Collaborateセッションを作成

スケジューラセッションのリストから、[セッションの作成]を選択します。[セッションの作成]パネルは、タブで編成されています。

表示されるタブは、セッションをコース内から作成するかどうかによって異なります。セッションを作成する上で必要となるのはイベントの詳細だけです。その他のタブはオプションです。

  • イベントの詳細 :セッションに必要な基本情報。イベントの詳細の詳細
  • 招待メール :必要に応じて、特定の出席者に招待メールを送信します。招待メールの詳細

    この機能は、スケジューラWebページからのみ利用できます。LMSコース内から招待メールを送信することはできません。

  • セッションの設定 :必要に応じて、ユーザが記録のダウンロード、音声または動画の共有、チャットメッセージの投稿などができるかどうかを決定します。セッションの設定の詳細
  • 出欠記録 :必要に応じて、セッションの出欠データをBlackboard Learnコースと共有します。出欠記録の詳細

    この機能はBlackboard Learnでのみ利用できます。


イベントの詳細

イベントの詳細には、セッションの名前、日付、時刻が含まれています。セッションが、無期限か繰り返しかを決定します。名前は、出席者がセッションの目的がわかるような、意味のあるものにします。

Collaborateでは、セッションの開始および終了時間にコンピュータのローカルタイムゾーンを使用します。

[イベントの詳細]タブからゲストアクセスを許可することもできます。


ゲストアクセス

ゲストは、セッションに参加するために、セッションへのサインインやコース登録の必要がない出席者です。ゲストには認証が必要がありません。

ゲストアクセスを許可すると、セッションのゲストリンクが利用可能になります。このリンクは、リンクを持っている人なら誰でも使用し、共有できるパブリックリンクです。ゲストリンクを持っていれば誰でもセッションに参加できます。

ゲストアクセスは、認証された出席者にアクセスを制限するため、デフォルトでオフになっています。セッションの安全性を保ちたい場合は、ゲストリンクを使用しないでください。

セッションのセキュリティの詳細

ゲストアクセスを許可した後、ゲストに与えたい権限に基づいて、ゲストのロールを選択します。ゲストにロールを割り当てる前に、各ロールとその権限の違いを確認してください。

ロールおよび権限に関する詳細

出席者にセッションへのテレカンファレンスを許可している場合、匿名ダイヤルイン情報も利用できます。ゲストリンクと同様に、ダイヤルイン情報を知っている人であれば誰でも使用できます。匿名なので、出席者が誰であるかはわかりません。セッションの安全性を保ちたい場合は、匿名ダイヤルイン情報を共有しないでください。その場合でも参加者はテレカンファレンスできますが、認証に使用するダイヤルイン情報が必要です。

Collaborateテレカンファレンスの詳細

ゲストアクセスの削除

ゲストアクセスを許可したものの、後で気が変わった場合は、セッションの[イベントの詳細]タブの[ゲストアクセス]チェックボックスをクリアします。共有されていたゲストリンクがすべて機能しなくなります。ゲストリンクが使用できないだけで、セッションは引き続きアクティブです。出席者は、コースまたは招待メールから参加する必要があります。

グループセッション


グループセッション

グループセッションによって、クリティカルシンキング、問題解決、適応性、およびコミュニケーション能力が向上します。グループセッションを設定する方法はさまざまです。

  • ブレークアウトグループ :セッション中に一時的なグループコラボレーションを行うには、ブレークアウトグループを使用します。
  • 複数のセッション : 複数のセッションを作成します。学生がバーチャルのスタディルームとして使えるように複数のセッションを同時に実行したい場合、たとえば、異なるグループが参加できるよう複数のセッションを作成することができます。
  • コースグループツール : 長期間のグループ作業の場合は、コース内にグループを作成し、Collaborateセッションへのアクセス権を付与します。