小人数のグループでのコラボレーションを促すために、モデレータはブレークアウトグループを作成できます。ブレークアウトグループは、メインルームとは別であり、出席者を割り当てることができます。

セッションに250名以上の出席者がいる場合、ブレークアウトグループは使用できません。

ブレークアウトグループでは、非公開の音声、動画、ホワイトボード、アプリケーション共有、チャットをサポートします。ブレークアウトグループでの共同作業はすべて、メインルーム (および他のグループ) とは別のものになります。

談話室での発言や表示は記録されません。


ブレークアウトグループを開始する

Collaborateに自分の代わりにブレークアウトグループを作成させたり、ランダムに割り当てさせることができます。また、自分でグループを作成することもできます。

  1. Collaborateパネルから[コンテンツの共有]パネルを開きます。

    Collaborateパネルの場所が不明ですか?「自分の設定を見つける」にジャンプします。

  2. [ブレークアウトグループ]を選択します。
  3. グループを割り当てます。[ランダムに割り当てる]または[カスタム割当]を選択します。
    • ランダムに割り当て : Collaborateが代わりにグループを作成し、出席者をランダムに割り当てます。

      [ランダムに割り当てる]は、ルーム内に4人以上参加者がいる場合のみ利用できます。

      • モデレータがグループに所属する場合は、[モデレータをグループ課題に含める]を選択します。
      • 各グループの出席者の人数も変更できます。[グループの数]メニューでグループの数を選択できます。
      • 出席者のグループ分けが気に入らない場合は、[出席者を再割り当てする]を選択してください。
    • カスタム割当 : 自分のグループを作成します。
      • 出席者をグループに割り当てます。出席者オプションメニューを選択し、グループを選択できます。また、出席者を選択し、目的のグループにドラッグすることもできます。
      • グループを追加するには、[新しいグループを作成する]をクリックします。

      最大20グループまで作成できます。ブレークアウトグループは、出席者が250名以下のセッションでのみ利用できます。各グループに割り当てる出席者数に制限はありません。ただし、すべてのグループに出席者を均等に分散することをお勧めします。

  4. 任意の選択肢として、出席者に他のグループへの移動を許可する場合には、[参加者によるグループの切り替えを許可する]を選択します。
  5. [開始]を選択します。

ブレークアウトグループにファイルを共有する

1つまたは複数のブレークアウトグループとファイルを共有することができます。

  1. ブレークアウトグループを開始してから、[ファイルの共有]を選択します。
  2. 共有するファイルの[ファイルオプション]メニューを開きます。
  3. [グループで共有]を選択します。
  4. ファイルを共有するグループを選択します。
  5. [今すぐ共有]を選択します。

ファイルの最初のスライドがブレークアウトグループに表示されます。

あとで使用するためにグループファイルを保存することもできます。セッションをログアウトする前に、ブレークアウトグループファイルを見つけてメインルームに保存します。

ブレークアウトグループファイルの保存の詳細


ブレークアウトグループで出席者が行える作業は?

ブレークアウトグループは、グループの共同作業を意図して作成されています。グループの出席者はすべてプレゼンタです。つまり、すべての出席者が、グループの他のメンバーとホワイトボードやファイル、アプリケーションを共有できます。

ブレークアウトグループの共有コンテンツは、ブレークアウトグループが終了すると利用できなくなります。出席者に共同作業を何らかの方法で記録させることも検討してください。例 : 共有されたものや共同作業をスクリーンキャプチャする。

ブラウザがアプリケーションの共有をサポートしていることを確認する

プレゼンタの権限の詳細


グループを監視する

ブレークアウトグループの開始後、グループ間を移動して監視することができます。自分をグループに割り当てている場合には、グループ内の参加者の様子や発言を監視することができます。これには、共有コンテンツ、音声、動画、チャットなどの操作が含まれます。

