テキストが消えないようにするには?

コースにテキストを追加する際、インターネット接続の切断やソフトウェアのエラーが発生しても作業の紛失を防ぐことができます。NotepadやTextEditなど、オフラインのシンプルテキストエディタで入力し、作業内容をコピーしてコースに貼り付けできます。

もしくは、提出または保存する前に、追加したいテキストをすべてコピーできます。コピーするには、テキストを選択して右クリックします。キーの組み合わせを使用してコピーと貼り付けを行うこともできます。

  • Windowsの場合[Ctrl + A]でテキストをすべて選択でき、[Ctrl + C]でコピー、[Ctrl + V]で貼り付けできます。
  • Macの場合 :[Command + A]でテキストをすべて選択でき、[Command + C]でコピー、[Command + V]で貼り付けできます。

Microsoft® Wordからテキストを貼り付けるには?

エディタで直接テキストを入力し、利用可能なオプションで書式設定を行うのが最適です。

Wordドキュメントからテキストをコピーし、直接エディタに貼り付けすると、問題が起こることがあります。元の書式設定が思った通りに表示されないかもしれません。また、エディタにテキストを貼り付けた後、書式設定を削除または追加できない可能性があります。書式設定の問題を防ぐために、エディタのオプションを使用して書式設定を削除し、書式設定をし直すことができます。

エディタにテキストを貼り付けた後、Wordの書式設定を削除するには、テキストをすべて選択し、[書式の削除]アイコンをクリックします。すべての書式設定が削除されることを了解した上で、このオプションを使用してください。箇条書き、番号リスト、インデント、行間、中央揃いのテキスト、フォント形式、サイズすべてが削除されます。

また、エディタにテキストを追加する前にNotepadやTextEditなどのオフラインのシンプルテキストエディタに貼り付けることで、書式設定を削除することができます。その後、テキストをエディタに貼り付け、希望通りの書式設定を行います。


テキストを追加するには?

お使いの画面表示と異なる場合。テキストの追加に関する"Ultra"へルプを参照してください

課題、テスト、ディスカッション、ブログ、日誌など、テキストの追加と書式設定ができる場所にエディタが表示されます。

エディタのオプションを使用して、ファイルの添付、マルチメディアの埋め込み、数式、リンク、表の挿入が可能です。コンテンツの表示方法をクリエイティブに管理しながら、順番や表示を柔軟に変更できます。

デフォルトの表示はWYSIWYG (What You See Is What You Get (見たままが得られる)) になっています。[HTMLコードビュー]アイコンを選択し、コードの編集または追加を行います。

テキストを右クリックして、よく使用するオプションにアクセスすることも可能です。カーソルの場所、テキストを選択しているかどうかによって、メニューが変わります。

キーボードを使用してエディタツールバーに移動する場合は、[Alt]+[F10]を押します。Macでは[Fn]+[Alt]+[F10]を押します。最上段の行の左端のアイコンがフォーカスされています。左右の矢印キーを使って、前後に移動することができます。上下の矢印キーでは、別の行に移動できません。矢印キーを使用してその行の最後に移動し、その後、使用可能な上下の次の行に移動します。


ULTRA :テキストを追加するには?

お使いの画面表示と異なる場合。テキストの追加に関する“元の”へルプを参照してください

課題、テスト、掲示板など、テキストを書式設定できる場所には、エディタが表示されます。

箇条書き、番号付きリスト、太字、および斜体設定のテキストを追加できます。[テキストスタイル]メニューを使用して見出しを追加します。

また、数式エディタを起動して、テキストに数式を組み込むこともできます。新しいウィンドウにWIRISエディタが開きます。

キーボードを使用してエディタツールバーに移動する場合は、[Alt]+[F10]を押します。Macでは[Fn]+[Alt]+[F10]を押します。番号付きリストなどのオプションを選択するには、矢印キーを使用します。