゴリズムを基盤としています。提出物は、以下の複数のデータベースと照らし合わせて比較されます。

  • Global Reference Database:複数の教育機関にまたがる盗作を防止するために、Blackboardのクライアント教育機関の学生によって自発的に提供された、1,500万を超えるペーパーが含まれています。
  • 教育機関の文書アーカイブ : それぞれの教育機関のユーザによってSafeAssignに送信されたすべての資料が含まれています。
  • インターネット : SafeAssignは、内部検索サービスを使用して、一致するテキストを見つけるためにインターネットを幅広く検索します。
  • ProQuest ABI/Informジャーナルデータベース :1970年代から現在までに蓄積された3,000を超える出版物、450万冊ものマニュアル、200を超える話題のカテゴリに加え、広告から女性学に至るまでのトピックを網羅しています。

Global Reference Database

BlackboardのGlobal Reference Databaseは、独創性を促進するために学生から自発的に提供されたペーパーのコピーを格納する独立データベースです。このデータベースは、各教育機関がすべてのペーパーを保存している内部データベースとは別に存在します。学生は、Global Reference Databaseに送信しないで、自分のペーパーをチェックするというオプションも自由に選択できます。学生はペーパーをデータベースに自発的に送信し、将来的にペーパーを削除しないことに同意します。Global Reference Databaseへの送信は、独創性の促進を目的として自発的に提供される追加のコピーです。Blackboardは、送信されたペーパーの所有権を主張しません。

内部検索エンジン

SafeAssignで使用されるインターネット検索インデックスは、SafeAssignによって実行される大規模な検索クエリで信頼性、パフォーマンス、効率性が得られるように設計されています。これらの検索インデックスは、コンシューマ用のインターネット検索サービスで使用される検索インデックスと同じ頻度では更新できません。通常これらのインデックスは、更新から1~3日間は最新であることが期待できます。これら検索インデックスの特性とSafeAssignアルゴリズムによって適用される加重の組み合わせが原因で、個々の文または語句について、SafeAssign Originality Reportで返される結果とコンシューマ用のインターネット検索サービスで返される結果が一致しない場合があります。

以前、Blackboard SafeAssignはYahoo!BOSSサービスにより広範囲のインターネットから結果を提供していました。Yahoo!BOSSサービスの利用を2016年3月31日をもって取りやめたため、BlackboardはSafeAssignにインターネット結果を提供するための内部検索サービスを開発しました。SafeAssign基幹サービスで変更が実施され、すべてのクライアントに適用済みのため、お客様がSafeAssign内部検索サービスを有効にするための特別な操作は必要ありません。

内部検索サービスは最新の検索クロールおよびインデックス技術を取り入れて構築されており、Blackboardはサードパーティツールへの依存や露出を大幅に減らしています。検索サービスは内部で処理されるので、Blackboardは、時間が経つにつれて検索結果を改善、緻密にすることができ、さらにSafeAssign製品全体の品質およびパフォーマンスを改善できます。さらに、あらゆるクライアントデータをBlackboardパートナーと共有することによる潜在的な懸念は、インターネットからの検索結果を提供するこの新しいアプローチで確実に軽減されます。

インターネットは絶え間なく変化する特性ゆえ、SafeAssign内部検索サービスには特定のウェブページあるいはウェブサイトが含まれない場合があります。その結果、SafeAssign Originality Reportには、学生の作業に対して潜在的に一致するテキストを提供しない場合があります。このような状況が発生する場合は、BlackboardはソースのWebコンテンツを調査し、今後に向けてSafeAssign内部検索サービスにコンテンツを追加する場合もあります。

SafeAssign内部検索サービスを開発することによって、BlackboardのSafeAssign製品の機能と、お客様のSafeAssignサービスに対するサポートがさらに充実することになります。Blackboardは今後もいつもどおりSafeAssignの監視を続けて改善を見極めつつ、検索結果やSafeAssign全体のパフォーマンスに関してお客様からのフィードバックを促します。

注意すべき点としては、個々の文または語句について、SafeAssign Originality Reportで返される結果とコンシューマ用のインターネット検索サービス (GoogleやBingなど)で返される結果が一致しない場合があります。SafeAssignサービスの結果は、あくまで教師やインストラクタの裁量において使用される手段です。SafeAssignによって検索された学術的な課題およびリソース数のサイズや範囲は、結果を保証するものではなく、また盗作の有無を示すのものでもありません。潜在的な剽窃・盗作の評価は教員の手にゆだねるべきであり、SafeAssignの結果は、その他のリソースや良識ある判断を下す状況で常に考慮する必要があります。

新しいURLの推奨

このツールは、従来のコースビューを使用したBlackboard Learnコースでのみご利用いただけます。

URL Adderツールを使用することで、Originality Reportでフラグが付与されていなかったり参照されていなかったりするWebページやWebサイトをSafeAssignに対して推奨することができます。

教員は、URL Adderツールに[コースツール]>[SafeAssign]>[URL Adder]と移動することでアクセスできます。SafeAssignページで[URLの推奨]を選択し、Webアドレスを送信します。

ユーザが特定のWebページを推奨すると、SafeAssignは、そのベースWebサイトURLで利用可能なすべてのWebページを取り込もうとします。たとえば、http://www.blackboard.com/about-us/index.aspxを推奨すると、ベースとなるWebサイトURLhttp://www.blackboard.comに関連するすべてのWebページの検出が試行されます。

URL Adderツールを使用して追加されたすべてのURLは、すべてのSafeAssignユーザおよび教育機関が使用することができます。つまり、URLの推奨は、SafeAssignコミュニティにとってメリットがあるということです。


サポートされているファイル

SafeAssignでは、次のようなプレーンテキストに変換可能なファイルタイプのみがサポートされています。DOCX、DOC、PPT、PPTX、PDF、TXT、ODT、RTF、HTML、HTMなどが挙げられます。スプレッドシートファイルはサポートされていません。

SafeAssignはZIPファイルにも対応しており、これらのファイルタイプのいずれかと一致するファイルを処理します。

SafeAssignは、提出物に添付されたファイルの合計数と、SafeAssignによって処理された添付ファイルの数をカウントして表示します。SafeAssignは、サポートされているファイルタイプに一致する添付ファイルのみを処理して、それらの添付ファイルのOriginality Reportを作成します。サポートされていないファイルタイプについては、SafeAssign Originality Reportでは一致スコアは省略されます。


SafeAssign Originality Report

提出が処理されると、提出されたペーパーのテキストが既存のソースと一致するパーセンテージを詳述したレポートが生成されます。このレポートでは、既存のソースと一致すると判定された提出済みペーパーで、各セクションの疑わしいソースが示されます。当該ペーパーが、同じ学生が以前に提出した作業の続きである場合、教員はレポートから一致するソースを削除し、もう一度処理することができます。

レポートを慎重に確認し、テキストの各ブロックの出典が適切に示されているかどうかを調査してください。

SafeAssign Originality Reportの詳細


SafeAssignの動作

所属教育機関でSafeAssignを設定する方法を学びます。