2021年8月19日までに、新しいマークアップツールが全ユーザに使用可能になります。

セッションでファイルまたは空のホワイトボードが共有されている場合、注釈ツールを使用してライブセッション中にドキュメントの編集およびマークアップが可能です。注釈ツールは画面の最上部に表示されます。これらのツールは、モデレータが[セッションの設定]でオフにしていない限り、モデレータと参加者両方のロールで使用できます。

モデレータはメインルームで注釈付きファイルをブレークアウトグループと共有できます。ブレークアウトグループとのファイルの共有に関する詳細

ドキュメント表示の設定

  • パン : ページ上でホワイトボードまたは共有ファイルを移動します。
  • ズームサイズ変更 : ページ上でズームインおよびズームアウトするか、ビューをページまたは幅に合わせて調整します。

注釈

  • 描画ブラシ、および消しゴム : さまざまな色、濃さ、不透明度でページ上にフリーハンドで描画します。消しゴムを選択して、注釈を削除します。消しゴムを使用して、手書き描画の一部を削除するか、[削除]アイコンを選択して描画全体を削除することができます。
  • テキスト : テキストをページ上に直接追加します。テキストを移動、編集、変更したり、テキストのフォント、サイズ、配置、色を選択したりできます。
  • 図形 :矢印四角形楕円形多角形、およびポリラインを選択します。各図形には独自の設定があり、色、太さ、不透明度などを個別に変更できます。
  • 注釈をクリア : 注釈はセッションで保存されます。新しい何かを共有したり、新規スライドに進んだり、共有を停止したりできます。注釈は残ります。モデレータは[注釈をクリア]を使用して、すべてのページからすべての注釈を削除できます。
  • 強調表示 : 共有ファイルで強調表示する領域を選択します。ページ上でテキストを強調表示すると、追加のメニューが開きます。選択したセクションを強調表示したり、取り消し線、下線、波線を引いたり、コメントを記入したりできます。マーカーは共有ファイルでのみ使用可能です。ホワイドボード上では使用できません。

    複数ページの空のファイルをアップロードすると、複数ページのホワイトボードが作成されます。

  • ポインタ : ポインタのオプションはありません。図形ツールで矢印を作成します。矢印を移動させて、ホワイトボードの別の領域をポイントします。ホワイトボード上で表示したい場所に矢印を配置します。矢印を選択して移動している間は、出席者に矢印が表示されません。
    User selects the Shapes option in the whiteboard menu, creates an arrow, and uses it to point to something on the whiteboard.