教員と教育機関が、元のコースビューで利用できるツールを制御しています。

ファイルおよびマルチメディアについて

お使いの画面表示と異なる場合。ファイルとマルチメディアの追加に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

コースでコンテンツを作成するときに、ファイル、画像、動画、音声を追加できます。たとえば、掲示板では、コンピュータまたは (アクセス権があれば) コンテンツ管理のメディアクリップを参照できます。

コンテンツタイプに基づいて、エディタの機能を使用して、テキストにコンテンツを埋め込むことができます。コンテンツの表示方法をクリエイティブに管理しながら、順番や表示を柔軟に変更できます。

場合によっては、別の添付ファイルセクションでファイルを参照できます。

他のウェブサイトのソーシャルメディアをコンテンツに追加できます。コースに表示されるこれらのソーシャルメディア要素は、「マッシュアップ」と呼ばれます。マッシュアップは、複数のソースからの要素を組み合わせたものです。たとえば、YouTube™ビデオをコースコンテンツの一部として表示すると、マッシュアップを利用していることになります。

マッシュアップの詳細


コンテンツへのファイルの追加

お使いの画面表示と異なる場合。ファイルの追加に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

コース内でファイルを添付できる場所ならどこでも、[マイコンピュータの参照]機能を使用してファイルを選択できます。コンテンツ管理へのアクセス権を持っていれば、一部のコンテンツタイプで[コンテンツ管理を参照]機能を使用できます。

エディタの[ファイルの挿入]機能を使用するときに、コンテンツ内でファイルリンクを表示する正確な場所を決定できます。

[コンテンツ管理を参照]ウィンドウにはタブと機能が含まれているので、簡単にファイルを参照し、検索できます。

  1. [参照]、[アップロード]、および[詳細検索]タブ :
    • アクセスできるコンテンツ管理フォルダを参照します。
    • 1つのファイル、複数のファイル、またはzipされたパッケージをアップロードします。
    • 詳細検索を実行します。ファイルとフォルダの名前、メタデータ、ファイルコンテンツ、作成日、などを検索できます。
  2. [ビューリスト]と[サムネイルの表示]:ファイルとフォルダを、ファイル名のリストまたはサムネイルアイコンとして表示します。
  3. ブレッドクラム : 他のフォルダに移動します。
  4. [コンテンツの検索]:ファイル名およびフォルダ名の基本検索を実行します。
  5. コンテンツ項目に含めるファイルとフォルダを選択するには、チェックボックスを使用します。表示可能なすべての項目を選択するには、ヘッダーのチェックボックスをオンにします。
  6. [選択された項目]:選択したファイルとフォルダは、この領域に表示されます。[リストを表示]アイコンを選択して、選択内容を表示します。項目を削除するには、[X]を選択します。

コンテンツ管理の詳細

Dropboxからのコンテンツのアップロード

自分の教育機関で、Dropbox Educationとの統合が許可されている場合は、Dropboxのコンテンツを直接、ほとんどのコンテンツエリアで使用可能なBlackboard Learnマッシュアップ機能にリンクすることができます。また、Dropboxから直接ファイルをアップロードして課題を送信することができます。

Blackboard Learnから初めてDropbox Educationにアクセスした際、アカウントを作成するか、現在のアカウントをそのまま認証するかを選択するよう指示されます。ログインしたら、Dropboxを参照し、アップロードしたいコンテンツを選択します。


エディタでの画像の追加

お使いの画面表示と異なる場合。エディタでのイメージ追加に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

画像をテキストのどこに表示させるかを決めることができます。[画像の挿入/編集]アイコンを選択して、画像をテキスト領域に埋め込むか、選択した既存の画像を編集します。あるいは、右クリックメニューを使用して画像を埋め込む、または編集します。すでにテキスト領域に追加した画像のサイズ調整もできます。画像のコーナーまたはサイドをクリックしてドラッグします。

GIF、JPG、JPEG、BMP、PNG、TIFなどの一般的な画像のタイプを追加できます。

画像をテキストに埋め込まずに表示する場合は、[ファイルの挿入]アイコンを選択します。画像ファイルを参照し、ユーザが選択して別のウィンドウまたはタブで画像を表示するためのリンクを作成します。コースの一部の領域では、コンピュータからファイルをドラッグアンドドロップしたり、[マイコンピュータの参照]オプションを使用したりすることもできます。

