ライブラリは、eReserves、電子文書、およびその他の教育機関のリソースを掲示するために使用します。Blackboard Learnとの完全統合により、ライブラリデータの共有および配布を効果的に行うことができます。

デフォルトで、ライブラリ内には以下の2つのメイン領域があります。

  • ライブラリコンテンツ
  • eReserves

ライブラリコンテンツ

ライブラリコンテンツエリアは、教育機関固有のニーズに応じて編成できます。また、ライブラリコンテンツエリアは、学校組織全体でコンテンツを共有することを目的としています。初期設定では、すべてのユーザにはライブラリのすべての項目への読み取り権があります。


eReserves

eReserves領域はライブラリ内のフォルダで、著作権のある文書など、アクセスの制限が必要なデータが含まれます。eReservesは、コースについてのみ使用でき、組織では使用できません。

eReservesは、コースごとに自動的に編成されます。Blackboard Learnでの各コースには、eReservesに対応するコースフォルダがあります。教員、ティーチングアシスタント、またはコース作成者が新しいコースで初めてコンテンツ管理にアクセスした時に、コースフォルダはeReservesに自動的に作成されます。たとえば、歴史のクラスの教員がeReserveフォルダを作成する場合は、eReserveフォルダを選択します。歴史のクラスのコースIDを持つフォルダが自動的にeReserves領域に表示されます。

管理者も自動的にeReservesディレクトリを作成することができます。

eReservesを使用すると、ライブラリ管理者はBlackboard Learn全体のユーザがコンテンツを利用できるようにすることができます。


eReservesコンテンツのアクセス権

コースに登録していて、利用可能であれば、eReservesの対応するフォルダのコンテンツを表示できます。

ゲストとオブザーバーは、たとえ利用可能なコースに関連していても、eReservesフォルダのコンテンツを表示することはできません。

教員はeReserveのコンテンツを読み取り、コースに追加できますが、編集または削除はできません。

eReserveのコンテンツを追加または編集できるのは、ライブラリ管理者だけです。管理者がこのコンテンツの読み取り、書き込み、編集、および管理権を付与し、eReserveのライブラリ管理者を指名します。


eReservesを開く

[ライブラリコンテンツ] > [eReserves]に移動して、コンテンツ管理のeReservesを見つけます。

[フォルダの検索]オプションを使用すると、eReserveライブラリ管理者は非常に簡単にeReserveコースフォルダにアクセスすることができます。このツールを使用して、ライブラリ管理者はアクセス権のあるeReserveコースフォルダを選択し、コンテンツ管理メニューに表示させることができます。

ライブラリ管理者がコースに登録されている場合、コースフォルダがライブラリ管理者のeReserve領域に自動的に表示されます。