登録しているコースメッセージを検索

お使いの画面表示と異なる場合。メッセージに関する"Ultra"のヘルプを参照してください

ユーザは、登録している各コース内でメッセージを表示できます。所属教育機関が許可している場合、メッセージを作成したり、返信したりすることもできます。教員は、この設定を制御しません。

読み取り専用メッセージの詳細

メッセージアクティビティはシステム内に残ります。登録しているコース外でメッセージの表示および送信はできません。

登録しているコースのメッセージを表示するには、[ツール]ページまたはコースメニューの[メッセージ]リンクを選択します。

コースメニューに表示されるリンク、および使用可能なツールについては、教員が決定します。

自分の名前があるリストが左側に表示されている場合、[メッセージ]ページですべての登録コースに関するメッセージを表示したり、送信したりできます。

ページの右上隅に自分の名前が表示されている場合、すべての登録コースの新しいメッセージにアクセスできます。自分の名前の横にあるメニューを開き、[更新]アイコンを選択します。重要なイベントに関する通知リストと、すべてのコースおよびコミュニティの情報が表示されます。

お使いの画面表示と異なる場合。メッセージに関する"Ultra"のヘルプを参照してください。


メッセージの送信

お使いの画面表示と異なる場合。メッセージの送信に関する"Ultra"のヘルプを参照してください

リマインダ、簡単な質問、オンラインでのコミュニケーションを行うために、誰でもメッセージを使用できます。教育機関が許可している場合は、コンピュータにあるファイルをメッセージに添付することができます。

リマインダ :所属教育機関が、学生によるメッセージの作成や返信を許可していない場合があります。教員は、この設定を制御しません。

[メッセージの作成]ページで[宛先]を選択します。コースメンバのリストが表示されます。1つ目のボックスで受信者を選択し、右矢印をクリックして[受信者]ボックスに移動させます。

Windowsの場合、連続した複数の受信者を選択するには、[Shift]キーを押しながら最初と最後の受信者を選択します。連続していない受信者を複数選択するには、[Ctrl]キーを押しながらそれぞれの名前を選択します。Macの場合は、[Ctrl]キーの代わりに[command]キーを押します。また、[すべて選択]オプションを使用して、すべてのコースメンバを選択することもできます。

エディタのオプションを使用して、メッセージのテキストの書式を設定することができます。コンテンツの表示方法をクリエイティブに管理しながら、順番や表示を柔軟に変更できます。

キーボードを使用してエディタツールバーに移動する場合は、[Alt]+[F10]を押します。Macでは[Fn]+[Alt]+[F10]を押します。番号付きリストなどのオプションを選択するには、矢印キーを使用します。

メッセージに対する返信

教育機関が許可している場合、送信者または全員に返信できます。送信者とメッセージの他の受信者は、[宛先]ボックスに自動入力されます。

必要に応じて他のコースメンバを宛先に追加します。メッセージのテキストは、元のメッセージのテキストが入力された状態になっています。追加テキストを入力します。

読み取り専用メッセージ

学生は、教員やティーチングアシスタントなど他のロールが送信したメッセージの読み取りだけを許可されている場合があります。

教育機関が読み取り専用メッセージを有効にした場合、一部のオプションが削除されます。メッセージを表示したときに[メッセージの作成]、[返信]、[転送]オプションは表示されません。教員は、この設定を制御しません。


新着メッセージアラート

お使いの画面表示と異なる場合。新着メッセージアラートに関する"Ultra"のヘルプを参照してください

最新情報モジュールが、ログイン後の最初のページとコースのホームページにに表示されます。新しいコースメッセージを受信すると通知されます。

初めてログインすると、モジュールは変更を1日に1回報告します。新しい通知を後で見る場合は、[アクション]メニューの[更新]を選択します。

表示されるモジュールは、教員および所属教育機関によって決定されます。


ULTRA :すべてのコースへのメッセージ

お使いの画面表示と異なる場合。コース内のメッセージに関する"元の"ヘルプを参照してください

自分の名前が表示されている一覧で、[メッセージ]を選択します。

教育機関が許可している場合、、学生と教員はメッセージを、1人、複数人、あるいはクラス全体に送信できます。メッセージアクティビティはシステム内に残ります。

この情報はコミュニティにも該当します。

どのアクションも見逃さないようにしましょう。元のコースとUltraのコース両方を担当している場合、このページで両方のメッセージにアクセスできます。新着メッセージは太字で表示されます。

期間を移動してメッセージにアクセスします。現在、過去、および今後のコースのメッセージを確認できます。別の期間に移動するには、矢印を使用します。

メッセージにジャンプします。コースの新しいメッセージおよび既存のメッセージをすべて表示するには、コースカードを選択します。コース内のメッセージは削除できます。

共有の準備をするには教育機関が許可している場合、コースカードの[新しいメッセージ]アイコンを選択し、メッセージを1人または複数人に、あるいはクラス全体に送信できます。Ultraコースビューでは、入力中に受信者の名前がポップアップで表示されます。元のコースビューでは、[送信先]を選択します。コースメンバのリストが表示されます。1つ目のボックスで受信者を選択し、右矢印をクリックして[受信者]ボックスに移動させます。

