従来のコースビューで利用可能なツールは、あなたの教育機関によって管理されています。Ultraコースビューでは、インストラクタはテストを常に利用できますが、匿名で提出されるアンケートはまだサポートされていません。

正解の表示

アセスメント設定を選択すると、学生の提出後、自動的に採点される問題の正解を学生に表示することができます。たとえば、複数の答案のアセスメントで間違えた問題だけを学生に表示して、正解は表示したくない場合があります。また、すべての学生が提出を完了するまで正解を非表示にすることもできます。

アセスメント設定パネルでは、[正解を表示]および[得点を表示]はデフォルトでは選択されません。したがって、問題ごとの正解と得点は学生に表示されません。学生にアセスメントのコンテンツとともに解答を確認させたい場合は、設定パネルに戻って[正解を表示]を選択します。[得点を表示]は自動的に選択されます。正解を表示する場合は、得点も表示する必要があります。問題ごとの得点を表示して正しい解答を表示しない場合は、[正解を表示]チェックボックスをオフにします。

設定した期限日はこの設定に影響しません。すべての学生に正解を示す準備ができたら、チェックボックスを選択します。

学生がアセスメントを完了し、確認のために戻るとアセスメントの上部にバナーが表示されます。これは、すべての学生が提出した後に教員が正解を公開することを知らせるものです。成績が投稿されるまで、提供したフィードバックは表示されません。

学生に問題なしでアセスメントのバナーを表示したくない場合は、作成時に[正解を表示]のチェックボックスを選択します。

自動フィードバック

自動フィードバックを使用すると、自動採点された個別の質問タイプに対してフィードバックを提供できます。学生は、教員が設定したリリースタイミングに基づいてフィードバックを自動的に受信します。現時点では、質問レベルでフィードバックを追加することができます。 

トグルを選択して自動フィードバックを有効化します。教員のフィードバックを正解へのフィードバックと不正解へのフィードバックに入力します。不正解へのフィードバックは部分的な評価の回答に対しても表示されます。デフォルトでは、自動フィードバックは学生の提出後に表示されます。リリースタイミングの設定を変更するには、編集アイコンを選択します。提出後または特定の日にフィードバックを表示します。 [正解を表示]を選択する場合、自動フィードバック設定は正解を表示する日時と同時か、それよりも前に表示する必要があります。


アクセスコードについて

アクセスコードを使用してアセスメントのセキュリティ階層を追加します。

学生およびグループがアセスメントを受ける時期を制御するためのアクセスコードを発行できます。現時点では、アクセスコードはシステムによってランダムに生成されます。アクセスコードはカスタマイズできません。

アセスメントはテストと課題を指しますが、SCORM項目は含まれません。

例 :

アクセスコードは、一部の学生に他の学生よりも前にアセスメントを受けさせたい場合に追加します。アクセスコードは学生の最初のグループに対してのみリリースできます。後でアセスメントを受ける学生は、受けるまではアセスメントをプレビューできません。

例 :

アクセスコードは、監督されているアセスメントに対して追加できます。学生はID証明を示し、教員または監督者からコードを受け取り、クラスルームでアセスメントを受けます。

学生の複数のグループが別の時期に同じテストを受ける場合、グループごとにアクセスコードを変更できます。学生が後で作業を続行できるよう保存していない場合があることに注意してください。

学生には何が表示されますか?

[コースコンテンツ]ページでは、教員がリリース条件を追加するか非表示にしない限り、すべての学生がアクセスコードで保護されたアセスメントを表示できます。すべての学生が[詳細と情報]パネルを開いて、教員が追加した指示を表示できます。アクセスコードがなければアセスメントを開始できません。

アクセスコードはシステム内のどの場所にも保存されません。学生は教員または教員が権限を与えた他のロールからのみアクセスコードを受け取ることができます。教員は必要に応じてアクセスコードを変更し、学生に伝えることができます。

学生がアセスメントを保存し、後で再開したい場合、同じコードを使用できます。教員が投稿する成績とフィードバックを表示するには、アクセスコードは不要です。


アクセスコードの追加

テストまたは課題の[設定]パネルで、[アセスメントセキュリティ]セクションの[アクセスコードの追加]を選択します。

アクセスコードを[オン]にします。カスタマイズできない6桁のアクセスコードがランダムに生成されます。アクセスコードの横にあるアイコンを使用してコピーするか、更新してコードを変更します。教員のみがアクセスコードを更新、変更することができます。コードをオフにしてから再度オンにしても、コードは同じままです。

[続行]を選択します。アクセスコードは[設定]パネルに表示されます。ゴミ箱アイコンを選択するとコードを削除できます。学生がアセスメントを開始または続行するのにコードが必要なくなります。

