ULTRA : クラウドストレージにアクセス


ULTRA : クラウドストレージにアクセス

お使いの画面表示と異なる場合ご利用のコースのクラウドストレージへのアクセスについて"元の"ヘルプを参照してください

所属教育機関のクラウドストレージには、パーソナルプロファイル、コース、および[ツール]パネルからアクセスできます。

コースでクラウドストレージにアクセスできない場合は、管理者に連絡してください。お使いのBlackboard Learnデプロイメントではクラウドストレージが利用できない可能性があります。


ご利用のコースでのクラウドストレージへのアクセス

課題、テスト、掲示板、日誌、メッセージおよび会話を行う際に、クラウドストレージのファイルにアクセスできます。

たとえば、課題で[コンテンツの追加]を選択してエディタを開き、[クラウドストレージから挿入]を選択します。エディタを小さい画面で表示している場合、プラスアイコンを選択するとオプションのメニューを表示できます。

小型デバイスで、BlackboardアプリからGoogleドライブ、OneDrive、およびDropboxに接続すると、アプリ内でファイルに簡単にアクセスできます。


クラウドストレージからファイルを追加する

クラウドストレージからファイルを追加すると、システムによってコースにファイルのコピーが作成されます。ファイル同士はリンクしていません。コース内でファイルを変更しても、クラウドストレージのファイルには変更は適用されません。

  1. エディタにアクセスします。[コンテンツの挿入]メニューから、[クラウドストレージから挿入]を選択します。
  2. クラウドストレージのポップアップウィンドウで、メニューからウェブアプリを選択して、1つ以上のファイルを選択します。または、フォルダのタイトルを選択してその内容を表示してから、ファイルを選択します。ZIPファイル (ファイルの圧縮パッケージ) を選択できます。ZIPファイルは、圧縮された状態のまま追加されます。
  3. [選択]をクリックして、ファイルをページに追加します。

コンテンツの編集

コンテンツの追加後、メニューから[編集]を選択して、コンテンツの変更やさらに追加を行います。

追加したファイルの設定を編集することができます。エディタでファイルを選択し、エディタ機能の行にある[添付の編集]アイコンを選択します。[表示名]と[代替テキスト]を追加することができます。代替テキストは、スクリーンリーダーを使用するユーザや、画像をオフにしてWebページを表示するユーザのために画像を説明したものです。

また、エディタ内でリンクとしてファイルを挿入するか、追加した他のコンテンツとともにインラインで表示されるようにファイルを直接埋め込むかを選択できます。

準備はできましたか?[提出]を選択して完了です。

課題の提出について

クラウドストレージと共有コンピュータ

他のユーザも使用するコンピュータの場合、サインアウト後にCookieとサイトのデータを消去します。この操作を行うことで、その他のユーザは、クラウドストレージに保存されたあなたのファイルにアクセスできなくなります。