読み取り専用メッセージの詳細


ULTRA :コース内のメッセージ

お使いの画面表示と異なる場合。コース内のメッセージに関する"元の"ヘルプを参照してください

コースのナビゲーションバーから、[メッセージ]ページにアクセスします。自分のコースのすべてのメッセージと返信が表示されます。一覧全体をざっとチェックしたり、メッセージを開いてすべての返信を読んだりできます。

未読メッセージは一覧の一番上に表示されます。各メッセージには、作成者のプロフィール写真が表示されます。作成者の名前の下で、何人の参加者が含まれているか、またはメッセージがクラス全体に宛てたものであるかを確認できます。

  1. 新着情報を簡単に把握できます。メッセージの数は一覧の上に表示されます。新着の返信は太字で表示されます。
  2. メッセージを送信します。教育機関が許可している場合、[新規メッセージ]アイコンを選択し、メッセージを送信します。メッセージは、1人、複数、またはクラス全員に対して送信できます。

    メッセージが多数ある場合は、1ページに表示するメッセージの数を選択して絞り込みます。

  3. メッセージを削除します。[削除]アイコンを使用してメッセージを削除します。削除しても、その後の返信は受信できます。メッセージの個別の返信を編集または削除することはできません。
  4. 他のメッセージへ移動します。メッセージが開き、すべての返信とともにパネルに表示されます。上部にある[前のメッセージを表示]と[次のメッセージ]アイコンを使用して、一覧にある前のメッセージまたは次のメッセージを表示します。
  5. 人を追加します。教育機関が許可している場合、メッセージがクラス全体に送信されたものでない場合は、メッセージの作成時または返信時に、[参加者の追加]アイコンを使用して人を追加します。従来の受信者は、新しい受信者が追加されたことや、クラス全員が受信したことを示すメモを、次のメッセージで受け取ります。新しい受信者は、自分が追加された時点以降のメッセージを見ることができます。

ULTRA :メッセージの送信

お使いの画面表示と異なる場合。メッセージの送信に関する"元の"ヘルプを参照してください

教育機関が許可している場合、[メッセージ]ページの[新規メッセージ]アイコンを選択すると、[新しいメッセージ]パネルが開きます。

読み取り専用メッセージの詳細

入力して受信者を追加できます。入力中、一致する受信者名がメニューに表示されるので、簡単に選択できます。必要な人数分の名前を追加できます。またはクラス全体に送信することもできます。

最初に一番重要な情報を書いてください。メッセージには件名がありません。そのため、受信者が読むメッセージを選択する時、メッセージの最初の部分が重要となります。エディタのオプションを使用してテキストを書式設定したり、画像を埋め込んだり、ファイルを添付したりできます

エディタでプラスアイコンを選択して、オプションのメニューを表示します。ファイルを添付するオプションがあります。キーボードを使用してエディタツールバーに移動する場合は、[Alt]+[F10]を押します。Macでは[Fn]+[Alt]+[F10]を押します。箇条書きリストなどのオプションを選択するには、矢印キーを使用します。

Eメールのコピーを送信します。コースメッセージのEメールのコピーを送信できます。コースメンバの受信箱にコピーを送信すると、コースメッセージを確認し、閲覧し、そのメッセージに従って行動する確率が高くなります。Eメールのコピーが送信されるのは、受信者のBlackboard Learnプロフィールに有効なEメールアドレスがある場合のみです。このオプションを選択すると、メッセージの受信者全員にEメールのコピーが送信されます。受信者は、メッセージをEメールの受信箱で表示できますが、Eメールに返信することはできません。

読み取り専用メッセージ

教育機関は、学生がコース内でメッセージを作成したり返信したりできないよう設定することができます。教員は、この設定を制御しません。

学生は、教員やティーチングアシスタントなど他のロールが送信したメッセージの読み取りだけを許可されている場合があります。また、受信したメッセージを転送することもできません。

読み取り専用となっている場合、グローバルな[メッセージ]ページとUltraコースの[メッセージ]ページからメッセージを追加するためのプラス記号が削除されます。

個々のUltraコースメッセージを表示すると、[返信]ボックスに次のメッセージが表示されます :このメッセージには返信できません


ULTRA :ユーザ一覧からメッセージを送信する

教育機関が許可している場合、ユーザ一覧から、コースに参加している任意のユーザにメッセージを送信できます。プロフィールの画像を選択してプロフィールカードを開き、封筒アイコンを選択すると、[新規メッセージ]パネルが開きます。必要に応じて他の参加者を宛先に追加できます。

ユーザ一覧から送信したメッセージは、[メッセージ]ページにも表示されます。

ユーザ一覧の詳細


ULTRA :新着メッセージアラート

お使いの画面表示と異なる場合。メッセージアラートに関する“元の”ヘルプに移動します

新着メッセージはグローバルメッセージページに表示されます。

教員は、Eメールの受信箱にコースメッセージのコピーを送信することを選択できます。コースメッセージのEメールコピーを受け取るのは、自分のプロフィールに有効なEメールアドレスが掲載されている場合のみであるため、プロフィールを最新の状態にしておいてください