プライバシーに関する声明に戻る

このページでは、プライバシーに関する声明についての新着情報、および2020年4月バージョンからの変更事項をご説明します。

2020年4月

オフィス所在地を更新しました。それ以外に、内容の変更はありません。

2019年12月

本バージョンにおける重要な変更事項

  • 「お客様の権利」セクションに、当社が別途定めているカリフォルニア州におけるプライバシー通知、およびCCPA上の権利に関する説明を掲載しました。

  • 当社が個人情報を「管理者」として自社の目的のために使用および共有している場合 (例えば、当社ウェブサイト、マーケティング) と、「処理者」として当社のクライアントの代わりに使用している場合との使用方法を区別できるよう、複数のセクションに説明を掲載しました。

  • 当社の商品およびサービスの評価、改善および開発に個人情報を使用する際の、プライバシーに対する当社のアプローチについての詳細を掲載しました。

  • 当社の新しいデジタル・ティーチング・アンド・ラーニング・サービス (DTLS) を反映するために、「当社のDTLS、オンライン試験版またはOpen Educationのユーザ」セクションを更新しました。

  • 当社の会社構造に変更があった場合の当社のコミットメントに関する説明を掲載しました。

  • 当社の商品およびサービスには行動に基づく広告はないものの、コンテクスト広告を掲載する場合がある旨の説明を掲載しました。

  • 年少者のプライバシーのセクションに、当社のアプローチについての詳細を掲載しました。


2018年5月

プライバシーに関する声明について全面的な見直しを行いましたが、お客様の個人情報の使用方法については変更がありません。主な改善点:

  • より分かりやすい表現を使用しています。
  • すべての詳細を読む時間のない方のために、冒頭に概要を追加しました。
  • どの状況において当社が「データ管理者」となるのか、当社がクライアントに代わり「データ処理者」として個人情報を使用するのはいつか、また、これらによるお客様への影響はどのようなものかについて、より詳しく説明しています。
  • 当社との関係性の違いによって異なる個人情報の使用方法を説明するため、3つのセクション(ウェブサイトユーザ、当社クライアントのエンドユーザ、及び当社の試験版のユーザ)において重要な情報を追加しました。
  • 当社がどのような情報を収集するか、当社がこの情報をどのように使用し、誰と共有するかということについて、より詳しく説明しています。
  • 当社のマーケティング活動について、より明確に説明しています。

2017年6月

当社のプライバシーポリシーについて、アーカイブされた2017年6月版をご覧になるにはこちらにアクセスしてください。