課題の送信

このページで

    課題はどこで確認できますか?

    お使いの画面表示と異なる場合。課題へのアクセスに関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

    インストラクタはコースのさまざまな領域に課題を追加することができます。学生は「課題」と呼ばれるコースメニューのリンクから課題にアクセスできます。また、インストラクタは各週のコンテンツに課題を埋め込んでいることがあります。コースの構成について質問がある場合は、インストラクタに尋ねましょう。

    インストラクタはグループ課題を作成し、通常の課題と同じ領域でアクセス権を提供することもできます。グループ課題は、コースメニュー後ろの[所属グループ]パネルにも表示されます。

    グループ課題へのアクセスと送信の詳細

    教員は、特定の日付以降や特定のタスク完了後に一部の課題を公開することがあります。たとえば、講義を読んで既読のマークを付けなければ課題にアクセスできない可能性があります。表示されるはずの課題が表示されない場合は、インストラクタに問い合わせてください。

    [課題提出・資料配布]は、Blackboard Learnで課題ツールに置き換えられました。教員から[課題提出・資料配布]への送信を求められた場合は、別の方法を教員に問い合わせてください。


    課題の提出

    お使いの画面表示と異なる場合。課題の提出に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

    課題を終了したら、[送信]を選択する必要があります。そうでないと、インストラクタは完了した課題を受け取ることができません。

    インストラクタが複数回の送信を許可していない場合、課題は一度しか送信できません。[送信]を選択する前に、必要なファイルがすべて添付されていることを確認してください。

    1. 課題にアクセスします。[課題のアップロード]ページで指示、期日、満点の得点を確認し、インストラクタから提供されたファイルをダウンロードします。インストラクタが成績評価にルーブリックを追加している場合は、それが表示されます。
    2. [テキスト情報の入力]を選択して、提出用のテキスト情報を入力できる場所を展開します。エディタの機能を使用して、メッセージのテキストの書式を設定することができます。コンテンツの表示方法をクリエイティブに管理しながら、順番や表示を柔軟に変更できます。
    3. [マイコンピュータの参照]を選択して、ファイルをコンピュータからアップロードします。

      -または-

      コンピュータから[添付ファイル]領域の「ホットスポット」にファイルをドラッグします。ブラウザで許可されていれば、ファイルのフォルダをドラッグできます。ファイルは個別にアップロードされます。フォルダをアップロードした後、課題の提出がブラウザで許可されない場合、フォルダの行の[添付しない]を選択して削除します。ファイルを個別にドラッグし、もう一度送信することができます。

      このリンクにはファイル名を使用することも、別の名前を指定することもできます。

    4. オプションで、提出に関する[コメント]を入力します。
    5. 送信]を選択します。[提出履歴の確認]ページが開き、提出された課題に関する情報と、送信成功のメッセージおよび確認番号が表示されます。この番号は、提出した証拠としてコピーし、保存してください。複数回提出した課題の場合、提出ごとに異なる番号が表示されます。所属教育機関が提出物を受領したことをEメールで通知するように設定している場合は、コースワークを提出するたびに確認番号と詳細を示すEメールも受信します。

      所属教育機関で使用しているBlackboard Learnのバージョンが古い場合は、ドラッグ操作によるファイルのアップロード、確認番号の表示、Eメールでの提出物受領通知を行うことはできません。

    JAWSを使用した課題の送信の詳細

    教育機関がQwicklyを使用している場合、DropboxやGoogle Docsなどのクラウドベースのストレージアカウントに保存されたファイルを課題に添付できます。

    Qwicklyを使用した課題へのファイルの添付の詳細


    ドラフトとして課題を保存し、後で送信する

    お使いの画面表示と異なる場合。課題の保存に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

    作業を保存して、後で作業を続けるには、[課題のアップロード]ページで[ドラフトの保存]を選択します。テキストおよびファイルは、このページに表示されます。後で戻って作業を再開することができます。

    1. 課題に戻り、課題のタイトルを選択します。
    2. [提出履歴の確認]ページで[続行]を選択します。
    3. [課題のアップロード]ページで変更を行います。
    4. オプションで、提出に関する[コメント]を入力します。
    5. 送信]を選択します。[提出履歴の確認]ページが開き、提出した課題に関する情報が表示されます。

