言語サポート

SafeAssignの機能は、言語間の翻訳だけではありません。SafeAssignは、現状では単語の登場頻度や文章構造など、英語固有の言語的特徴にのみ基づいて盗作の可能性を判断するアルゴリズムを使用しています。

SafeAssignが公式にサポートしているのは英語のみですが、英語以外の言語でSafeAssignを使用しても構いません。他の言語での使用を妨げる技術的な制限はありませんが、結果は異なる場合があり、保証されません。

Blackboardは、2018年にはSafeAssignで他の言語サポートを行えるよう取り組んでいます。