[Collaborate]パネルのナビゲーション

スクリーンリーダーを使用したCollaborateパネル

"ボタン"またはリンククイックキー (JAWSでは[B]キー、VoiceOverでは[VO+Command+L]キー) を使用して、"[Collaborate]パネルを開く"というラベルが付いたボタンを探します。

VoiceOverのリンククイックキーがこのアクションを認識しない場合は、[VO+Command+G]キーで次のグラフィックに移動するか、[VO+右矢印]で次の項目を読み込み、見つかるまで続けます。 

このボタンをアクティブ化すると"タブリスト"が開きます。このリストは次のように機能します。

  1. 最初のタブ「チャット」がデフォルトでフォーカスされています。キーボードの[TAB]キーを使用して、メッセージの読み取りや投稿などチャットパネル内の要素を操作します。
  2. 右矢印および左矢印を使用して、タブ (チャット、出席者、コンテンツ、設定) を移動します。
  3. タブがフォーカスされると、[TAB]キーを使用してページ内の要素に移動することができます。または、タブのリストに戻ります。
  4. [[Collaborate]パネルを閉じる]ボタンにタブ移動するとこのエクスペリエンスが終了します。

Collaborateでのチャット履歴キーボードコントロール

チャット履歴

[チャット]パネルの上部にあるキーボードコントロールを使用してメッセージ間を移動します。キーボードコントロールはメッセージがチャットに投稿されると利用できるようになります。またキーボード操作でのみ利用できます。

Chrome、Firefox、JAWS、NVDAのチャット履歴

  1. ここにメッセージ内容を入力」というプレースホルダテキストが表示されている「メッセージを入力し、[Enter]または[Return]を押してチャットを開始します。」という編集フィールドで、[Shift+Tab]キーを押してチャットナビゲーションを開きます。フォーカスが[最後のチャットメッセージ]ボタンに置かれます。
  2. [Shift+Tab]キーを押して以下のボタンに移動します :
    • [次のチャットメッセージ]ボタン
    • [前のチャットメッセージ]ボタン
    • [最初のチャットメッセージ]ボタン
  3. [Tab]キーを押すと、[最初のチャットメッセージ]ボタンから[最後のチャットメッセージ]ボタンに戻ります。
  4. いずれかのチャットメッセージボタンでスペースバーを押すと、関連するメッセージに移動します。スレッドの最初のチャットメッセージまたは最後のチャットメッセージに達するまで、キーボードフォーカスは、[次へ]ボタンと[前へ]ボタンに置かれたままです。キーボードフォーカスは、最後のチャットメッセージがレンダリングされると[前のチャットメッセージ]ボタンに移動し、最初のチャットメッセージがレンダリングされると[次のチャットメッセージ]ボタンに移動します。
  5. [Tab]キーを押すと、チャットメッセージボタンを離れて、「ここにメッセージ内容を入力」というプレースホルダテキストが表示されている「メッセージを入力し、[Enter]または[Return]を押してチャットを開始します。」の編集フィールドに戻ります。

MacのSafariでのチャット履歴

Safariブラウザでは通常[Tab]キーが機能しないので、チャットメッセージをナビゲートするには、VoiceOverスクリーンリーダを有効にする必要があります。

  1. ここにメッセージ内容を入力」というプレースホルダテキストが表示されている「メッセージを入力し、[Enter]または[Return]を押してチャットを開始します。」という編集フィールドで、[Shift+Tab]キーを押してチャットナビゲーションを開きます。フォーカスが[最後のチャットメッセージ]ボタンに置かれます。
  2. [VO]キー+[→]を使用して、以下のボタンに移動します :
    • [次のチャットメッセージ]ボタン
    • [前のチャットメッセージ]ボタン
    • [最初のチャットメッセージ]ボタン
  3. [VO]キー+[←]を押すと、[最初のチャットメッセージ]ボタンから[最後のチャットメッセージ]ボタンに戻ります。
  4. いずれかのチャットメッセージボタンでスペースバーを押すと、関連するメッセージに移動します。スレッドの最初のチャットメッセージまたは最後のチャットメッセージに達するまで、キーボードフォーカスは、[次へ]ボタンと[前へ]ボタンに置かれたままです。キーボードフォーカスは、最後のチャットメッセージがレンダリングされると[前のチャットメッセージ]ボタンに移動し、最初のチャットメッセージがレンダリングされると[次のチャットメッセージ]ボタンに移動します。
  5. [Tab]キーを押すと、チャットメッセージボタンを離れて、「ここにメッセージ内容を入力」というプレースホルダテキストが表示されている「メッセージを入力し、[Enter]または[Return]を押してチャットを開始します。」の編集フィールドに戻ります。

音声コマンドによるチャットパネルのナビゲーション

ドラゴンスピーチのユーザは、標準のナビゲーションに音声コマンドを使用できます。たとえば、「スクロールダウン」や「スクロールアップ」を使用して、[チャット]パネルのすべてのメッセージを表示できます。


出席者リスト

  1. 出席者リストにアクセスするには、"[Collaborate]パネルを開く"というラベルが付いたボタンにタブ移動し、アクティブ化することで、まず[出席者]パネルを公開する必要があります。ボタンに「[Collaborate]パネルを閉じる」というラベルが付いていれば、そのパネルはすでに公開されています。
  2. 次に、[出席者]タブを見つけ、[Enter]キーでアクティブ化します。これで[出席者]パネルが表示されます。
  3. [出席者のアクセス一覧]ボタンにタブ移動し、[Enter]を押します。[Tab]キーを使用しないと、このボタンにはアクセスできません。これはフォーカスされている場合のみ表示されます。
  4. [Space]バーを押してアクティブ化します。モデレータの場合は、タブを使用して出席者ごとにコントロールを移動できるようになりました。

アンケート

スクリーンリーダのユーザは、[Tab]でアンケート内を移動して、利用可能なリストからオプションを選択できます。スクリーンリーダは、各選択肢に対応する番号のみを通知します。モデレータは、各番号がどの選択肢を表しているのかを出席者に確実に知らせる必要があります。

学生向けアンケートの詳細

教員向けアンケートの詳細


コンテンツの共有

アプリケーション共有は現在、Blackboard Collaborateのスクリーンリーダーではサポートされていません。スクリーンリーダーを使用している場合には、ファイルと未使用のホワイトボードを出席者と共有することができます。デバイスで開いているアプリケーションを共有することはできません。例えば、コンピュータで開かれているMicrosoft® PowerPoint®は共有できません。

ファイルの共有

スクリーンリーダーユーザは、セッションで共有されたPowerPointやPDFファイルのテキストにアクセスできます。これにより、スライドの変更に簡単についていくことができます。

モデレータとプレゼンタは、スクリーンリーダーがテキストにアクセスできるよう、[ファイルの共有]を選択し、[Collaborate]にファイルをアップロードする必要があります。

スライドのナビゲーション

  • 次のスライドに進むには、[Alt+Page Up]キーを押します。Macでは[Alt+Fn+上矢印]キーを押します。
  • 前のスライドに戻るには、[Alt+Page Down]キーを押します。Macでは[Alt+Fn+下矢印]キーを押します。