クラウドストレージとは

"クラウド"上で動作し、お使いのコンピュータにインストールされていないウェブアプリにファイルをアップロードできます (OneDrive®など)。

ファイルは、障害やウイルスから保護された、安全なオンラインサーバ上に保存されます。お使いのコンピュータや携帯電話で問題が発生しても、ファイルの消失を心配する必要はありません。デバイスを問わず、インターネットに接続されていれば、クラウド上に保存したファイルにいつでもアクセスできます。

ご利用のコースでは、ファイルを保存する複数のWebアプリに簡単に接続できます。Blackboard Learnでは、1つの場所で多数のWebアプリに簡単にアクセスできるクラウド統合サービスを使用します。


クラウドストレージに初めてアクセスする

クラウドストレージに初めてアクセスする場合は、接続するウェブアプリを以下より選択します。

  • OneDrive
  • Box
  • OneDrive for Business

    教育機関のOneDriveアカウントを所有している場合、OneDrive for Businessを使用します。

  • ドロップボックス
  • Google Drive™

次に、サインインして、クラウド統合サービスをウェブアプリに接続することを許可します。

Learn ultra cloud storage allow access to Google drive

クラウドストレージのポップアップウィンドウに、選択したウェブアプリのファイルが表示されます。メニューから[アカウント]を選択してさらにウェブアプリを有効にするか、すでに有効なウェブアプリに切り替えます。

[X]を選択すると、アカウントが削除されます。

クラウドストレージと共有コンピュータ

他のユーザも使用するコンピュータの場合、サインアウト後にCookieとサイトのデータを消去します。この操作を行うことで、その他のユーザは、クラウドストレージに保存されたあなたのファイルにアクセスできなくなります。


ご利用のコースでのクラウドストレージへのアクセス

課題を提出する際、クラウドストレージに保存されたファイルにアクセスできます。

課題の[ファイルの添付]セクションで、[クラウドストレージの参照]を選択します。

コースでクラウドストレージにアクセスできない場合は、管理者に連絡してください。お使いのBlackboard Learnデプロイメントではクラウドストレージが利用できない可能性があります。

 


クラウドストレージからファイルを追加する

クラウドストレージからファイルを追加すると、システムによってコースにファイルのコピーが作成されます。ファイル同士はリンクしていません。コース内でファイルを変更しても、クラウドストレージのファイルには変更は適用されません。

  1. [ファイルの添付]セクションで、[クラウドストレージの参照]を選択します。
  2. クラウドストレージのポップアップウィンドウで、メニューからウェブアプリを選択して、1つ以上のファイルを選択します。または、フォルダのタイトルを選択してその内容を表示してから、ファイルを選択します。ZIPファイル (ファイルの圧縮パッケージ) を選択できます。ZIPファイルは、圧縮された状態のまま追加されます。学生はZIPファイルを選択してコンピュータにダウンロードし、ファイルを解凍してその内容にアクセスします。
  3. [選択]をクリックして、ファイルをページに追加します。
    Learn Ultra import files using the Cloud Storage Service