テストを受ける際のヒント

教員はテストを使用してコースのコンテンツと目的に対する理解度を評価します。教員は、テストの問題に対して点数を割り当てます。ユーザはテストを送信して評価を受け、その結果が記録されます。教員が学生に対して成績を閲覧可能にした場合、その学生は自分の成績を表示できます。

できるだけ早くテストを開始してください。教員がテスト期間を3日間としている場合、初日の早い時間にテストを受けるようにしてください。何か問題があった場合に、技術サポートおよび教員に相談する時間が確保できるためです。

指示をすべて読んでください。何らかの問題により、テストを実施できない場合、またはテストの問題を理解できない場合は、直ちに教員に連絡してください。

インターネット接続を確認します

  • 通常、無線接続よりも有線接続の方が強固です。
  • 携帯によるデータ接続を使用する場合は、テストを受ける前に、教員および所属する教育機関と相談してください。ほとんどの教育機関で、携帯によるデータ接続は避けるように指示しています。例外 :所属する教育機関が、Blackboardアプリが利用可能なBlackboard Mobile対応サイトであると同時に、教員がモバイル対応のテストを作成している場合。

テストの実施中は、ページを更新したり、ウィンドウを閉じたり、ブラウザの[戻る]ボタンを使用したりしないでください。テスト中に問題が発生した場合は、直ちに教員に連絡してください。


テストには、どこからアクセスできますか?

コースの内外を含めた複数の領域から、テストにアクセスすることができます。たとえば、アクティビティストリームでテストにアクセスできます。教員が期日を追加した場合は、カレンダーからアクセスできます。

テストの期日が過ぎている場合は、アクティビティストリームの[重要]セクションにアラートが表示されます。

期日を過ぎた作業の詳細

[コースコンテンツ]ページからもテストを確認できます。教員がフォルダや学習モジュールを使ってテストを整理している場合もあります。アンケートは現在、Ultraコースビューではサポートされていません。

教員がグループを作成できますが、ユーザにグループテストへの自己登録を求めることがあります。グループアセスメントがどのように行われているかについては、グループ課題のトピックで詳細をご覧ください。

テストを選択すると、[詳細情報]パネルが表示されます。期限日、許可された答案の数、時間制限 (設定されている場合)、最終的なゴール、および採点のルーブリックが表示されます。期限日を過ぎていないか、遅延している提出や遅延しそうな提出がないかどうかを確認します。

アクセスコード

教員が6桁のアクセスコードを求める場合があります。教員がアクセスコードを発行しますが、監督者など別の人物がコードを配布している場合もあります。コードを入力すると、テストを開くことができます。保存したテストを再開するためにコードを使用できます。教員によって投稿された成績やフィードバックの表示には、コードは必要ありません。答案と答案の合間でコードが変更された場合、教員に再度要求する必要があります。

また、教員はLockDown Browserでテストをセキュリティ保護することができます。学生はLockDown Browserが起動する前に正しいアクセスコードを入力する必要があります。

試験監督付きテスト

試験監督付きテストは、試験監督サービスが提供するツールを使用して配布されます。教員はテストに試験監督サービスを追加することができます。アクセスコードが発行される場合とは異なり、試験監督サービスでは、システムで必要な設定を実行しているか確認するための検証が必要となる場合があります。コースアウトラインでタイトルを表示すると、テストが試験監督付きかどうか確認できます。

制限時間が設定されたテストであっても、心配はいりません!制限時間のタイマーは試験監督サービスの検証が完了するまで開始されません。そのため、制限時間が設けられた試験監督付きテストでも、テストに割り当てられた分だけの時間をもらえます。

始めるために

時間制限がない場合は、テストを送信せずに表示のみを行うことができます。[アセスメントを表示]を選択すると、テストを表示したり、作業を追加したりできます。提出の準備ができていない場合。パネルで[保存して閉じる]を選択します。テストを開始済みである場合、回答はすべて保存されています。[アセスメントを表示]を選択して、作業を再開します。

教員が時間制限を追加している場合は、テストの他の詳細とともに[コースコンテンツ]ページ上に表示されます。また、制限時間はテストの[詳細情報]パネルと、取り組み中のテストの中に表示されます。[アセスメントを表示]ではなく、[答案を開始]が表示されます。[答案を開始]を選択すると、タイマを開始するためのポップアップウィンドウが表示されます。タイマを開始しないとテストにアクセスできません。開始する準備ができていない場合は、[キャンセル]を選択します。テストを開始した後、時間切れになると、テストは自動的に提出されます。

