SafeAssignmentの送信

お使いの画面表示と異なる場合。SafeAssignmentの送信に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

SafeAssignmentを送信できるのは一度だけです。SafeAssignmentを編集、削除、または再送信する場合は、インストラクタに最初の送信のクリアを依頼してください。ファイルサイズの上限は10MBです。10MB以上の場合、SafeAssignは処理することができません。

  1. コースメニューで、課題など、SafeAssignmentがあるリンクを選択します。
  2. [課題]ページで、SafeAssignmentを見つけて[表示/完了]を選択します。
  3. SafeAssignmentのアップロードページで、必要に応じて[コメント]ボックスにコメントを入力します。
  4. 参照して、送信として添付するファイルを選択します。
  5. オプションの[グローバル参照データベース]チェックボックスをオンにすると、ペーパーがグローバル参照データベースにアップロードされます。
  6. 送信]を選択します。

    SafeAssignmentの送信後、アップロードからSafeAssignレポートを入手できるようになるまでに多少のタイムラグがあります。結果は通常、10~15分以内に入手できます。

    Learn 9.1 SP 13以前の場合は、[送信]を選択する前に、ブラウザのクッキーが有効になっていることを確認します。クッキーが有効になっていない場合は、ログインが完了していないこと、セッションがタイムアウトになったこと、または適切な権限が付与されていないことを示すエラーメッセージが表示されます(Learn 9.1 SP 14の場合は、ブラウザのクッキーがまだ有効になっていない場合は、[課題]ページに移動できません)。


SafeAssignment送信の表示

お使いの画面表示と異なる場合。SafeAssignmentの送信の表示に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

提出、および提出についてのSafeAssignレポートは、ペーパーを提出した後でSafeAssignmentにアクセスすることで表示できます。このオプションは、インストラクタが許可した場合にのみ利用できます。

  1. [課題]コンテンツエリアなど、SafeAssignmentを保持しているコンテンツエリア内にある課題リンクに戻ります。
  2. [課題]ページで、SafeAssignmentを見つけて[表示/完了]を選択します。次の情報が確認できます。
    • 課題情報 : このセクションには、SafeAssignmentの名前とその説明が表示されます。
    • 送信済み作業:このセクションには、次の情報が表示されます。
      • テキスト : このオプションを選択すると、学生のペーパーとコメントが表示されます。
      • ファイル : このオプションを選択すると、学生の提出物をダウンロードすることができます。
      • マッチング:他のソースに一致するペーパーの割合がパーセンテージで表示されます。適切なマッチングが行われているかどうか、レポート全体を読んで確認してください。
      • SAレポート : このオプションを選択すると、SafeAssignレポート全体を表示することができます。
    • 成績の表示 : このセクションには、担当のインストラクタが評価した成績が一覧表示されます。
    • インストラクタのフィードバック : このセクションにはフィードバックが一覧表示され、インストラクタによって添付されたファイルがあればそれを開いたりダウンロードするためのリンクが提供されます。

ULTRA :SafeAssignmentの送信

お使いの画面表示と異なる場合。SafeAssignmentの送信に関する"従来"のヘルプを参照してください。

オリジナリティレポートが課題の[詳細情報]で有効になっている場合は、教員がSafeAssignを使用しています。

UltraコースビューでSafeAssignを使用している課題では、作業を提出する準備ができた際に追加の手順を実施する必要はありません。SafeAssignは、添付ファイルやテキストでの回答などを、公開されている資料との一致という点から自動的にチェックします。


ULTRA :SafeAssignment送信の表示

お使いの画面表示と異なる場合。SafeAssignmentの送信の表示に関する"従来"のヘルプを参照してください。

課題の回答に対するオリジナリティレポートを学生が表示できるかどうかは、教員が決定します。

[提出]をクリックすると、SafeAssignによって課題の処理がすぐに開始されます。このサービスによって作業が分析されている間は、パネル上に[オリジナリティレポートの作成中]が表示されます。SafeAssignは、テキストでの質問や添付ファイルなど、課題のそれぞれの部分に対してオリジナリティレポートを作成します。

オリジナリティレポートは、教員が課題を採点する前に表示することができます。課題の[詳細情報]パネルを開き、[オリジナリティレポートの表示]を選択します。教員が答案の提出を複数回許可している場合、SafeAssignはすべての答案を個別に分析します。提出ごとのオリジナリティレポートは[提出物]パネルで表示できます。

オリジナリティレポートは、課題の答案と並んで表示されます。オリジナリティレポートの最上部には、SafeAssignが検出した全体の一致テキストが表示されます。 

オリジナリティレポートの閲覧方法に関する詳細