見落としのないようにしましょう。

重なった仕事を調整することは容易ではありません。カレンダーを使用して、今後の課題、イベント、その他の期日を把握します。

タスクなど、期日を含む採点対象外の項目は、自動的にはコースカレンダーに表示されません。

お使いの画面表示と異なる場合。「Ultra」カレンダー動画に移動します。


カレンダーの検索と移動

お使いの画面表示と異なる場合。カレンダーの検索に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

カレンダーには、コース、[教育機関]タブの[ツール]パネル、または[My Blackboard]メニューからアクセスできます。

  1. 日単位、週単位、または月単位でイベントを表示します。
  2. 別の月に移動するには、矢印を使用します。
  3. 新しいイベントを作成するにはプラス記号 (+) を選択します。日付を選択してイベントを作成することもできます。適切なカレンダーにイベントを割り当てて、日時を選択して説明を追加します。

    学生がコースと教育機関のカレンダーにイベントを作成することはできません。

  4. イベントを管理するには、そのイベントを選択します。イベントを選択してドラッグすることで、日付を変更することもできます。
  5. 教育機関、個人、コースなど、表示するカレンダーを選択します。デフォルトでは、すべてのカレンダーが表示されています。好みに合わせて、あるいは対応するイベントを認識しやすいようにカレンダーの色を変更することができます。

    すべての教育機関イベントは教育機関のカレンダーに表示されます。割り当て期日などのすべてのコースイベントは、コースカレンダーに表示されます。[所属教育機関]ページの[コース]モジュールで非表示にしたコースは、[カレンダー]リストでも非表示になります。

  6. Blackboard Learnのカレンダーを、Googleカレンダーなどの外部のカレンダーアプリケーションにインポートするにはiCal URLを取得します。Learn iCal URLが外部のカレンダーで設定されると、そのLearn iCal URLは新しいLearnカレンダーイベントに基づいて動的に更新されます。

    外部のカレンダーをBlackboard Learnのカレンダーにインポートすることはできません。


ビューの選択

お使いの画面表示と異なる場合。カレンダービューの"Ultra"のヘルプを参照してください。

カレンダーには、すべての教育機関、コース、コミュニティ、および個人のカレンダーイベントの統合ビューが表示されます。日単位、週単位、または月単位でイベントを表示できます。今後のイベントと過去のイベントをカテゴリ別に表示および整理することができます。

コースカレンダーイベントは、コースのすべてのメンバに表示されます。一般的なエントリには、今後のテスト、課題の期日、または特別講義などがあります。期日があるコース項目は、自動的にコースカレンダーに 表示 されます。教員のみがコースのカレンダーイベントを作成できます。

My Blackboardで個人設定を変更し、週の初日を選択することができます。次の4種類のカレンダー表示モードから選択することもできます。

  • グレゴリオ暦のみ
  • グレゴリオ暦形式にイスラム暦に変換された日付が括弧書きされているもの
  • イスラム暦のみ
  • イスラム暦形式にグレゴリオ暦に変換された日付が括弧書きされているもの

イベントの作成

お使いの画面表示と異なる場合。カレンダーイベントの作成に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

  1. イベントを作成するには、プラス (+) ボタンを選択するか、特定の日付を選択します。
  2. [新しいイベント名]を入力します。
  3. 個人カレンダーなど、イベントを関連付けるカレンダーを選択します。

