教員がコースでグループによる学習活動の共同作業を促進している場合、グループ掲示板に割り当てられることがあります。掲示板のコンテンツはコースグループのメンバおよび教員のみが利用可能です。

グループ掲示板

お使いの画面表示と異なる場合。グループ掲示板に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

コースグループには、独自の掲示板を設定することができます。グループ掲示板は、そのグループのメンバとなっているユーザのみが利用できます。グループ掲示板が使用可能な場合は、[所属グループ]セクションやグループのホームページからアクセスします。

グループの検索の詳細

元のコースビューでは、グループ掲示板は、通常のコース掲示板から分離されています。グループのメンバは、自分たちのフォーラムを作成して管理できます。教員は、グループ掲示板を採点対象にすることができますが、各メンバの成績は個別に採点されます。

フォーラムの詳細


ULTRA :グループ掲示板

お使いの画面表示と異なる場合。グループ掲示板に関する"元の"ヘルプを参照してください。

Ultraコースビューでは、グループの個別の領域はありません。代わりに、教員がグループを作成できますが、ユーザにグループ掲示板への自己登録を求めることがあります。教員はユーザの貢献度を評価する場合があります。

Ultraコースビューの掲示板では、フォーラムやスレッドは使用しません。

掲示板を開くには、コースにあるナビゲーションバーの[掲示板]アイコンを選択します。表示される一覧から掲示板を選択します。教員は[コースコンテンツ]ページでその他のコース教材に合わせて掲示板を設定することができます。

自分がグループに属していることを知る方法

[コースコンテンツ]ページと[掲示板]ページで、グループ掲示板のタイトルの後にグループ名が表示されます。グループ名は掲示板を開いたときに、グループメンバの一覧と共に表示されます。

グループ掲示板に自己登録する必要がある場合、登録期間が表示されます。期日内にグループに登録する必要があります。グループへの登録が完了していない場合、登録期日が近くなると通知が送られます。

登録期間中かどうか確認することもできます。登録期日までに登録できなかった場合は担当の教員に連絡してください。

[自己登録して参加]リンクを選択してグループページにアクセスします。グループ掲示板のタイトルを選択すると、掲示板の詳細とグループへの参加リンクが含まれるページが開きます。グループに登録するまで掲示板に参加できません。

グループページ

グループページに登録可能なグループが表示されます。教員の設定によっては、既に参加しているメンバの名前が表示される[メンバを表示]リンクが表示される場合があります。[学生数]列では各グループごとに認められている参加メンバ数を確認できます。教員は学生全員をすべてのグループに参加できるよう設定できます。たとえば、教員はユーザが特定の社会問題についてやり取りできるよう、複数のグループへの参加を許可することができます。

グループに参加すると、同じ行に[登録済み]と表示されます。グループ登録後に、別のグループに移ることはできません。

グループへの登録後は、グループのアクティビティを確認して参加できるようになります。


ULTRA :グループ掲示板の採点

掲示板の詳細で成績情報が表示された場合、参加が評価されています。教員は、個々の投稿ではなく、掲示板全体への参加に対して採点します。教員が掲示板にルーブリックを関連付けている場合、[この項目はルーブリックを用いて採点されます]を選択して詳細な情報を表示します。参加する前に採点基準を確認できます。

投稿は、参加締め切りまで作成および編集することができます。締め切り後は、投稿を確認することはできますが、変更することはできません。

掲示板の採点へのアクセスの詳細

アクティビティの表示

掲示板を開くと、新しい回答や返信がハイライト表示され、前回掲示板を開いてから行われたアクティビティが表示されます。また、掲示板の一番上にある[最新の情報に更新]アイコンを使用して、自分が掲示板を開いた後でグループメンバによって投稿された応答や返信を読み込むことができます。

最初のプロンプトに応答を投稿するか、グループメンバの応答に返信できます。投稿する前に自分の応答や返信を再度閲覧する場合は、[ドラフトを保存]を選択できます。

掲示板の投稿への返信の詳細