記録レポートでは、所属教育機関の記録に関するデータをマネージャに提供します。このデータには、記録名、記録を見るためのリンク、記録の作成日時、記録の合計時間が含まれます。

このレポートで使用しているタイムゾーンは、UTC/GMT (00:00) です。


記録レポートのダウンロード

記録レポートは、CSVファイル形式でのみダウンロードできます。記録レポートをダウンロードできるのは、マネージャだけです。

iPhoneおよびiPadのユーザがレポートを正しく表示するには、デバイスにMicrosoft Excelをインストールしておく必要があります。

  1. スケジューラにマネージャとしてログインし、[レポート]、[教育機関レポート]の順に選択します。
  2. [記録レポート]を選択します。
  3. [日付範囲]で、レポートの日付範囲を選択します。6か月を超える日付範囲は指定できません。タイムゾーンは、UTC/GMT (00:00) を使用します。
  4. [レポートを表示]を選択します。

CSV形式でエクスポートした記録レポートの列名

このレポートで使用しているタイムゾーンは、UTC/GMT (00:00) です。

  • RecordingCreated :記録が作成された日時 (YYYY-MM-DD HH:MM)。タイムゾーンは、UTC/GMT (00:00) を使用します。
  • SessionOwner :セッションの所有者の名前
  • SessionName :セッションの名前
  • SessionIdentifier :セッションの一意の識別子
  • SessionInstanceIdentifier :セッションオカレンスの一意の識別子
  • NumberOfUniqueAttendees :記録されたセッションの固有の出席者の数
  • RecordingName :記録の名前
  • RecordingLink :記録のURLリンク
  • RecordingDuration :記録の長さの時分秒 (HH:MM:ss)
  • HasLiveCaptions :記録されたライブセッションでライブ字幕が使用されたかどうか (trueまたはfalse)
  • HasUserCaptions :字幕が記録に追加されたかどうか (trueまたはfalse)
  • PlaybackCount :記録が閲覧された回数
  • LastPlaybackDate :記録が最後に閲覧された日付。タイムゾーンは、UTC/GMT (00:00) を使用します。
  • DownloadCount :記録がダウンロードされた回数
  • LastDownloadDate :記録が最後にダウンロードされた日付。タイムゾーンは、UTC/GMT (00:00) を使用します。
  • RecordingStatus :記録の処理ステータス。ステータスは[完了]または[失敗]のいずれかです。
    • 完了 :処理が問題なく完了し、記録の再生準備ができています
    • 失敗 :処理が失敗し、記録が現在利用できません
  • ContextName :コース、グループ、またはフォーラムの名前。
  • ContextIdentifier :コース、グループ、またはフォーラムの一意の識別子。

    コンテキスト名およびIDの列に何も表示されていない場合、お使いのLMSバージョンはサポートされていません。