この情報は、元のコースビューにのみ適用されます。

The Performance Dashboard provides instructors with a window into all types of user activity in a course or organization. All users enrolled in the course are listed, with pertinent information about each user's progress and activity in the course.

When enabled for a course, the Performance Dashboard appears under Evaluation in the Course Menu. The Performance Dashboard is available in the Original Course View only.

More on how to make the Performance Dashboard available in courses and organizations

How instructors use the Performance Dashboard

パフォーマンスダッシュボード

活動状況一覧では、コースまたはコミュニティにおけるすべてのタイプのユーザアクティビティを表示します。教員、学生、ティーチングアシスタント、採点者、オブザーバー、ゲストなど、コースに登録しているすべてのユーザが一覧表示され、各ユーザの進行状況およびアクティビティに関する情報が表示されます。

[活動状況一覧]ページ

[コントロールパネル] > [利用状況] > [活動状況一覧]

[活動状況一覧]ページが表示され、以下のコース情報の概要が表示されます。

  • [氏名(姓)]、[氏名(名)]、および[ユーザ名]ユーザの名前と、Blackboard Learnへのログインに使用しているユーザ名が表示されます。
  • 担当:ユーザの、コース内で定義された担当が表示されます。担当には、教員、学生、採点者、ティーチングアシスタント、ゲスト、オブザーバーなどがあります。ユーザは1つのコースにおいて1つの担当を持ち、別のコースでは別の担当を持つことができます。
  • コースへの最終アクセス:ユーザがコースに前回アクセスした日時が表示されます。
  • コースへの最終アクセスからの日数:ユーザが前回コースにアクセスしてから経過した日数が表示されます。
  • レビューステータス:レビューされた項目数が表示されます。表示されている番号を選択すると、詳細ビューが表示されます。既読未読状況ツールがコースで利用不可になっている場合は、この列は表示されません。
  • 公開条件 : コースで公開条件が有効な場合にのみ表示されます。アイコンを選択すると、新しいウィンドウが開き、ユーザに関連するコース全体の概要のディレクトリツリービューと、アクセスステータスが表示されます。
  • 掲示板:コースで掲示板が有効な場合にのみ表示されます。番号リンクをクリックすると[掲示板]ページが表示され、コースにおける選択されたユーザの掲示板への投稿がすべて一覧表示されます。
  • リテンション管理のカスタマイズ:コースでリテンション管理ツールが有効な場合にのみ表示されます。この列には、トリガされたルール数、および警告のきっかけになる可能性のある合計ルール数が表示されます。たとえば、「2/6」はユーザが合計6つのルールのうち2つのルールをトリガしたことを意味します。この列のデータを選択すると、ユーザのリテンション管理ステータスを示すページが表示されます。
  • 成績の表示:成績管理が有効な場合にのみ表示されます。[成績管理全体]へのリンクを提供します。

[印刷]を選択すると、新しいウィンドウが開いてプリンタに適した書式でページが表示されます。列は必要に応じてインポートできます。


[既読未読状況]インジケータ

[既読未読状況]列の番号は、学生が[既読]としてマークを付けた項目の数を示しています。[レビューステータス]列は、コースでレビューステータスが有効に設定されている場合にのみ表示されます。

既読未読状況を有効にすると、学生の進捗状況を把握する追跡が作成されます。学生ごとに、コースの特定の項目を[既読]とマークするための要件を定義することができます。いつでも、学生の追跡の項目を表示または非表示にできます。活動状況一覧では、現時点での項目の利用可否と、学生のレビュー要件の進捗状況を確認できます。

各学生の[既読未読状況]の数は、コース内で[既読]および[既読に設定]として学生に表示される項目のリストにリンクされています。


公開条件

コンテンツのリリースをカスタマイズすることで、よりインタラクティブで、それぞれの学生の必要性に合わせて調整されたコースを作成します。元のコースビューでは、公開条件を使用すると、適切なコンテンツを、選ばれた個人に対して適切な時期に表示することができます。

コンテンツのリリースの詳細

各ユーザの活動状況一覧の公開条件インジケータでは、コースメニューのツリー表示が表示され、コース内のすべての項目が含まれます。アイコンは、そのユーザへの項目の表示・非表示を示します。該当する場合は、既読に対して要件のある項目の既読未読状況もアイコンで示されます。

[公開条件]列は、コースで公開条件が有効に設定されている場合にのみ表示されます。

アイコン
公開条件およびレビューステータスアイコン : 
表示する :この項目はそのユーザに対して表示されます。
表示しない :この項目はそのユーザに対して表示されません。
レビュー済み : この項目は、ユーザによって[レビュー済み]のマークが付いています。
レビュー済みとマーク : この項目は、ユーザには[既読に設定]と表示されますが、まだ既読とはマークされていません。