マッシュアップとは

コースでテキストを追加して書式を設定する場合、他のWebサイトからコンテンツにソーシャルメディアを追加できます。コースに表示されるこれらのソーシャルメディア要素は、「マッシュアップ」と呼ばれます。マッシュアップは、複数のソースからの要素を組み合わせたものです。たとえば、YouTube™ビデオをコースコンテンツの一部として表示すると、マッシュアップを利用していることになります。

マッシュアップはテストの問題、掲示板、課題の中で、もしくは独立したコンテンツとして表示されます。また、映画のクリップを追加したり、写真を日誌、ブログ、Wikiに追加したりできます。

マッシュアップのタイプ

教育機関と教員が、エディタで利用できるマッシュアップの種類を決めます。一般的に、メニューには次のタイプが含まれます。

  • Flickr® : 写真画像を共有します。
  • SlideShare :スライドプレゼンテーション、文書、またはAdobe PDFポートフォリオを共有します。
  • YouTube : オンライン動画を共有します。
  • Dropbox :Dropboxアカウントからファイルを共有します。

エディタでのマッシュアップの追加

お使いの画面表示と異なる場合。エディタでのマッシュアップの追加に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

ソーシャルメディア要素を追加する場合、エディタにアクセスします。[マッシュアップの挿入]アイコンを選択して、[YouTube動画]など、検索するタイプを選択します。

検索ページで、キーワードを入力して、[検索]を選択します。ソート可能な項目のリストが表示されます。検索結果として返される項目数およびページ数を参照することもできます。

[プレビュー]が使用できる場合、ウィンドウで項目を表示できます。説明にリストされているURLを使用して、動画をプレビューすることもできます。

検索結果を参照したら、項目を選択します。提供されている項目のタイトルを使用しない場合は、タイトルを変更できます。


マッシュアップオプションの設定

画面でのマッシュアップの表示方法を選択できます。

  • 埋め込み : マッシュアップは画面に直接表示されます。
  • サムネイル : [表示]機能により、マッシュアップの小さな画像が表示されます。
  • プレイヤーのテキストリンク:マッシュアップへのリンクが表示されます。このオプションは、写真には表示されません。ただし、写真のサイズは設定できます。

[URLの表示]で[はい]を選択して、Webサイトへのリンクを作成します。YouTube動画の場合、再生終了時におすすめ動画を表示しないようにするには、[いいえ]を選択します。

[情報の表示]で[はい]を選択して、マッシュアップの長さ、作成者の名前、およびマッシュアップが追加された日付を表示します。

送信する前に、[プレビュー]を選択して、コンテンツ内でのマッシュアップの外観を確認します。変更を行う場合はプレビューウィンドウを閉じます。

元のWebサイトでマッシュアップのURLが変更、または削除される場合があり、この場合はコースでエラーが発生します。


YouTube動画の閲覧

この機能は以前、Video Everywhereと呼ばれていました。この情報は、元のコースビューにのみ適用されます。教育機関と教員が、エディタでこのオプションを利用できるかを決めます。

コースでテキストを追加および書式設定する場合、エディタで自分のYouTube動画を追加できます。たとえば、掲示板スレッドで動画を共有できます。

プロンプトが表示されたら、Googleアカウントを使用してYouTubeにサインインします。新しいウィンドウが開きますこのウィンドウが表示されない場合は、ブラウザのポップアップ設定を確認してください。[承認]を選択して、BlackboardサーバでYouTube動画にアクセスできるようにします。

自身のGoogleアカウントでYouTubeへアクセスがまだ有効化されていない場合は、新しいブラウザタブを開いてYouTubeにログインするためのプロンプトが表示されます。YouTubeにログインしたら、動画をアップロードして保存するためのYouTubeチャンネルを作成します。[アクセス許可]を選択します。