リマインダ : 教員または監督者はアクセスコードを学生に提供します。

LockDown Browserダッシュボード

アセスメントのセキュリティをさらに高めるには、Lockdown Browserとアクセスコードの両方をオンにして一緒に動作させることができます。学生はLockDown Browserが起動する前に正しいアクセスコードを入力する必要があります。

LockDown Browserの詳細


タイマーの追加

Ultraコースビューでは、テストに制限時間を追加できます。制限時間により提出に制限時間が設けられるため、学生はテストに集中できます。制限時間が経過すると、テストの答案は自動的に保存され提出されます。

制限時間を超過して取り組むことを学生に許可することもできます。延長時間を指定すると、学生が課題に取り組んでいる最中に接続が切れた場合、再接続することができます。延長時間により、最初に設定していた時間が学生にとってすべての問題を読んで解答するのに十分であるかを確認できます。テストを採点するとき、各学生が課題を完了するのに使用した延長時間を確認できます。また、最初の制限時間後に回答された問題がどれかも確認できます。学生が採点済みのテストにアクセスする際にも同じ情報が表示されます。

現在、グループテストに制限時間を追加することはできません。

[テストの設定]パネルで、[その他のツール]セクションの[時間制限を追加]を選択します。

最初に、制限時間を入力します。制限時間は1から480までの整数で追加する必要があります。小数点には対応していません。次に、2つのオプションのいずれかを選択します。

  • 時間切れになると、作業は自動的に保存され、提出されます。: 学生が時間内に提出しないと、システムで自動的にテストが保存され、提出されます。
  • 制限時間に達した後も学生は時間を延長して作業することができます : このオプションを選択すると表示されるメニューから、延長時間の長さを以下から選択します。
    • 50%
    • 100%
    • 延長時間無制限

50%と100%のオプションは、テストが自動的に保存、提出される前に制限時間に追加される時間の量を示します。たとえば、制限時間を60分に設定し、延長時間に50%を選択すると、学生はさらに30分間作業できます。最初の制限時間がほとんどなくなるまで、延長時間が与えられていることは学生に警告されません。ポップアップメッセージが表示され、延長時間が与えられていることが警告されます。学生は延長時間を使用するか、テストを提出するかを選択できます。制限時間を経過してから作業を提出すると、部分的な評価が与えられる場合があることが通知されます。

複数の答案を許可している場合、時間制限は答案ごとに適用されます。

[X]を選択して、[テストの設定]パネルに戻ります。設定した制限時間が表示されます。制限時間を選択して変更します。ただし、学生が提出した後は制限時間を編集できません。制限時間をポイントして[削除]アイコンにアクセスし、削除します。制限時間は[コースコンテンツ]ページにもテストの詳細とともに表示されますが、延長時間は表示されません。

制限時間の優遇措置+制限時間

制限時間の優遇措置を受けている学生に対して、課題の時間延長を許可する設定を行うと、時間が合算されます。

制限時間の優遇措置の詳細

学生のワークフロー

学生には、テストの他の詳細とともに制限時間が[コースコンテンツ]ページに表示されます。制限時間は、テストの[詳細と情報]パネルと、作業中のテストの中でも表示されます。

学生が[答案を開始]を選択すると、テストにアクセス可能になる前に、タイマーを開始するためのポップアップウィンドウが開きます。

延長時間を与えている場合、初期設定時間が切れたとき別のポップアップウィンドウが開き、テストをすぐに提出するか、または作業を続けることができる旨が通知されます。制限時間の経過後に提出された作業には部分的な評価が与えられる場合があることも通知されます。最初の制限時間がほとんどなくなるまで、延長時間が与えられていることは学生に警告されません。

学生がそのテストに実際に取り組んでいるかどうかに関係なく、タイマーは進みます。タイマーはウィンドウの下部に表示され、残り時間を把握できます。ドラフトを保存するかテストウィンドウを離れた場合もカウントダウンは続き、時間切れになると作業が保存されて提出されます。

制限時間付きテストの評価の詳細

Video: Timed Assessments


Watch a video about timed assessments

The following narrated video provides a visual and auditory representation of some of the information included on this page. For a detailed description of what is portrayed in the video, open the video on YouTube, navigate to More actions, and select Open transcript.


Video: Timed assessments shows how to add a timer to assessments.


