この情報は、従来のコースビューのみに適用されます。利用可能なツールは、あなたの教育機関によって管理されています。

教育機関のQwicklyの設定方法によっては、すべての機能が利用できないことがあります。

QwicklyはBlackboard Learnのツールで、クラウドストレージプラットフォームからコースに課題を送信したり、ファイルを追加することができます。このプラットフォームには、Google Docs、Dropbox、OneDriveが含まれます。[所属教育機関]タブまたはコース内のモジュールでQwicklyを使用することができます。

モジュールから、次のタスクを実行できます。

  • 教員にEメールを送信する
  • コンピュータまたはクラウドから課題ファイルを送信する
  • クループメンバにEメールを送信する

コース内では、Qwicklyを使用して課題を提出したり、エディタでマッシュアップツールを使用してクラウドコンテンツを追加することができます。


Qwicklyモジュール

Qwicklyモジュールから、さまざまな機能を実行できます。

それらの使い方の動画チュートリアルについては、学生の体験モジュールを参照してください。

教員にEメールを送信する

ホームページのリンクをクリックするだけで1人または複数の教員にEメールを送信できます。コンピュータやクラウドストレージプラットフォームからもファイルを送信できます。

グループにEメールを送信する

[グループEメールの送信]を使用して、コース内の所属グループにEメールを送信することができます。

課題の提出

[課題の送信]を使用して、コンピュータまたはクラウドストレージプラットフォームからファイルを送信できます。課題を送信した後は、[課題の送信]のリストから課題が消えます。課題はコースまたは期日 (教員が指定した場合) ごとに表示することができます。


コース内でQwicklyを使用する

それらの使い方の動画チュートリアルについては、学生の体験コースを参照してください。

モジュールを使用して、課題を送信することができます。コース内で課題を送信する方法は、教員が作成した課題の種類によって変わります。

クラウドの課題は、Qwicklyで作成されます。コースでは、それらの課題にクラウドアイコンが表示されます。クラウドの課題を開くと、「Qwicklyクラウドの課題」がページ上部に表示されます。

ネイティブ課題は、Blackboard Learnの通常の課題です。教員はクラウドファイルへのリンクを挿入できますが、ネイティブ課題を開くと、[課題のアップロード]ページに移動します。

クラウドの課題の送信

  1. コースのコンテンツ領域にある課題のリンクを選択します。
  2. Google Docsなどファイルがある場所を選ぶか、コンピュータでファイルを参照します。
  3. ファイルを添付して送信すると、課題の提出が完了します。

Blackboard Learnのネイティブ課題の送信

コース内からBlackboard Learnのネイティブ課題を送信する場合、エディタのマッシュアップツールを使用してクラウドドキュメントへのリンクを追加できます。

  1. エディタで、[マッシュアップ]メニューを開いてオプションをすべて表示します。
  2. [Qwicklyのクラウドファイルのリンク]を選択します。
  3. 表示されるウィンドウで、ファイルの保存場所を選択して、ファイルを探します。
  4. ファイルへのリンクのテキストを入力します。
  5. [送信]を選択して、エディタにリンクを挿入します。

課題の提出領域に、ファイルがリンクとして表示されます。


コース内でクラウドコンテンツを追加する

同様の方法で、掲示板などエディタを使用する他のコース領域にクラウドドキュメントを追加することができます。

  1. ファイルを追加したいコース領域に移動します。
  2. エディタで、[マッシュアップ]メニューを開いてオプションをすべて表示します。
  3. [Qwicklyのクラウドファイルのリンク]を選択します。
  4. 表示されるウィンドウで、ファイルの保存場所を選択して、ファイルを探します。
  5. ファイルへのリンクのテキストを入力します。
  6. [送信]を選択して、エディタにリンクを挿入します。