    課題を終了したら、[送信]を選択する必要があります。そうでないと、インストラクタは課題を受け取ることができません。


    課題の再送信

    インストラクタは、さまざまな理由で複数回の課題送信を許可することがあります。たとえば、最初のドラフトにインストラクタがコメントを提供し、学生が作業の向上に取り組めるようにするなどです。

    課題を送信した後に、間違いに気づくこともあるかもしれません。しかし、課題の再送信は許可されていません。インストラクタに連絡して課題を再送信する機会について要求してください。

    再送信が許可されている場合は、コース内の課題リンクを選択します。[提出履歴の確認]ページに[新規で開始]が表示されます。


    匿名で採点された課題

    [課題のアップロード]ページで、グループの課題が匿名で採点されるように設定されているかどうかが学生に示されます。

    採点中、インストラクタに学生の氏名は表示されません。インストラクタは偏見を排除するために匿名で採点することを選択できます。

    提出する課題に個人を特定できる情報を含めないようにする必要があります。アップロードするファイルへの氏名の追加やコメントでの氏名の使用は避けてください。


    ULTRA :課題へのアクセス

    [コースコンテンツ]ページで、課題のタイトルを選択します。インストラクタは、フォルダを使って課題を整理している場合もあります。

    また、インストラクタはグループ課題を作成することもできます。グループ課題のタイトルの後にグループ名が表示されます。

    グループ課題の提出に関する詳細

    課題には、アクティビティストリームからアクセスできます。教員が期日を追加した場合は、カレンダーからアクセスできます。課題の期日が過ぎている場合は、アクティビティストリームの[重要]セクションにアラートが表示されます。

    課題を選択すると、[詳細情報]パネルが表示されます。期限日、許可された答案、時間制限 (設定されている場合)、最終的なゴール、および採点のルーブリックを確認できます。

    開始するには、[答案を開始]を選択します。課題を開始済みである場合、追加した回答はすべて保存されています。[答案を続行]を選択すると、テストを再開できます。

    回答遅延

    期限日を過ぎてから課題を開くと、提出が遅延としてマークされているというアラートが表示されます。このアラートは[詳細情報]パネルとテストページに表示されます。[詳細情報]パネルでは、遅延している提出や、遅延しそうな提出も確認できます。

    課題のページにも、提出物の遅延が表示されます。

    複数回提出された答案の成績についての詳細


    ULTRA :添付ファイルの表示

    教員が、読む必要のあるファイルや、課題の完了に使用するファイルを添付していることがあります。教員が、ファイルの表示方法を、インライン形式または添付形式のどちらかから選択しています。

    インラインで表示される画像ファイルの場合、この画像を選択して独立して表示することができます。次のセクションでは、インラインで表示される画像を表示できます。

    インラインで表示されるビデオや音声ファイルの場合、再生、一時停止、音量コントロールを管理できます。ビデオファイルの場合、ビデオを全画面で表示できます。

    添付ファイルとして表示されるメディアファイルの場合、ファイルのメニューを使用して表示します。[ファイルをダウンロードする]を選択すると、新しいウィンドウまたはタブでファイルが開きます。[ファイルを表示する]オプションで、コースページにファイルが開きます。


    ULTRA :課題を提出する

    お使いの画面表示と異なる場合。課題の提出については、「従来の」ヘルプに移動してください。

    手順の表示。課題を完了させるために必要なすべての情報は教員から提供されます。

    期限を忘れないようにする。教員が課題に期限を設けている場合、あとどのくらいの時間が残されているかを確認できます。画面下部にカウントダウンが表示され、期限が近づいていることを通知してくれます。

    ドラフトを保存したり、答案を回答中のままにしておいても、タイマは動作を続けます。

    ファイルを追加する。[ファイルの追加]を選択して、ドキュメントをアップロードできます。または、[OneDrive]を選択して、自分のOneDriveアカウントのファイルを参照できます。