制限時間の詳細

作業の遅延

期限日が過ぎた後にテストを開くと、提出が遅延としてマークされているというアラートが表示されます。このアラートは[詳細情報]パネルとテストページに表示されます。[詳細情報]パネルでは、遅延している提出や、遅延しそうな提出も確認できます。

テストのページにも、提出物の遅延が表示されます。

教員が設定している場合には、期限日が過ぎても提出していない作業にゼロと表示されることがあります。その場合でも、成績を更新するために引き続き答案を提出することができます。教員は遅延した作業に対するペナルティを決定します。

期限切れの作業に割り当てられたゼロの詳細

複数回提出された答案の成績についての詳細


テストを受ける

詳細の表示 : 右側のパネルに、テストを完了する上で必要なすべての情報 (期限日、最高点、教員が追加している場合は制限時間およびルーブリックの詳細) が表示されます。

回答の入力または選択を行います。エディタのオプションを使用してテキストを書式設定したり、画像を埋め込んだり、ファイルを添付したりできます。エディタを小さい画面で表示している場合、プラスアイコンを選択するとオプションのメニューを表示できます。

キーボードを使用してエディタツールバーに移動する場合は、[Alt]+[F10]を押します。Macでは[Fn]+[Alt]+[F10]を押します。番号付きリストなどのオプションを選択するには、矢印キーを使用します。

ファイルの表示。教員が、テストの完了に必要なファイルを添付していることがあります。

添付ファイルの表示の詳細

会話に追加する。教員が会話を有効にしている場合、[クラスの会話を開く]アイコンを選択します。テストについての会話には、担当教員をはじめ誰でも参加することができます。

会話の詳細

補足のコンテンツを追加する。テストの終了時に、解答を補足するテキストやファイルを追加したり、教員へのコメントを追加したりできます。

補足のコンテンツ追加の詳細

提出の準備ができていない場合。[保存して閉じる]を選択し、作業を保存して後で作業を続けます。回答は、このページに保存されます。後で戻って作業を再開することができます。ただし、教員が制限時間を追加した場合、テストは時間切れになると自動的に提出されます。

テストを送信する。完了した場合教員に課題を採点してもらう準備ができたら、[提出]を選択します。すべての問題が自動採点の場合、得点をすぐに確認できます。提出すると、提出した日時を記載したパネルが表示されます。教員の採点が必要な場合は、提出内容に[未評価]とラベルが付きます。[詳細情報]パネルの[採点]セクションで任意の場所を選択すると、提出内容が表示されます。

教員が複数回の答案提出を許可していて、期日を過ぎてから提出する場合、その答案には期限遅れのマークが付きます。期日前に提出した答案には、期限遅れのマークは付きません。

教員により、答案の提出が1回に制限されている場合は、提出後に作業を編集することはできません。

補足のコンテンツの追加

テストの終了時に、[コンテンツを追加]を選択してエディタを開きます。解答を補足するテキストやファイルを追加することができます。教員がファイルをソースと共に提供するよう求める場合があります。また、テストについてのコメントを追加することもできます。追加した内容は、教員のみが確認することができます。

エディタのオプションを使用してテキストを書式設定したり、画像を埋め込んだり、ファイルを添付したりできます

エディタを小さい画面で表示している場合、プラスアイコンを選択するとオプションのメニューを表示できます。テストにファイルを添付するオプションがあります。

たとえば、クリップアイコンで表される[ローカルファイルの挿入/編集]を選択します。コンピュータからファイルを参照します。ステータスウィンドウが開き、ファイルアップロードの進捗状況が表示されます。

クラウドストレージから挿入 :OneDrive®やGoogle Drive™などの複数のWebアプリに簡単に接続して、ファイルを保存できます。追加されるファイルはコピーです。クラウドストレージでファイルを変更した場合、新しいコピーをコースにアップロードする必要があります。ブラウザで許可されていれば、クラウドストレージから追加されるメディアファイルはインラインで表示されます。

エディタでのワード数

作文問題と追加のコンテンツ領域のエディタに入力すると、エディタの下にワード数が表示されます。保存すると、ワード数は表示されなくなります。

以下の項目はワード数に含まれます。

  • 個別の単語
  • URLリンク
  • 記号付きリストまたは番号付きリストのテキスト。ただし記号または番号は含まない
  • 別の単語の一部ではない上付き文字と下付き文字