[参照]を選択して、追加したい動画を検索します。[挿入]を選択して、エディタに動画を挿入します。ビデオの表示方法を設定する2種類のオプションを使用できます。

  • インプレース再生:現在の位置で動画を再生します。閲覧者は動画のサイズを変更できます。エディタ内の動画が表示される場所にプレースホルダが表示されます。
  • サムネイル : 動画の小さな画像が表示されます。

ビデオのアクセス許可

YouTubeに動画をアップロードしたら、クローズドキャプションと書き起こし原稿を追加できます。キャプションとトランスクリプトは、聴覚に障害のある人が動画の音声を理解するうえで役立てることができます。また、キャプションは異なる言語を話す人や学習障害のある人が動画の内容を理解するうえで役立てることができます。

YouTubeのトランスクリプションツールで動画の音声からキャプションを自動的に保存する場合、動画をアップロードしてから1~24時間かかります。キャプションが使用できる場合、YouTubeツールバーに[キャプション]リンクが表示されます。トランスクリプションが完成したら、内容が正確になるようにキャプションを編集する必要があります。

  1. YouTubeツールバーで[キャプション]を選択します。
  2. 英語版では、右側のパネルの[automatic captions]を選択します。
  3. インラインテキストエディタが開きます。各フレームのテキストボックスで直接編集できます。テキストファイルをダウンロードして、ご使用のコンピュータでテキストエディタを使用して編集し、YouTubeに再度アップロードすることもできます。
  4. [完了]を選択します。

最新の詳細な説明については、YouTubeのヘルプにアクセスし"キャプション"を検索してください。


プライバシー設定

記載なしの動画は、YouTubeの検索では表示されません。リンクを知っているユーザのみがアクセスできます。ただし、プライバシーが完全に保証されるわけではありません。[記載なし]の設定を使用すると、作成者は、動画を視聴可能なユーザを明示的に指定することなく、その動画を簡単に公開して共有できます。その動画が公開されている場所にアクセスできるユーザであれば、その動画を視聴できます。ユーザは、動画上のYouTubeロゴを選択して、記載なしの動画をYouTube.comサイト上で視聴することもできます。

プライバシー設定を「プライベート」に変更できます。動画ライブラリから、動画を編集して、YouTubeのクリップ編集設定でその動画をプライベートに変更します。動画をプライベートに変更すると、作成者が明示的に指定したユーザのうち、Googleアカウントを持つユーザのみがその動画を視聴できます。プライベートの動画は、ライブラリ内で鍵マーク付きで表示されます。プライベートの動画を視聴できるのは、投稿者および指定ユーザのみです。


ULTRA :エディタでのウェブコンテンツの挿入

お使いの画面表示と異なる場合。エディタでのマッシュアップの追加に関する"元の"ヘルプを参照してください。

現時点でサポートされているWebコンテンツプロバイダはYouTubeのみです。その他のWebコンテンツプロバイダのサポートも、まもなく開始されます。

[ウェブコンテンツの挿入]オプションを使用して、動画コンテンツをエディタ上で直接参照して追加します。コースを離れてリンクを探す必要はありません。動画をリンクとして表示するか、動画を埋め込んで他に含めるコンテンツとともに表示されるようにするかを選択できます。他のユーザは、動画のホストサイトに移動する必要がなく、同じウィンドウ内で動画を視聴できます。

  1. エディタで、[ウェブコンテンツの挿入]を選択します。
  2. 検索語句を入力して、関連する動画を検索します。
  3. フィルタオプションを使用して、検索結果のリストを調べます。検索結果の順序はYouTubeによって決定されます。
  4. リストから動画を選択します。
  5. [コンテンツの設定を編集]パネルで、スクリーンリーダーを使用するユーザや動画の読み込みができないユーザのために、動画を説明する代替テキストを追加します。
  6. 動画をリンクとして表示するか、インラインにして、他に含めるコンテンツとともに表示されるようにするかを選択できます。ブラウザがインライン表示をサポートしていない場合、動画はリンクとして表示されます。
  7. [挿入]を選択します。