複数の答案

テストの設定で、学生に複数の答案を提出させることを選択できます。複数の答案を許可すると、テストの最終成績の計算方法が変わります。最終成績を計算する方法を選択します。

  • すべての答案の平均
  • 採点された最初の答案
  • 最高得点の答案
  • 採点された最終の答案
  • 最低得点の答案

グループテスト、またはオフラインで提出物を収集する場合は、複数の答案を許可できません。

[答案の採点]設定により最終成績の自動計算方法が決まりますが、成績を上書きするオプションがあります。各答案は、テストに設定された期限日の影響を受けます。学生が期日後に答案を提出すると、答案に期限超過のマークがつきます。期日前に提出された答案は、期限通りとして表示されます。

上書きできるのは各答案の成績ではなく、最終成績に限ります。

複数の答案があるテストの採点の詳細


問題と解答をランダム表示する

練習/ドリルのアクティビティをサポートするため、または学生の不正を避けるために問題をランダム表示します。

組み合わせ問題と多肢選択問題の解答のみランダム表示できます。正誤問題の解答をランダム表示したい場合は、多肢選択問題タイプを使用して、解答の選択肢として正と誤を用意します。

1つまたは両方の設定を使用すると、学生ごとに異なるテストが表示されます。テストの[コンテンツ設定]ページに、解答のランダム表示の選択に関するメッセージが表示されます。

質問のランダム表示

[テストの設定]で、[質問のランダム表示]を選択し、学生に対して質問をランダムに表示します。

テストを作成すると、質問が順番に表示されます。学生がテストの答案を開始するたびに、質問が異なる順番で表示されます。[コンテンツと設定]ページに表示される質問番号への参照を含める場合、[質問のランダム表示]オプションを使用しないでください。順序がランダムになることで、質問の番号が変更され、混乱を招く可能性があります。

学生が提出を開始した後に、[質問のランダム表示]設定を選択または解除できます。

テキストブロックまたはファイルを含むテストでは質問をランダム表示できません。

解答のランダム表示

[テストの設定]で、[解答のランダム表示]を選択して、複数回答問題と多肢選択問題の解答を学生に対してランダムに表示します。

テストを作成すると、解答が順番に表示されます。学生がテストの答案を開始するたびに、解答が異なる順番で表示されます。

学生が提出を開始すると、[解答のランダム表示]設定を選択または解除できません。


匿名採点を有効にする

質問のないテストを作成するときは、[テストの設定]パネルで匿名採点を有効にすることができます。採点中、学生の名前は表示されません。匿名で採点されたテストには、テキストとファイルのみ追加できます。

匿名採点の詳細


並行採点を有効にする

質問のないテストを作成するときは、[テストの設定]パネルで並行採点を有効にすることができます。 

選択した採点者はシステムによってランダムに割り当てられるため、各学生のテストに対して2人の採点者を割り当てられます。採点の作業負荷は、採点者の間で均等に分配されます。採点者は、自分に割り当てられた学生の提出物のみ開くことができます。教員または採点の調整者が学生の最終成績を決定します。

並行採点の詳細


課題の例外について

特別な状況が発生したときは、特定のテストまたは課題で個々の学生に例外を設けることもできます。例外設定としては、他の学生にはアセスメントが非表示になっている場合でも追加で答案を提出することや、アクセスの延長を許可する場合などがあります。期限日とは異なる、指定日時での表示および非表示を使用してアクセスを延長できます。

アクセスの延長に対して個別に例外を設定する前に、条件付きで利用可能なルール (指定日時での表示および非表示) を設定する必要があります。

例外設定では、その他全員に適用されている2つの設定が、特定のアセスメントにおいてのみ上書きされます。教員が追加した例外は学生には表示されません。

アセスメントの[提出物]ページまたは個別の提出物から、テストおよび課題の例外を設定します。インターネットの問題、身体の障害、または技術や言語で違いのある学生を対象に例外を使用することができます。

  • 実施回数が1回のテスト : 目が不自由なためスクリーンリーダー技術を初めて使用する学生には、複数回の実施を許可できます。
  • 日付と時刻が次の日以降は非表示となっている課題を、条件付きで利用可能にする : インターネットに問題のある学生には、課題へのアクセスを延長します。ただし、期限の日付と時刻が、変更前の次の日以降は非表示の日時と同じ場合は、成績表で期限遅れの提出物とマークされたままになります。

グループ課題またはグループテストでは、アクセスの延長に対してのみグループに例外を設定できます。現時点では、複数回の実施はグループ課題には許可されません。

グループの例外の詳細

例外と優遇措置

例外は、コースのユーザ一覧に設定する優遇措置とは異なります。優遇措置は、コースの個別の学生に対するすべての期限日または制限時間に適用されます。例外は、現時点では個別の学生またはグループへの期限日と制限時間には許可されません。例外は、指定日時での表示および非表示と、追加の答案にのみ許可されます。