以下の項目および書式設定のエレメント数はワード数に影響を与えません。

  • 画像、動画、および添付ファイル
  • 数式
  • 空白スペースおよび空白行
  • 代替テキスト

単語または数字を句読点でつなげると、ワード数に影響します。たとえば、"We went...without you"は3ワードとカウントされます。句読点の前後にある単語または数字は1つのワードとしてカウントされます。

コンテンツの編集

コンテンツの追加後、メニューから[編集]を選択して、コンテンツの変更やさらに追加を行います。

追加したファイルの設定を編集することができます。エディタでファイルを選択し、エディタオプションの行にある添付の編集アイコンを選択します。[表示名]と[代替テキスト]を追加することができます。代替テキストは、スクリーンリーダーを使用するユーザや、画像をオフにしてWebページを表示するユーザのために画像を説明したものです。

また、エディタ内でファイルをリンクとして挿入するか、追加したその他のコンテンツとともにインラインで表示されるようにファイルを直接埋め込むことを選択できます。

テキストおよびファイルの並べ替え

テキストブロックまたはファイルを指定して[移動]アイコンを選択します。テキストブロックまたはファイルを新しい位置にドラッグします。

キーボードを使用して項目を移動することもできます。

  1. [Tab]キーを押して、項目の[移動]アイコンを選択します。
  2. [Enter]キーを押し、移動モードを有効化します。
  3. 矢印キーを使用して、場所を選択します。
  4. [Enter]キーを押して、移動先に項目をドロップします。

添付ファイルの表示

教員が、読む必要のあるファイルや、テストを完了する上で使用すべきファイルを添付していることがあります。教員が、ファイルの表示方法を、インライン形式または添付形式のどちらかから選択しています。

インラインで表示される動画ファイルおよび音声ファイルの場合、タイトルを選択すると新しいウィンドウでファイルが開きます。再生、一時停止、音量調整を制御できます。動画ファイルの場合、動画を全画面で表示できます。ファイルをダウンロードすることもできます。

添付ファイルとして表示されるメディアファイルの場合、メニューを開きます。[元のファイルをダウンロード]を選択すると、画像、Word文書、PDF、またはスライドプレゼンテーションをコンピュータにダウンロードできます。[ファイルをプレビュー]を選択すると、コースページで画像などのファイルを開くことができます。

インラインで表示される画像ファイルの場合、この画像を選択して独自に表示することができます。


ルーブリックの表示

教員がテストの採点用にルーブリックを追加している場合、テストを開く前および回答を開始した後にそれを表示できます。[この項目はルーブリックを使用して採点されています]を選択すると、ルーブリックが表示されます。

必要に応じて、ルーブリックをテスト指示と共に表示させておくことができます。各ルーブリック条件を展開すると、達成度が表示されます。また、採点対象の作業の要件を満たすまでの取り組みが整理されて表示されます。


制限時間のあるテスト

教員が、テスト提出までの時間を制限している場合があります。制限時間がある場合は、テストの他の詳細とともに[コースコンテンツ]ページ上に制限時間が表示されます。制限時間は、テストの[詳細情報]パネルと、取り組み中のテスト内にも表示されます。画面の左下隅にはカウントダウンが表示され、残り時間が分単位で示されます。最後の1分間は、残り時間が最後の秒まで示されます。

[答案を開始]を選択すると、タイマを開始するためのポップアップウィンドウが表示されます。タイマを開始しないとテストにアクセスできません。開始する準備ができていない場合は、[キャンセル]を選択します。

[答案を開始]の代わりに、[アセスメントを表示]が表示される場合、テストには時間制限がありません。時間制限のないテストを開く場合、提出する必要はありません。

教員が、答案を複数回提出できるように設定している場合、この時間制限は各回答に適用されます。

当該のテストに実際に取り組んでいるかどうかに関係なく、タイマは進みます。ドラフトを保存するかテストウィンドウを離れた場合でも、カウントダウンは続き、時間切れになると作業が保存されて提出されます。後でテストに戻るために[保存して閉じる]を選択すると、タイマは進むとのメッセージが示されます。

タイマはウィンドウの下部に表示され、残り時間を把握できます。時間切れになると、作業は自動的に保存されて送信されます。


匿名で採点されたテスト

テストを開くと、提出物が匿名で採点されるように設定されているかどうかが学生に示されます :

このアセスメントは匿名で採点されます。名前などの個人情報は一切使用しないでください。

採点中、教員に学生の氏名は表示されません。教員は偏見を排除するために匿名で採点することを選択できます。教員は、グループテストの匿名採点を有効にすることはできません。

