SafeAssignでは、学生の提出物を一連の学術研究論文と比較し、既存の研究作品との間で重複する箇所を特定します。

SafeAssignは、抑止だけではなく教育にも効果があるツールです。SafeAssignを使用することで、提出されたテストで盗作の可能性がないか確認し、ソースの言い回しを変えるのではなく、ソースの出典を適切に示す方法を学生が理解するように支援する機会を設けることができます。


サポートされているファイル

SafeAssignでは、次のようなプレーンテキストに変換可能なファイルタイプのみがサポートされています。DOCX、DOC、PPT、PPTX、PDF、TXT、ODT、RTF、HTML、HTMなどが挙げられます。スプレッドシートファイルはサポートされていません。

SafeAssignはZIPファイルにも対応しており、これらのファイルタイプのいずれかと一致するファイルを処理します。

SafeAssignは、提出物に添付されたファイルの合計数と、SafeAssignによって処理された添付ファイルの数をカウントして表示します。SafeAssignは、サポートされているファイルタイプに一致する添付ファイルのみを処理して、それらの添付ファイルのOriginality Reportを作成します。サポートされていないファイルタイプについては、SafeAssign Originality Reportでは一致スコアは省略されます。


SafeAssign Originality Report

論文が処理されると、提出された論文のテキストが既存のソースと一致するパーセンテージが詳述されたレポートが生成されます。このレポートでは、既存のソースと一致すると判定された提出済み論文の各セクションの疑わしいソースが示されます。論文が同じ学生が依然提出した作業の続きであれば、レポートから一致するソースを削除し、もう一度処理します。

レポートを慎重に確認し、テキストの各ブロックの出典が適切に示されているかどうかを調査してください。

SafeAssign Originality Reportの詳細


Blackboard Learn :元のコースビュー

お使いの画面表示と異なる場合課題でのSafeAssignの使用に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

すべての課題でSafeAssign盗作チェックツールを使用できるようになりました。

  1. [課題の作成]ページで、[提出オプション]を展開します。
  2. [SafeAssignを使用すると、提出に盗作がないかをチェックできます]を選択します。
  3. 希望に応じて、次のオプションのいずれかまたは両方を選択します。
    • 学生に自身の提出物に関するSafeAssign Originality Reportの表示を許可します。
    • 教育機関またはGlobal Reference Databaseから、特定の課題についてすべての学生の提出を除外するオプションも選択できます。
  4. [課題の作成]ページですべての項目を設定します。
  5. 送信]を選択します。

SafeAssignを使用して課題を作成すると、成績管理内に成績列が自動的に作成されます。課題の採点準備が整うと、成績管理のセルに[要採点]アイコンが表示されます。成績管理から課題を採点するか、[要採点]ページからアクセスします。

お使いの画面表示と異なる場合。課題およびテストでのSafeAssignの使用に関する"Ultra"の動画をご覧ください。


Blackboard Learn :Ultraコースビュー

お使いの画面表示と異なる場合SafeAssignの使用に関する"従来"のヘルプを参照してください。

SafeAssignを使用して、Ultraコースビューの課題およびテストの両方で、学生の提出物における盗作の可能性をチェックできます。

  1. 新規または既存の評価で、[課題の設定]または[テストの設定]を開きます。
  2. SafeAssignで、[Originality Reportを有効化]を選択します。
  3. [SafeAssignを使用して提出物の盗作の有無をチェック]を選択します。
    • 評価に対してSafeAssignを有効化している場合、学生へのOriginality Reportの表示を許可することもできます。複数の答案を許可している場合、Originality Reportは学生が提出する答案ごとに生成されます。
    • 教育機関およびGlobal Reference Databasesの提出物を除外するかどうかを選択します。
  4. レイヤを閉じます。これで、変更が保存されました。

Originality Reportを有効にしている場合、[提出物]ページには[オリジナリティ]列が追加されます。リストをざっと確認して、盗作が含まれている可能性がある提出物をすばやく見つけます。

学生が提出を開始した後であっても、SafeAssign Originality Reportは随時有効化できます。ただし、提出物がチェックされるのはSafeAssignが有効化されている場合のみです。設定を有効化する前に受領した提出物は、SafeAssignではチェックされません。

匿名採点を有効にしている間、SafeAssignの結果は表示されません。成績を送信して名前が表示されると、SafeAssignの結果とOriginality Reportを確認できます。


Blackboard Open LMS

現時点では、SafeAssignプラグインはMoodleの課題アクティビティとのみ互換性があります。SafeAssignの課題を作成するには、まず課題を作成します。課題の設定で、SafeAssignの設定を選択します。

SafeAssignはBlackboard Open LMSの有料アドオンです。課題の設定においてSafeAssign Plagiarismプラグインオプションが表示されない場合は、サイト管理者にお問い合わせください。

  • 提出物の盗作の有無をチェック :このオプションを選択して、SafeAssignで学生の提出物を確認します。
  • 学生にOriginality Reportの表示を許可する :このオプションを選択して、学生が提出課題のOriginality Reportを表示することを許可します。このオプションでは、レポートへのリンクが提供されます。
  • 教育機関およびGlobal Reference Databaseからの提出物の除外 :このオプションを選択すると、SafeAssignによる課題の処理が引き続き行われますが、データベースには登録されません。これにより、教師が特定の課題で再提出を許可した場合に提出ファイルが盗作としてマークされることを回避できます。

完了したら、[保存してコースに戻る]または[保存して表示する]を選択します。

複数のロール割り当て

Moodleでは、ユーザに複数のロールを割り当てることができます。SafeAssignでは、複数のユーザを教員や学生の同一IDに関連付けることができないため、SafeAssignを使用して複数のロールを持つ提出物を処理することはできません。この問題を解決するため、SafeAssignプラグインは複数のロールを持つユーザの提出物を分析しません。また、この点についてユーザに警告します。

ロール割り当てがシステムレベルで設定されているユーザ :マネージャやコース作成者などは、デフォルトで、各SafeAssignコースに教員として追加されます。


複数の添付ファイルと答案

SafeAssignは、個々のテストに対する複数の答案を、同じテストに対して同じ学生によって提出されたものとして認識します。SafeAssignは、学生の最新の答案内容を過去の提出物の内容と照らし合わせてチェックしません。対応する答案の横にある各Originality Reportを参照できます。

学生がテストに複数のファイルを添付した場合、それらの添付ファイルはSafeAssignパネルの[Originality Report]セクションに表示されます。ファイルのテキストと詳細なテキスト一致分析を新規ウィンドウで表示するには、ファイル名のリンクを選択します。


提出除外オプションについて

SafeAssign設定には、課題を作成する際に「提出除外」オプションがあります。このオプションにより、教員は教育機関またはGlobal Reference Databaseにある学生の提出物を含まない課題を作成できます。他の評価設定と同様、このオプションは一時的なものであり、課題作成後に編集可能です。後でオプションを変更すると、以降の提出物には新しい設定が適用されます。使用例の例 :

教員はある課題について、最終的でない提出を許可し、1つだけ「最終の」提出物を許可したいと考えています。後の提出物と比較するために、教育機関のデータベースのSafeAssignには、最終の提出物のみを含む必要があります。

次の手順を使用して、この使用例に対応できます。

  1. 複数の答案、SafeAssign、および「提出除外」オプションを有効にした課題を作成します。
  2. 学生は、最終前の「ドラフト」の作業を提出します。提出物は教育機関またはグローバルデータベースには含まれません。
  3. 最終の提出物が予期される場合、「提出除外」オプションを解除します。
  4. 学生は、最終の作業を提出します。提出物は教育機関またはグローバルデータベースに含まれます。