2001年から2010年にかけて実施された、コミュニティカレッジのオンライン学生を対象とした調査によると (Fetzner、2013年)、オンラインコースで成功しなかった場合に学生が挙げた上位3つの理由は次のとおりです。

  1. 学習が遅れ、追いつくのが困難だった
  2. 個人的な問題(健康、仕事、子供の世話など)が発生した。
  3. 学習と、仕事または家庭を両立できなかった。

このようなことが起こらないように、次のヒントを活用して、ご自信のサクセスストーリーを築きましょう。


流れに乗る

「いつでも後から追いつける」と考えないでください。流れに乗るように努力してください。受講しているオンラインコースに柔軟性がある場合でも、計画どおりの態勢を保つようにします。

下見をする。オンラインコースの開始前に「プレビュー週間」が設定されている場合は、シラバスを読み、スケジュールを確認し、Blackboardでの操作を練習します。

マスタ予定表を作成する。 コーススケジュールとシラバスをマスタ予定表にプリントし、期日(時刻とタイムゾーンを含む)に印を付けます。マスタカレンダーはデジタルでもハードコピーでも構いません。自分が一番使いやすいものを使用してください。

組み込みツールを使用する。テスト、課題、および採点対象の掲示板といった、成績が付くコース項目が、Blackboardカレンダーに自動的に追加されます。コースカレンダーは、Googleカレンダーなどの外部のカレンダーにインポートすることもできます。[My Blackboard]を毎日使用し、[更新]で期日リマインダやその他の通知を確認したり、[投稿]でコースのやり取りを確認したり、[成績表]で最新のスコアを確認しましょう。

早めに定期的にログインする。週またはユニットの始めに、その週に期日があるすべてのコースアクティビティと課題を確認します。質問がある場合は、予定どおりに学習を完了できるように週の早い時期に問い合わせます。

技術的な問題を想定する。学校のヘルプデスクの電話番号とWebサイトのURLを電話に保存し、書面でも保管しておきます。これにより、コンピュータが動作しない場合にテクニカルサポートを受けることができます。Blackboardのコースには、インターネットに接続されたあらゆるコンピュータや機器からアクセスできるため、通常は、コンピュータの問題は学習の遅れの口実になりません。コンピュータラボや友人のラップトップを使用するなど、学習を完了するための代替手段を用意しておいてください。Blackboardツールの使用方法の説明が必要な場合は、いつでもhelp.blackboard.comを利用できます。

最善の努力をしても脱落して、コースに追いつくことができない場合は、できるだけ早く教員に相談してサポートを受けてください。


不測の事態に備えた計画

すべての学生が、何らかの時点で個人的な問題を経験します。この問題にうまく対処できるか否かは、人生における思いがけない出来事をどのように予想して処理するかにかかっています。

教員とやり取りする。自分が直面していることが個人的な非常事態であると気づいた場合は、できるだけ速やかに教授に連絡して状況を説明してください。問題に遭遇していない場合でも、教授と適切なコミュニケーションを保つようにしてください。

サポートを受ける。 大学では、カウンセリングやアドバイスなど、さまざまな学生向けサービスを提供しています。これらのオフィスを利用して個人的問題についてサポートを受けてください。

余裕を見込む。多くの場合、学業が乱されるのは「不測の」個人的問題によってではなく、「予測可能な」事態によってなのです。前もって計画して各週に時間的余裕を残すと、個人的な緊急事態が起きても毎週のコースの学習を完了することができます。

時間管理の重要性。 学業を土壇場まで放置することがないように、適切な時間管理と計画スキルを活用するようにします。前のセクションで説明した組み込みのカレンダーとMy Blackboardツールを活用して、タスクに優先順位を付けます。


生活へのコースワークの組み込み

学校と他の義務を両立させるには少々努力が必要ですが、不可能なことではありません。

目標を設定します。 大学での学業を修了するために、学習について長期的および短期的な目標を立てます。目標には期限を設定します。目標が学位や証明書を取得することであっても、個人的成長や職業上の成長のためにコースを受講することであっても、他の義務を果たしながら目標に到達するまでの時間を計画します。無理なく対応できるコース数以上のコースに登録しないようにしてください。

個人カレンダーとコースカレンダーを統合する。 優先順位を付けた学習リストとマスタ予定表を作成します。デジタルでもハードコピーでも、自分が使いやすいものを作成します。これによって、家庭や仕事上の義務と統合した学業の期日の「全体像」を見ることができます。特定の週にやるべきことが多数ある場合は、コースの期日に間に合うように前もって学習を完了できるように計画します。

外部カレンダーアプリケーションに、Blackboardのコースカレンダーをインポートできます。


ソース

Fetzner, M.(2013).「What Do Unsuccessful Online Students Want Us To Know?」(オンライン講習で不合格になった学生が伝えたいこと)JALN 17(1), 13-27.

寄稿者

Marie Fetzner, Ed.D.| Monroe Community College | Rochester, NY