特別優遇措置の詳細

優遇措置のグループに対する動作の詳細


課題の例外の作成

課題の[提出物]ページで、学生に個別に例外を追加することができます。学生またはグループの個別の提出物のページで、例外を追加することもできます。匿名で採点されたアセスメントの場合、例外は追加できません。

課題の提出物ページから

課題の[提出物]ページで、学生の行でメニューを開き、[設定の編集]を選択します。[提出物の設定の編集]パネルが開きます。

[次の日に表示]および[次の日以降は非表示]の日付と時刻を変更して、追加の答案の提出を許可します。

条件付きの利用可能性の詳細

設定に変更を加えるまでは保存することはできません。変更を加えない場合は、[キャンセル]を選択してパネルを閉じます。

個別の提出物のページから

学生またはグループの提出ページで、成績ピルの横にあるメニューを開き、[例外]を選択します。[提出物の設定の編集]パネルが開きます。

延長されたアクセスの例 :

特定の日付および時刻以降は非表示となるコンテンツがある場合は、個別の学生でアクセスを延長することができます。たとえば、"テスト1"が本日の午前10時以降に非表示になるとします。インターネットで問題がある学生については、その学生に対してのみ午後6時までアクセスを延長します。ただし、提出期限も午前10時の場合は、提出物は成績表では期限遅れとしてマークされたままになります。

学生にはアクティビティストリームで利用可能なテストが通知されますが、アクセス期限の延長はストリームやテストには表示されません。教員は、アクセス期限の延長期間を通知する必要があります。また、追加の答案提出を許可する場合は学生に個別に通知する必要もあります。

例外アイコンの表示

学生の課題に例外を許可すると、学生の名前の横にアイコンが表示されます。課題の例外アイコンは、優遇措置で表示されるアイコンと同じです。優遇措置および例外がそれぞれ設定されている場合は、アイコンは1つだけ表示されます。

コース間でアセスメントをコピーする場合、例外は引き継がれません。コースに対して項目を個別にコピーした場合、コンテンツは[学生に非表示]に設定されます。コースを別のコースにコピーする場合、学生固有のデータはコピーされません。


成績が投稿された後で例外を追加する

採点が済んで成績が投稿された課題について学生に例外を提供することができます。たとえば、もう答案が提出されない自動採点されたテストを学生にやり直させたい場合、追加の答案提出を加えることができます。システムは通知を送信しないため、学生に追加の答案提出を通知する必要があります。

自動ゼロ評定の設定

コースで提出されない作業について自動ゼロ評定を適用した場合、学生に例外を追加した後もゼロが付けられます。自動ゼロ評定は提出物を採点した後に置き換えられます。

自動ゼロ評定の詳細

Video: Grant Assessment Exceptions


Watch a video about assessment exceptions

The following narrated video provides a visual and auditory representation of some of the information included on this page. For a detailed description of what is portrayed in the video, open the video on YouTube, navigate to More actions, and select Open transcript.


Video: Grant assessment exceptions shows how to allow an exception on a specific test or assignment to an individual student.


グループ課題の例外

グループ課題には1種類の例外のみ許可されます。個別のグループに対して、特定のグループテストまたはグループ課題に関してアクセスを延長する例外を与えることができます。現時点では、グループ課題で複数回答案を提出することが許可されていないため、許可されている答案回数を変更することはできません。

グループ課題の[提出物]ページで、グループに個別に例外を追加することができます。グループの個別の提出物ページで、例外を追加することもできます。

グループ課題の[提出物]ページで、グループの例外と優遇措置には同じアイコンが表示されます。課題の例外アイコンはグループの名前のところに表示されます。グループで優遇措置が与えられているメンバがいる場合は、同じアイコンがグループの名前のところに表示されます。アイコンが付いた、各グループの名前のメニューを開き、追加した例外を表示します。優遇措置および例外が与えられているメンバがグループにいる場合は、アイコンは1つだけ表示されます。

課題の設定パネルでグループにアクセスすると、例外のあるグループはグループの横にアイコン付きで表示されます。優遇措置が与えられたグループメンバは、名前の横に同じアイコンが付いて表示されます。


例外のリセット

課題での学生の例外またはグループの例外を削除できます。

課題の[提出物] ページ>学生またはグループのメニュー>[設定を編集]>[設定のリセット]

例外の設定が削除されます。学生またはグループは、課題で許可された答案回数およびアクセス期間が最初の設定となります。[保存]を選択して確定します。例外のアイコンは、学生またはグループが優遇措置も与えられていない限り、削除されます。

教員は、学生が提出物を開始した後に実施回数を減らすことはできません。