画像の設定

[一般]タブで、画像ファイルをアップロード、またはシステム外のファイルへのリンクを作成できます。リンクを作成するには、[画像のURL]ボックスにURLを入力するか貼り付けます。必ずhttp://プロトコルを使用してください。

スクリーンリーダーを使用するユーザや画像をオフにしてWebページを表示するユーザのために、画像を説明する代替テキストを追加できます。ユーザが画像をポイントしたときに表示されるタイトルを追加することも可能です。

[外観]タブでは、画像の配置と外観を調整できます。選択内容がどのように表示されるかは、サンプルサムネイルに表示されます。サイズ、スペースおよび境界線にはピクセルが使用されます。[縦横比を保持]チェックボックスをオンにしてサイズを変更すると、画像が変形せずにサイズが変更されます。

画像をテキストのブロックの右または左に表示する場合、最初にテキストをエディタに入力します。次に、カーソルをテキストの開始位置に移動して、そこに画像を挿入します。画像を[一般]タブに追加したら、[外観]タブに移動して、配置、サイズ、および画像周りのスペースを選択します。

[詳細]タブでは、マウス動作に基づいて代替画像を指定できます。追加のID、言語、およびリンクパラメータを設定することもできます。通常は、これらを設定したり、変更する必要はありません。


エディタでのメディアファイルの追加

お使いの画面表示と異なる場合。エディタでのメディアファイルの追加に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

メディアファイルをテキストのどこに表示させるかを決めることができます。[埋め込みメディアの挿入/編集]アイコンを選択して、メディアクリップをテキスト領域に埋め込むか、選択した既存のメディア項目を編集します。右クリックメニューを使用して、選択した既存のメディアクリップのプロパティを編集することもできます。

メディアファイルをテキストに埋め込みたくない場合は、[ファイルの挿入]アイコンを選択します。メディアファイルを参照し、別のウィンドウまたはタブでメディアを表示するためにユーザが選択するリンクを作成します。

メディア設定

メニューから、追加するメディアタイプを選択します。メディアファイルをアップロード、またはシステム外のファイルへのリンクを作成できます。リンクを作成するには、[ファイル/URL]ボックスにURLを入力するか貼り付けます。必ずhttp://プロトコルを使用してください。動画のプレビューが表示されます。

サイズについては、ピクセルで表示されるサイズを追加できます。設定しない場合は、実際のサイズがボックスに入力されます。

[縦横比を保持]チェックボックスをオンにして大きさを追加すると、ファイルが変形せずにサイズ変更されます。ウィンドウ内でファイルをプレビューできます。

[詳細]タブでは、詳細表示パラメータを設定できます。たとえば、埋め込みメディア周りのスペースの垂直および水平余白である[上下余白]と[左右予約]を設定できます。

また、以下のようなFlashメディア固有のオプションも設定できます。

  • 自動再生:自動的に再生します。
  • ループ処理 :自動的に繰り返し再生します。

[ソース]タブでは、カスタムメディアHTMLコードを入力できます。この機能は、経験豊富なWeb開発者用として用意されています。


ULTRA :ファイルおよびマルチメディアの追加

お使いの画面表示と異なる場合。ファイルの追加に関する"元の"ヘルプを参照してください。

作業を提出する場合、クラウドストレージまたはコンピュータにあるファイルを参照できます。ドキュメント、動画、音声、画像を追加できます。

クラウドストレージの詳細

DOC、DOCX、HTM、HTML、MP3、MPG、PDF、PPT、PPTX、XLS、XLSX、RTF、TXT、ZIPなどのファイルタイプとほとんどの画像タイプがサポートされています。

追加できるファイルのタイプの詳細

課題の詳細

現在、教員はGoogleドキュメント (.gdoc)、スプレッドシート (.gsheets)、スライド (.gslides) などGoogleドライブのネイティブファイル形式で提出されたファイルをプレビューしたり、ファイルに注釈をつけたりすることはできません。


ULTRA :エディタでの画像の挿入

お使いの画面表示と異なる場合。エディタでの画像の追加に関する"元の"ヘルプを参照してください。

Ultraコースの一部の領域では、エディタ機能を使用してテキストコンテンツとともに画像を追加できます。オンラインまたはクラウドストレージでホストされている画像を追加できます。ローカルドライブから画像をアップロードすることもできます

