この情報は、元のユーザエクスペリエンスのみに適用されます。利用可能なツールは、あなたの教育機関によって管理されています。

タスクツールを使用して、予定されている作業および課題について把握することができます。それぞれのタスクにはステータスと期日があります。教員がコースタスクを確認してリストに追加します。

このリストを使用して自分自身の状況を把握することができます。ユーザは、各タスクの状況を報告する必要がある場合があります。

ユーザは、[所属教育機関]タブの[ツール]パネルから独自の個人タスクリストを作成することもできます。個人タスクを作成した場合、それを閲覧できるのは作成者のみです。

タスクは、コース内のより小さなグループに特定されたタスクのためのコースグループツールとしても利用可能です。

コースのホームページでは、[To Do]通知モジュールが表示されることがあります。このモジュールは、そのコースの情報のみが表示されます。詳細については、「ホームページ」を参照してください。

タスクページ

ユーザは、コースメニューの[ツール]リンク、またはコースのホームページのタスクモジュールからタスクにアクセスできます。教員は、コースメニューのタスクへのカスタムリンクを追加することもできます。

  1. タスクリンクを選択して説明を表示します。
  2. 教員はタスクに優先順位を割り当てることができます。
    • 「優先度 - 高」のアイコン : 感嘆符
    • 「優先度 - 通常」 : アイコンなし
    • 「優先度 - 低」のアイコン : 下向き矢印
  3. 列見出しを選択して列を並べ替えます。
  4. タスクメニューで次のステータスを選択できます。
    • 未開始
    • 進行中
    • 完了