コースルームの概要

コースルームは、自分のコース専用のオープンなセッションです。

これにより、コースでのCollaborateのUltraユーザエクスペリエンスの使用が簡単になります。また、自分とその受講者が、授業または急なミーティングの開始ポイントとしても利用できるため便利です。

コースルームはデフォルトではオンですが、オフにも設定できます。詳細については、「コースルームをオフにする」を参照してください。

Blackboard Collaborateがコースのどこにあるか不明な場合は、セッションに参加する」を参照して、LMSを選択します。

セッション名または[セッションのオプション]メニューを選択してセッションに参加します。パネルが開き、セッションに参加するために必要な情報が表示されます。

  • お使いのアカウントに関連付けられた[セッションに参加]リンク。このリンクを選択してセッションを開きます。各リンクは、各セッションとセッション内のユーザによって異なります。つまり、リンクはそのセッションについてのみ有効です。このリンクを使用して、セッションに参加しなおしたり、他のユーザとリンクを共有することはできません。セッションリンクは、5分後に期限切れとなります。
  • ダイヤルイン情報 (利用可能な場合)

専用のコースルームをオフにする

オープンなコースルームセッションを学生に対して非表示または参加不可にしたい場合には、オフに設定することができます。

  1. コースルームの[詳細]メニューを開きます。
  2. [コースルームをロック]を選択します。

コースルームが無効になっていると、教員も含め、誰も参加できません。 

コースルームが表示されない、あるいは開けない場合は、担当の管理者がオフに設定しています。

Collaborateのコースルームに関するよくある質問


自分がいなくても、学生だけでルームを使用することができますか?

はい。ルームは管理者がオフにするまでオンの状態です。詳細については、「コースルームをオフにする」を参照してください。


コースルームを持っている場合に新しいセッションを作成する理由とは何ですか?

コースルームを持つ場合、スケジュール設定されたセッションを作成する理由はたくさんあります。ここに2つの例があります。

  • 監督されたセッション : コースルームがロック解除されると、いつでも誰でもセッションに参加できます。学生は教員がいなくてもセッションに参加できます。学生を監督されていないセッションに参加させたくない場合は、コースルームをロックし、スケジュール設定されたセッションを作成します。
  • 同時に実行される複数のセッション : 学生がバーチャルのスタディルームとして使えるように複数のセッションを同時に実行したい場合、たとえば複数のセッションを作成して異なるグループが参加できるようにすることができます。