大きな画像を追加する場合、画像を別途テキストリンクとして含めたいことがあります。そうすれば、クラスメートや教員がテキストを読み取ることができると同時に、リンクを選択して、別画面で画像をよりはっきりと表示することができます。

[Webから画像を挿入/編集]アイコンを選択します。オンラインでホストされている画像を埋め込むには、画像URLを入力またはペーストします。必ずhttp://プロトコルを使用してください。画像を表示できないユーザが画像の重要性を理解できるように、画像の説明を[代替テキスト]ボックスに記載してください。

画像のソースまたは代替テキストを編集するには、エディタで画像を選択し、[Webから画像を挿入/編集]アイコンを選択します。


ULTRA :エディタでのメディアファイルの挿入

お使いの画面表示と異なる場合。エディタでのメディアファイル追加に関する"元の"ヘルプを参照してください。

Ultraコースの特定の領域では、エディタでファイルをアップロードできます。テキスト以外に添付ファイルを使用して、自分の考えを発表できます。たとえば、掲示板での自分の発言の根拠としてドキュメントを追加したいと思うことがあります。

エディタではMP4形式の動画のインライン表示のみ可能です。必要に応じて、MOV、MPEGなどの他のファイルタイプを使用する動画をダウンロードすることもできます。カレンダー項目のエディタで添付ファイルを追加することはできません。

[コンテンツの挿入]>[ローカルファイルの挿入]を選択します。コンピュータからファイルを参照します。ステータスウィンドウが開き、ファイルアップロードの進捗状況が表示されます。

表示名、代替テキスト、表示動作など、ファイルの設定を編集できます。エディタ内でリンクとしてファイルを挿入するか、またはファイルが追加した他のコンテンツとともにインラインで表示されるように直接埋め込むかを選択します。

ファイルの代替テキストまたは表示動作を編集するには、エディタでファイルを選択し、[添付ファイルの編集]アイコンを選択します。

ほとんどのブラウザでは、JPEG、GIF、PNG、MP3、FLAC、WAV、MP4などのファイルタイプがサポートされています。


ULTRA :エディタでの動画の挿入

エディタに動画を直接挿入するには、[Webから動画を挿入/編集]オプションを選択します。動画は自動的に埋め込まれ、追加した他のコンテンツの横に表示されます。クラスメートは、動画のホストサイトに移動することなく、同じウィンドウ内で動画を視聴できます。

現時点で挿入できるのはYouTubeとVimeoの動画だけです。

  1. エディタで[Webから動画を挿入/編集]を選択します。
  2. 動画のソースURLを貼り付けます。
  3. スクリーンリーダーを使用するユーザや動画を読み込むことができないユーザのために、動画を説明する代替テキストを追加します。
  4. [挿入]を選択します。動画は自動的にエディタに埋め込まれます。

ULTRA :エディタでのウェブコンテンツの挿入

現時点でサポートされているWebコンテンツプロバイダはYouTubeのみです。その他のWebコンテンツプロバイダのサポートも、まもなく開始されます。

[ウェブコンテンツの挿入]オプションを使用して、動画コンテンツをエディタ上で直接参照して追加します。コースを離れてリンクを探す必要はありません。動画をリンクとして表示するか、動画を埋め込んで他に含めるコンテンツとともに表示されるようにするかを選択できます。他のユーザは、動画のホストサイトに移動する必要がなく、同じウィンドウ内で動画を視聴できます。

  1. エディタで、[ウェブコンテンツの挿入]を選択します。
  2. 検索語句を入力して、関連する動画を検索します。
  3. フィルタオプションを使用して、検索結果のリストを調べます。検索結果の順序はYouTubeによって決定されます。
  4. リストから動画を選択します。
  5. [コンテンツの設定を編集]パネルで、スクリーンリーダーを使用するユーザや動画の読み込みができないユーザのために、動画を説明する代替テキストを追加します。
  6. 動画をリンクとして表示するか、インラインにして、他に含めるコンテンツとともに表示されるようにするかを選択できます。ブラウザがインライン表示をサポートしていない場合、動画はリンクとして表示されます。
  7. [挿入]を選択します。