管理者はBlackboard Learnで提供されるログインページのテンプレートをダウンロードし、使用しているシステムに合わせて構成できます。ログインページのテンプレートが破損した場合、または教育機関に適していない場合は、最小限の中断でユーザがシステムにアクセスできるように、デフォルトのログインページをリストアできます。

また、さまざまなブランドのホストに合わせて、複数のログインページとログイン名を管理することもできます。ブランドのホスト別に複数のログイン名を管理する機能は、教育機関がCommunity Engagement機能にアクセスできる場合に限って利用できます。

ログインページのカスタマイズに関連するスタイルは、ページを正しくレンダリングするため、すべてログインページの<head>タグの中に記述してください。


ログインページの管理

  1. 管理パネルの[Community Engagement]で、[ブランド/テーマ]を選択します。
  2. [ログインページのカスタマイズ]を選択します。以下の表に利用できるタスクを示します。
    ログインページのカスタマイズで使用可能なタスク
    操作説明
    ログインページのテンプレートのダウンロード[システムデフォルトの使用] > [デフォルトのログインページ]の横で、[ダウンロード]を選択します。
    現在のカスタムログインページのダウンロード[カスタムページの使用] > [現在のカスタムログイン]ページの横で、[ダウンロード]を選択します。この操作で、現在のカスタムログインページをダウンロードできます。
    カスタマイズしたログインページのアップロード[カスタムページの使用] > [カスタムページのアップロード]の横で、コンピュータまたはコンテンツ管理を参照できます。ファイルを参照してアップロードを完了します。カスタマイズされたログインページがログインページとして設定されます。
    デフォルトのログインページへのリセット[システムデフォルトの使用]を選択します。

認証プロバイダとログインページ

Blackboard Learn環境で認証プロバイダが設定されている場合、ログインページを編集してユーザに理想的なログインソリューションを提示できます。

複数の認証プロバイダの使用の詳細


ログインページのカスタマイズ

  1. 管理パネルの[Community Engagement]で、[ブランド/テーマ]を選択します。
  2. [ログインページのカスタマイズ]を選択します。[システムデフォルトの使用] > [デフォルトのログインページ]で[ダウンロード]を選択して、JSPログインページのコピーをダウンロードおよびカスタマイズします。
  3. ファイルをテキストエディタで開きます。色、テキストのスタイル、およびテキスト自体を編集できます。画像へのリンクも作成できます。
  4. ログインファイルをローカルマシンまたはコンテンツ管理に保存します。詳細については、「コンテンツ管理」を参照してください。
  5. Blackboard Learnに戻って、[ログインページのカスタマイズ]に戻ります。
  6. [カスタムページの使用]を選択して、以下のいずれかのオプションを選択します。
    • ローカルシステムに保存したJSPログインページを検索するには、[マイコンピュータの参照]を選択します。
    • コンテンツ管理内のJSPログインページを検索するには、[コンテンツ管理を参照]を選択します (所属教育機関がContent Management機能へアクセスできる場合のみ利用可能)。
  7. [プレビュー]を選択して、ログインページを表示します。注意 : [プレビュー]オプションは現在のログインページを表示します。カスタムログインページを新しくアップロードする場合は、[プレビュー]を選択して変更を表示する前に変更を保存する必要があります。
  8. [提出]を選択して変更を保存します。
  9. ログアウトして、新しいログインページをテストします。
    新しいページでエラーが発生してログインできない場合は、使用しているWebブラウザに次のアドレスを入力し、デフォルトのログインページを表示します。http://domain_name.host_name/webapps/login?action=default_login.ログイン後、[ログインページのカスタマイズ]に戻り、リンクを選択してデフォルトのログインページをリストアします。これにより、ユーザは再びログインできるようになります。

ログインページはすべてのユーザに表示されるとは限りません。 表示されないログインページや変更が必要な設定がある場合、それを伝えるメッセージが表示されます。


ブランドのログインページをカスタマイズ

これらの手順は、教育機関がcommunity Engagement機能にアクセスできる場合に限り実行できます。

  1. 管理パネルの[Community Engagement]で、[ブランド/テーマ]を選択します。
  2. [ブランドの管理]を選択します。
  3. ホスト名のブランドをすでに作成している場合は、ブランドのリストから[全員]のロールが選択されているブランドを検索します。ホスト名のブランドを作成していない場合は、「ブランドの管理」で作成方法の詳細を確認してください。ブランドのログインページをカスタマイズするには、ホスト名のロールを[全員]に設定しておく必要があります。
  4. ホスト名のブランドの横にある矢印を選択して、ポップアップメニューを表示します。
  5. [ログインページ]を選択します。このオプションが利用できるのは、前述のステップ3でホスト名のロールを[全員]に設定した場合のみです。
  6. [カスタムページの使用]を選択して、以下のいずれかのオプションを選択します。
    • ローカルシステムに保存したJSPログインページを検索するには、[マイコンピュータの参照]を選択します。
    • コンテンツ管理内のJSPログインページを検索するには、[コンテンツ管理の参照]を選択します (教育機関がContent Management機能へアクセスできる場合のみ利用可能)。
  7. [プレビュー]を選択して、ログインページをプレビューします。ページの内容に問題がない場合は、[送信]を選択します。
  8. ログアウトして、新しいログインページをテストします。
    新しいページでエラーが発生してログインできない場合は、使用しているWebブラウザに次のアドレスを入力し、デフォルトのログインページを表示します。http://domain_name.host_name/webapps/login?action=default_login.ログイン後、[ログインページのカスタマイズ]に戻り、リンクを選択してデフォルトのログインページをリストアします。これにより、ユーザは再びログインできるようになります。

ログインページはすべてのユーザに表示されるとは限りません。 表示されないログインページや変更が必要な設定がある場合、それを説明するメッセージが表示されます。