セッション出欠レポート

セッション出席レポートの概要

セッション出席レポートは、参加者がセッションに参加および退出した時間の概要を示します。これによって、出席者がセッションに参加していた時間の平均がわかります。

すべての出席者がカウントされます。ブラウザとモバイルアプリのどちらから参加していてもかまいません。

セッションを複数回利用している場合には、利用ごとにレポートが生成されます。

[レポートを表示]を選択すると、レポート全体が表示されます。各参加者がセッションに入退出した時間が確認できます。この情報を参考に、それぞれの参加者が技術的な問題を抱えていたのか、または提示物および意見交換について簡単な確認が必要かどうか確認します。


セッションレポートを表示

Blackboard Collaborateツールのセッションのリストから、レポートを表示できます。

  1. レポートを表示するセッションを特定し、[セッションのオプション]メニューを選択します。
  2. [レポートを表示]を選択します。

[レポートを表示]が表示されない場合には、そのシステム上ではレポートは利用できません。

マネージャはすべてのセッションのレポートを表示できます。詳細については、「マネージャ向けセッション出席レポート」を参照してください。


セッション出席レポートの印刷

レポートのエクスポートと印刷

レポート全体の印刷可能なバージョンを作成します。

  1. 印刷するレポートを特定し、[レポートを表示]を選択します。
    • [印刷可能]を選択し、ページを印刷します。

      印刷可能なバージョンのレポートには、選択した日付範囲に該当するすべての参加者が含まれます。レポートをユーザでフィルタリングし、[印刷可能]を選択すると、印刷可能なバージョンにすべてのユーザが表示されます。検索した特定のユーザだけではありません。

    • [CSVにエクスポート]を選択して、レポートをエクスポートします。

CSV形式でエクスポートする列名

  • 名前 :出席者の固有の名前
  • 担当 :出席者のロール
    • モデレータ
    • プレゼンタ
    • 参加者
  • タイプ :出席者のタイプ。出席者はユーザアカウントを使ってログインするか、ゲストとして参加
  • 最初の参加 : 出席者が初めてセッションに参加した日時
  • 前回の退席 :出席者がセッションを最後に退席した日時
  • 合計時間 :出席者がセッションに参加した合計時間
  • 参加 :出席者がセッションに参加/再接続した回数

    参加の回数が多いほど、出席で接続上の問題が生じていた可能性が高くなります。


レポートをフィルタリングする

レポートのリストを日付範囲と出席者でフィルタリングします。

  • 日付範囲 : メインの[レポート]ページの、[レポートを表示]メニューから[範囲に含まれるレポートを表示]を選択します。
  • 出席者 : レポート全体ページから、[検索]を選択します。検索する出席者の名前を入力します。

セッションIDセッション出席レポート

セッションID

レポートのセッションIDは、セッションの一意の識別子です。IDには、Blackboardサポートがセッションにかかわる問題を解決するために利用できる情報が含まれています。

  1. Behind the Blackboardにケースを送信する (英語のみ)。
  2. 問題を詳しく記述します。記述内容が詳細なほど、良い結果が得られます。
  3. これらの詳細を記述に含めます。
    • セッションの識別子
    • セッション名
    • 開始日時と終了日時