    小型のデバイスからは、課題のためにOneDriveにアクセスすることはできません。BlackboardアプリではOneDriveを使用できます。

    提出物を作成する。[テキストを追加する]を選択して、ページの提出書を入力して作成します。エディタの機能を使用して、テキストの書式を設定できます。作業は入力と同時に自動保存されます。課題のアップロードが済んでいる場合、このスペースを利用して、教員への注記を入力したり、提出の補足をすることができます。

    キーボードを使用してエディタツールバーに移動する場合は、[Alt]+[F10]を押します。Macでは[Fn]+[Alt]+[F10]を押します。番号付きリストなどのオプションを選択するには、矢印キーを使用します。

    会話に追加する。教員が会話を有効にしている場合は、スピーチ吹き出しアイコンを選択します。課題についての会話には、担当教員など誰でも参加することができます。会話については、次のセクションでさらに詳しく説明します。

    教員へのプライベートコメントを追加する。送信する課題に、教員へのプライベートコメントを含めることができます。[質問やコメントを含める]を選択して入力を開始します。

    提出の準備ができていない場合[ドラフトの保存]を選択し、作業を保存して後で作業を続けます。テキスト、コメント、およびファイルは、このページに表示されます。後で戻って作業を再開することができます。

    課題を提出する。完了した場合教員に課題を採点してもらう準備ができたら、[提出]を選択します。提出すると、提出日時を記載したパネルが表示されます。パネル下部の「提出を表示する」リンクを選択すると、提出内容が表示されます。

    教員により、答案の提出が1回に制限されている場合は、提出後に作業を編集することはできません。教員が複数回の答案の提出を許可しており、期日を過ぎてから提出する場合は、その答案には期限遅れのマークが付きます。期日前に提出した答案には、期限遅れのマークは付きません。

    課題を終了したら、[送信]を選択する必要があります。そうでないと、教員は完了した課題を受け取ることができません。


    ULTRA :ルーブリックの表示

    教員が課題への採点用にルーブリックを追加している場合、課題を開く前および回答を開始した後に表示できます。[この項目はルーブリックを使用して採点されています]を選択すると、ルーブリックが表示されます。

    必要に応じて、ルーブリックを課題の指示と共に表示させておくことができます。各ルーブリック条件を展開すると、達成度が表示されます。また、採点対象の作業の要件を満たすまでの取り組みが整理されて表示されます。


    ULTRA :会話への参加

    送信する課題に、教員へのプライベートコメントを含めることができます。課題ページの[課題の詳細]セクションで、[質問とコメントを含める]を選択します。入力した内容は、教員にのみ表示されます。

    他の人を含めるには課題についての助けを求めたり、ソースを共有したり、他の人の疑問に答えることができます。

    インストラクタが会話を有効にしている場合、右上隅の吹き出しアイコンを選択します。クラスメートが書き込んだ内容を読んだり、考えを書き込むことができます。オプションで、エディタの機能を使用して、テキストの書式を設定することができます。

    キーボードを使用してエディタツールバーに移動する場合は、[Alt]+[F10]を押します。Macでは[Fn]+[Alt]+[F10]を押します。番号付きリストなどのオプションを選択するには、矢印キーを使用します。

    会話の展開に応じて、関連する課題のみが表示されます。会話は、掲示板ページには表示されません。

    寄稿は編集できませんが、[削除]アイコンを選択して寄稿を削除することができます。必要に応じて、教員は任意の寄稿を削除できます。


    ULTRA :制限時間のある課題

    教員が、課題の提出までの時間を制限している場合があります。時間制限がある場合、課題の他の詳細と共に、[課題の詳細]ページの[コースコンテンツ]ページ、および作業中の課題内に表示されます。

    タイマは、[受験を開始する]を選択するとすぐに開始されるため、受験の準備が整っていることを確認してください。

    教員が、答案を複数回提出できるように設定している場合、この時間制限は各回答に適用されます。

    タイマはウィンドウの下部に表示され、残り時間がどのくらいかを把握することができます。時間切れになると、内容が自動的に送信されます。その課題に実際に取り組んでいるかどうかに関係なく、タイマは進みます。ドラフトを前もって保存したり、課題ウィンドウをそのままにしておいた場合も、カウントダウンは続き、時間切れになると課題が提出されます。