他のグループの様子を見るには、そのグループに参加する必要があります。[出席者]パネルから、[グループに参加]を選択します。

グループ内のチャットは、そのグループ専用です。全員チャットルームは、グループを問わず、全員に開放されるものです。モデレータには、モデレータ専用のチャットルームもあります。


出席者を別のグループに移動する

モデレータは、出席者パネルの[グループに参加]を選択することでグループ間を移動できます。他の出席者を移動することもできます。

  1. [出席者]パネルから出席者を見つけ、[参加者コントロール]を選択します。
  2. [別のグループに移動する]を選択します。[ブレークアウトグループ]パネルが開きます。
  3. 対象の出席者を別のグループに移動します。この移動方法は2通りあります。
    • 出席者のオプションメニューを選択し、グループを選択します。
    • 出席者を選択し、新しいグループにドラッグします。
  4. [更新]を選択します。

参加者をセッションから退会させられますか?

はい。メインルーム、または他のグループに移動させることができます。あるいは、セッションから完全に退席させることもできます。[出席者]パネルから出席者のオプションメニューを選択します。[セッションから削除]を選択します。

他のモデレータがグループに変更を行った場合にはどうなりますか?

[更新]を選択する前に他のモデレータがグループに変更を行った場合には、変更した内容が失われます。他のモデレータが変更を行ったことが通知されます。


ブレークアウトグループを終了する

ブレークアウトグループを停止し、全員をメインルームに戻す場合には、[ブレークアウトグループを終了]を選択します。これは、[出席者]パネル上、または[コンテンツの共有]パネルのブレークアウトグループの横にあります。

[ブレークアウトグループを終了]を選択すると、全員がメインルームに戻されます。

グループが終了すると、グループ内で共有されたものはすべて、メインルームで利用できなくなります。ブレークアウトグループの終了は、数分前には出席者に通知するようにしてください。グループを終了する前に、作業に関してスクリーンキャプチャなどの記録を行う時間を取れるようにします。


ブレークアウトグループからファイルを保存する

あとで使用するためにグループファイルを保存することもできます。セッションをログアウトする前に、ブレークアウトグループファイルを見つけてメインルームに保存します。

  1. ブレークアウトグループを終了してセッションを離れる前に、[ファイルの共有]を選択します。
  2. グループフォルダを開きます。
  3. 保存するファイルの[ファイルオプション]メニューを開きます。
  4. [メインルームファイルに移動]を選択します。

グループファイルがメインルームに保存され、再度使用することができます。

Collaborate Breakout Groups and Recordings


Recordings and breakout groups

What is said or viewed in a breakout room isn't captured in recordings. Collaborate stops recording your session if all attendees leave the main room to join breakout groups. 

You can start your recording again from the Session Menu when one or more attendees return to the main room.


役立つヒント

ホワイトボードの項目を1つ削除します。消しゴムのボタンで、ボード/スライドからすべての注釈を消します。[選択]ツール を使って注釈を1つ選択し、キーボードの[Back space]キー ([Delete]キーではない) を押すと、選択した注釈だけが削除されます。

ホワイトボードのコンテンツを回転させます。[選択]ツールを使って、オブジェクトを選択します。次に、選択したボックスの右側に沿って途中まで表示される (非常に) 小さなボックスを選択してドラッグします。

複数の出席者を一度にグループに割り当てます。ブレークアウトグループを手動で指定する場合は、キーボードの[Shift]を押しながら一度に多数の出席者を選択し、該当するグループにドラッグアンドドロップします。各出席者の行で[...]をクリックし、該当するグループを選択することもできます。

遅刻した出席者に、ブレークアウトグループへの参加を許可します。遅刻した出席者にブレークアウトグループへの参加を許可するには、[参加者によるグループの切り替えを許可する]を選択します。

役に立つヒントの寄稿者

Amy Eyre (Eラーニングサポート担当者) | プログラムデザインおよび学習テクノロジチーム | ヨーク大学、英国

Helga Gunnarsdottir (学習テクノロジスト) | 学習イノベーションユニット | 西イングランド大学、英国