    コースカレンダーと教育機関カレンダーにイベントを追加できるのは、インストラクタと管理者のみです。

  4. [開始]と[終了]で時間を選択します。
  5. [イベントの説明]を入力します。また、最大4,000文字を入力できます。
  6. 保存]を選択します。

繰り返しイベントの作成

[繰り返し]チェックボックスをオンにして、繰り返しイベントを作成できます。表内の オプションは、いつイベントを繰り返すかを指定します。

サポートされている繰り返しイベント
繰り返しオプション説明
1日単位設定された回数の実行後、または特定の日付にイベントは終了します。
週単位の繰り返しイベントを毎週同じ曜日に繰り返します。X回実行後、または特定の日付にイベントは終了します。
月単位の繰り返しサポートされる日 (1-31) または曜日 (第1日曜日、第2月曜日など) にイベントを繰り返します。X回実行後、または特定の日付にイベントは終了します。
一括追加(一連の繰り返しイベント)繰り返しオプションを使用して、一連の繰り返しイベントを作成します。
一括削除(一連の繰り返しイベント)繰り返しオプションを使用して作成した一連の繰り返しイベント全体を削除します。
インスタンスの編集一連の繰り返しイベントのインスタンスを編集します。インスタンスの日時を変更した場合、その特定のインスタンスには、元の一連の繰り返しイベントのルールに準拠しなくなったことを示す「破損」アイコンが表示されます。

インスタンスの名前または説明を変更しても、一連の繰り返しイベントのインスタンスが破損することはありません。

一連の繰り返しイベントの編集(既知の制限)現時点では、一連の繰り返しイベントを編集することはできません。一連の繰り返しイベントを作成した後に、一括削除することも個別のインスタンスに変更を加えることもできます。

イベントの編集および削除

お使いの画面表示と異なる場合。イベントの編集に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

イベントを変更したり削除したりすることができます。

  1. メインカレンダービューでイベントの日付を検索します。
  2. 編集または削除するイベントを選択します。
  3. イベントを選択してメインビューの別の日付にドラッグすることで、イベントの日付を変更します。イベントとイベントに関連付けられているカレンダーの時刻は同じままです。
  4. また、メインビューでイベントを選択して、小さい月単位ビューの別の日付にドラッグすることで、日付を変更することもできます。

ULTRA :カレンダーについての動画

お使いの画面表示と異なる場合。「従来の」カレンダー動画に移動します。


ULTRA :カレンダーの検索と移動

お使いの画面表示と異なる場合。カレンダーの検索に関する"従来"のヘルプを参照してください。

自分の名前が表示されている一覧のグローバルカレンダーから、登録しているすべてのコースの期日や授業をまとめて表示できます。

カレンダーで、以下のイベント情報を検索します。

  • 在室時間教員がアポイントをコースに追加すると、それらは自動的にカレンダーに表示されます。
  • 期限日課題の期限日は、自動的にカレンダーに表示されます。

コースカレンダーの確認

コース内からカレンダーにアクセスすると、そのコースのみのイベントが表示されます。コースのナビゲーションバーから、カレンダーアイコンを選択します。

カレンダーのコースビューには、期限日、コーススケジュール、在室時間、コース固有のミーティングやイベントが表示されます。教員が期限日を含むコンテンツを作成すると、自動的にカレンダーに表示されます。

特定のコース内のイベントがすべてグローバルカレンダーにまとめられます。自分の名前が表示されている一覧のグローバルカレンダーにアクセスすると、大きな画像に切り替えることができます。


ULTRA :ビューの選択

お使いの画面表示と異なる場合。カレンダービューの選択に関する「おなじみの」ヘルプを参照してください。

  • またはを選択して、1日のタスクや数週間先の計画を拡大表示します。
  • 期限日を選択して、締め切りのみにフォーカスします。
  • 右上にある歯車アイコンを選択して、表示したいカレンダーを選択します。

ULTRA :イベントの作成と編集

お使いの画面表示と異なる場合。カレンダーイベントの作成に関する"従来"のヘルプを参照してください。

自分の名前が表示されている一覧のカレンダーを選択して、個人のカレンダーにイベントを追加します。プラス記号を選択し、イベントのタイトル、日付、時間、場所を追加します。

追加したイベントのタイトルを選択し、イベントの詳細を変更します。

カレンダーのイベントを移動および削除できます。個人のイベントをドラッグアンドドロップして時間を変更するか、必要ない個人のイベントを削除します。教員が追加したイベントの移動または削除はできません。