各セッションに参加するためのリンク、またはCollaborateスケジューラにサインインするためのリンクが管理者から提供されます。このリンクにより、モデレータ権限が付与されます。

セッションのロールの詳細

ブラウザでリンクを開きます。ChromeTMやFirefox®が最も適しています。

Blackboard Collaborateとスクリーンリーダの最適な組み合わせは、Windows®システムではFirefox®とJAWSです。Mac®では、Safari®とVoiceOverになります。

ページの読み込み後、セッションに参加するか、スケジューラにログインします。

Blackboard Instructorアプリをお持ちの場合は、モバイルデバイスでリンクを開き、指示に従ってアプリからセッションに参加できます。

Collaborate scheduler

When you first access Blackboard Collaborate you'll encounter an intuitive design for scheduling sessions in the Ultra experience and viewing recordings. We call this the Collaborate Scheduler.

The Collaborate scheduler is available in Blackboard Learn and LTI compliant LMS courses or directly from a web link. The Collaborate scheduler is not available in the Blackboard Open LMS Collaborate activity module.

Set the date for your session, the designated start and stop times, and then tell your student how to find it.

In the Scheduler, you'll find these things.

  • Course room: At the start of the page is a course room. The course room is an open session dedicated to your course.

    This is only available when you go to Collaborate from inside a course.

  • Create Session: Create new sessions. Sessions you create appear after the course room and Create Session button. 
  • Session options: Open the Session options menu to join, edit or delete the session. You can also copy a guest link and view reports for this session.
  • Menu: Open the menu to switch between a list of sessions and a list of session recordings.

Join Sessions for Moderators


Join sessions

In Blackboard Collaborate Ultra a unique session link is generated to help each session identify you. Each link is associated with an individual session and a specific user in that session. This means that the link only works for you in that moment. You are not able to use the link to join session again or share your link with another user. Session links expire after 5 minutes.

If offered by your institution, you can use the telephony feature to communicate with other users. To learn more, see Join by Collaborate Teleconference.

  1. From the Scheduler, select the session you want to join.
  2. Select Join session.

セッションの作成

Create Collaborate Sessions

From the Sessions list, select Create Session. Give the session a name.

Not sure where to find the Sessions list? Jump to Join Sessions and select your experience.

Event Details

The event needs some basic details before creating.

  • Set the date and time the session starts and ends. You can choose to keep a session open or repeat. You can also select if students can enter the session prior to the start time.

    Collaborate uses your computer’s local time zone for session start and end times.

  • Type a detailed description of the meeting. This helps students find the right session.

If you expect over 250 attendees in your session, you must submit a large session request to the Collaborate support team on Behind the Blackboard. Submit the request BEFORE the session begins.


Session settings

Decide who can do what in your sessions.

  • Allow recording downloads from the Recordings page as well as on the recording play back page.
  • Show the profile pictures of moderators only.
  • Allow participants to use audio, video, chat, and the whiteboard editing tools.
  • Allow users to join the session using a telephone for their audio.

More on Session Settings


Add sessions to your course content

Add a link to the session in your course. Copy the guest link and paste it in a place that's easy for your students to find.

Group Sessions


Group sessions

Improve critical thinking, problem solving, adaptability, and communication with group sessions. There are different ways you can set up group sessions.

  • Breakout groups: Use breakout groups during a session for in the moment group collaboration.
  • Multiple sessions: Create multiple sessions. If you want to run multiple sessions at the same time for students to use as virtual study room, for example, you can create multiple sessions for the different groups to join.
  • Course group tool: If it's for long term group work, create groups in your course and give access to a Collaborate session.

出席者の招待

自分のセッションに出席者を招待する

セッションを選択して、セッションの詳細を開きます。セッション参加またはセッション共有のために必要な情報が、セッション名のすぐ後ろに表示されます。 

次の2つの方法でユーザを招待できます。

  • パブリックゲストリンクを送信する
  • 個人招待メールを送信する

ゲストリンク

ゲストリンクは、リンクを持っている人なら誰でも使用し、共有できるパブリックリンクです。

ゲストアクセスはデフォルトでオンの設定になっています。ゲストアクセスを無効にするには、[ゲストアクセス]チェックボックスをオフにします。 これはゲストリンクをオフにするだけです。引き続き、個々の出席者を招待することができます。

ゲストリンクをコピーして、学生やその他のゲストに送信します。

セッションリンクは長くても構いません。送信時に短縮されます。TinyURLTMなどのURL短縮サービスを利用して、セッションの短いエイリアスを作成します。

このリンクから参加した人はすべて同じゲストロールで参加します。ゲストが、参加者、プレゼンタ、モデレータのいずれとして参加するかを決定します。どのように権限を設定すればよいかわからない場合でも、心配はいりません。権限はミーティング中でも設定できます。

ロールおよび権限に関する詳細


個人招待メール

追加のモデレータを招待して、ゲストは参加者のままにしておきたい場合は、モデレータに個人的な招待メールを送信します。

  1. [招待メール]を展開して、[招待者を追加]を選択します。
  2. 出席者の氏名とEメールアドレスを入力します。
  3. 出席者に割り当てるロールを選択します。

Collaborateは、出席者がセッションに参加するために必要なすべての情報を記載した個人招待メールを送信します。これには、出席者のみが使用可能な一意のセッションリンクなどが含まれます。

出席者に招待メールが届かなかった場合や、出席者が紛失した場合には、招待メールを再送信できます。また、招待した出席者を削除することもできます。削除された出席者は、一意のリンクから参加できなくなります。ゲストリンクを使用すれば、引き続き参加できます。

登録済みユーザに招待メールを送信する場合は、Collaborateのユーザアカウントを持つ者が[登録済みユーザの検索]を選択します。

Collaborateは、 セッションに参加するために必要なすべての情報を記載した個人招待メールを送信します。

  • セッション情報
  • 参加するための一意のセッションリンク
  • ゲストリンク (ゲストアクセスがオンの場合)
  • ダイヤルイン情報 (利用可能な場合)