提出物に個人を特定できる情報を含まないようにする必要があります。アップロードするファイルへの氏名の追加や、追加するテキストでの氏名の使用は避けてください。

[成績]ページでは、匿名採点の有無については分からないようになっています。教員が成績を送信するまで、[成績]列に[未評価]と表示されます。教員が答案の複数回の提出を許可した場合は、提出した答案ごとに[未評価]と表示されます。

Respondus LockDown Browser

学生向け - セキュリティアセスメント

教員は課題およびテストを安全に配布できます。セキュリティアセスメントは、学生の提出物における学問的誠実さの推進に役立ちます。所属教育機関がRespondusツールを使用してセキュリティアセスメントを管理できます。

Respondusについて

Respondus LockDown Browserは、アセスメントを開いている間、インターネットブラウザや他のソフトウェアなど、他のすべての資料にアクセスすることを防止します。アセスメント中に外部の情報を参照したり、これらの情報源から資料をコピーしたりすることはできません。LockDown Browserウィンドウ内では、アセスメントはその他のUltraアセスメントと同じように表示されます。

Respondus MonitorはWebカメラを使用して、アセスメント中の物理的な資料へのアクセスを防止します。本人確認のため、Webカメラの有効化やIDの提示を教員から求められることがあります。

Respondusのナレッジベースを参照してサポート情報を確認する

セキュリティアセスメント中にできないこと

教員がアセスメントセキュリティを設定した場合、以下のアクションは実行できません。

  • 標準のブラウザウィンドウでアセスメントを開く
  • その他のプログラムやブラウザウィンドウを開く
  • その他のWebサイトにアクセスする
  • コピーアンドペースト
  • 印刷
  • 提出物にファイル、リンク、動画を追加する
  • 特定のキーボードショートカットを使用する
  • 電話を使って答案を提出する

    教員の許可があれば、Respondus iPadアプリを使用できます。それ以外の場合は、デスクトップソフトウェアを使用してセキュリティアセスメントを提出する必要があります。

ツールのダウンロード

Blackboard Learnでセキュリティアセスメントを開くには、お使いのコンピュータにRespondus LockDown Browserをダウンロードしておく必要があります。このツールをダウンロードしていない状態でアセスメントを開こうとすると、ダウンロードページへのリンクを掲載したメッセージが表示されます。リンクを選択して開始します。

Respondus MonitorはLockDown Browserソフトウェアに含まれています。所属教育機関は、独自のLockDown Browserのダウンロードリンクおよびアプリケーションを使用しています。教員または所属教育機関のヘルプデスクから、ダウンロードURLが提供されます。

セキュリティアセスメントを開く

[コースコンテンツ]ページに、セキュリティアセスメントを開いて答案を提出するために必要なツールが表示されます。セキュリティアセスメントを開くと、[詳細&情報]パネルが表示され、採点、答案の数、その他の設定に関する情報を確認できます。どのツールを続行する必要があるかがわかります。

開始する前に、必要なソフトウェアをダウンロードしてくださいリマインダ :このツールをダウンロードしていない状態でアセスメントを開こうとすると、ダウンロードページへのリンクを掲載したメッセージが表示されます。

[アセスメントの表示]を選択します。LockDown Browserが新しいウィンドウで起動します。教員がRespondus Monitorを要求した場合、起動シーケンスが開始されます。

標準ブラウザの場合と同じように、アセスメント内でテキストを追加し、問題に回答します。作業の下書きを保存し、後で戻って作業を続けることも提出することもできます。リマインダ :セキュリティアセスメントを提出するときは、ファイル、リンク、動画をエディタに追加できません。

答案の表示

セキュリティアセスメントの提出済み答案を表示する場合は、Respondus LockDown Browserも必要になります。教員による成績の投稿後、新たにソフトウェアを追加しなくても複数の場所で確認することができます。

提出物に対する正解を表示するには、Respondus LockDown Browserが必要です。答案を開き、[Respondus LockDown Browserで結果を確認する]を選択してツールを起動します。


成績とフィードバック

教員はすべての学生の提出が完了するまで、自動採点された問題の正解を表示できないように選択できます。課題の上部に、この情報を含むバナーが表示されます。正解が表示されているか後で確認してください。

記述問題などのタイプの問題は教員が手動で採点し、テストの成績およびフィードバックを投稿しなければなりません。

採点されると、アクティビティストリームに表示されます。[成績を表示する]を選択して成績を表示します。教員がフィードバックを追加すると、テストのタイトルの後に表示されます。

アクティビティストリームの詳細

成績は、自分のグローバルおよびコース成績ページにも表示されます。

成績の表示の詳細

また、コースのテストを開くと、成績と内容についてのフィードバックが表示されます。[コースコンテンツ]ページでテストのタイトルを選択し、[詳細情報]パネルを表示します。[採点]セクションの中を選択して、提出内容、正解、および成績とフィードバックを確認します。教員がフィードバックを残している場合、スピーチ吹き出しアイコンを選択すると表示されます。教員が複数の答案に対してフィードバックを残している場合は、各答案のフィードバックを読むことができます。

フィードバックの記録の詳細

複数の選択肢から選択する問題の場合、[他の選択肢を表示する]を選択すると、選択肢を確認できます。

教員がテストの問題を採点する必要がある場合、テストのサイドパネルの[採点]の項に[未評価]と表示されます。

成績ピルの色分けの詳細


得点オプション

マッチング問題と複数回答問題の採点方法については教員が決定します。

:採点済みマッチング問題

  1. 問題の成績ピルは得点を表します。組み合わせは教員が選択した採点オプションに従って採点されます。
  2. 正しく組み合わせできた数がプロンプトと回答の上に表示されます。
  3. 正解の組み合わせにはチェックマークのアイコンが付き、背景が緑になります。
  4. 不正解の組み合わせにはXマークのアイコンが付き、背景が赤になります。

マッチング問題

部分的な評価。問題の一部を正解した場合は、部分的な評価を与えられます。組み合わせは均等に加重されます。

[すべて]または[なし]。満点を得るにはすべての組み合わせを正しくマッチングさせる必要があります。不正解の組み合わせが1つでもあれば得点は0点になります。

誤答の点数を引いていきますが、得点が負の数になることはありません。不正解の組み合わせや未回答については減点されます。組み合わせは均等に加重されます。この問題の点数が0未満になることはありません。

負の値の得点を許可する.組み合わせが正解であれば得点を獲得でき、誤答または未回答の場合には減点されます。この質問の合計点数は0未満になる可能性があります。

マッチング問題が5問あり、各問題の配点は2点、満点は10点です。あなたは5問のうち2問に正解したとします。

2問正解して4点を獲得しましたが、誤答が3問あり、合計6点が減点されるため、このマッチング問題の合計得点は-2点という負の値になります。

複数回答問題

  • [すべて]または[なし] :満点を得るにはすべての回答の選択肢を正しく選択する必要があります。間違った選択肢を1つでも選択すれば得点は0点になります。
  • 部分的な評価を許可 :問題の一部を正解した場合は、部分的な評価を与えられます。
  • 誤答がある場合に減点する :間違った選択肢を選ぶと減点されます。この質問の点数は合計で0未満になる可能性があります。

問題の得点変更

教員は採点が完了した後で、問題の点数を変更することができます。更新された成績もアクティビティストリームおよび成績ページに表示されます。

教員は、講義でしっかり取り扱わなかったり、十分に説明しなかった内容に関する問題があった場合には、その問題には最高評価を与えることもできます。採点が完了した後で、教員が最高評価を付与した問題を見ることができます。[最高評価の付与]は成績ピルの横に表示され、解答セクションにも注記されます。

オフラインの提出物 (学生向け)


ULTRA :オフラインの提出物

教員は、提出物のアップロードが不要なアセスメントを追加できます。

オフライン作業の例 :

  • 口頭によるプレゼンテーション
  • 科学展のプロジェクト
  • 演技のパフォーマンス
  • 直接提出された芸術作品
  • 対面式のチーム育成演習、パネルディスカッション、討論

[コースコンテンツ]ページ、グローバル成績ページ、およびコースの成績ページで、その他のコンテンツとともにアセスメントを表示できます。これらのコース領域からアセスメントにアクセスすると、課題をオンラインで提出できないことが通知されます。教員は、手順、ファイル、ルーブリック、および目標を追加して、学生がオフラインでの作業を準備できるようにします。また、アセスメントの会話が有効化されていれば参加することもできます。

オフラインでの提出の場合、複数回の提出はできません。また、教員は制限時間を追加できません。

教員が成績を登録すると、アクティビティストリームに通知されます。

[コースの成績]ページに、「オフラインで提出済み」と記された成績が表示されます。教員がルーブリックを使って採点した場合、成績表示にルーブリックのアイコンが表示されます。