メッセージページ

コースのナビゲーションバーから、[メッセージ]ページにアクセスします。自分のコースのすべてのメッセージと返信が表示されます。一覧全体をざっとチェックしたり、メッセージを開いてすべての返信を読んだりできます。

未読メッセージは一覧の一番上に表示されます。各メッセージには、作成者のプロフィール写真が表示されます。作成者の名前の下で、何人の参加者が含まれているか、またはメッセージがクラス全体に宛てたものであるかを確認できます。

  1. 新着情報を簡単に把握できます。メッセージの数は一覧の上に表示されます。新着の返信は太字で表示されます。
  2. メッセージを送信します。[新規メッセージ]アイコンを選択し、メッセージを送信します。メッセージは、1人、複数、またはクラス全員に対して送信できます。

    メッセージが多数ある場合は、1ページに表示するメッセージの数を選択して絞り込みます。

  3. メッセージを削除します。[削除]アイコンを使用してメッセージを削除します。削除しても、その後の返信は受信できます。メッセージの個別の返信を編集または削除することはできません。
  4. 他のメッセージへ移動します。メッセージが開き、すべての返信とともにパネルに表示されます。上部にある[前のメッセージを表示]と[次のメッセージ]アイコンを使用して、一覧にある前のメッセージまたは次のメッセージを表示します。

メッセージがクラス全体に送信されたものでない場合は、メッセージの作成時または返信時に、[参加者の追加]アイコンを使用して人を追加します。従来の受信者は、新しい受信者が追加されたことや、クラス全員が受信したことを示すメモを、次のメッセージで受け取ります。新しい受信者は、自分が追加されてから以降のメッセージを見ることができます。


メッセージの送信

[メッセージ]ページの[新規メッセージ]アイコンを選択すると、[新しいメッセージ]パネルが開きます。

入力して受信者を追加できます。入力中、一致する受信者名がメニューに表示されるので、簡単に選択できます。必要な人数分の名前を追加できます。またはクラス全体に送信することもできます。

最初に一番重要な情報を書いてください。メッセージには件名がありません。そのため、受信者が読むメッセージを選択する時、メッセージの最初の部分が重要となります。エディタのオプションを使用して、テキストの書式を設定できます。

キーボードを使用してエディタツールバーに移動する場合は、[Alt]+[F10]を押します。Macでは[Fn]+[Alt]+[F10]を押します。番号付きリストなどのオプションを選択するには、矢印キーを使用します。

Eメールのコピーを送信します。コースメッセージのEメールのコピーを送信できます。学生の受信箱にコピーを送信すると、学生が重要な連絡事項やコースメッセージを見て確認し、その連絡事項やメッセージに従って行動する可能性があります。Eメールのコピーが送信されるのは、受信者のBlackboard Learnプロフィールに有効なEメールアドレスがある場合のみです。このオプションを選択すると、メッセージの受信者全員にEメールのコピーが送信されます。

受信者は、メッセージをEメールの受信箱で表示できますが、Eメールに返信することはできません。

返信の許可または禁止作成したメッセージに対する返信を許可しないことも選択できます。クラス全体にメッセージを送信することを選択した場合、デフォルトで返信は許可されません。

教育機関は、学生がコース内でメッセージを作成したり返信したりできないよう設定することができます。個々のコースで設定をオンまたはオフにすることはできません。この設定がオンの場合、学生は、教員やティーチングアシスタントなど、その他のロールが送信したメッセージだけを読むことができます。また、学生は受信したメッセージを転送することもできません。

学生向けのコースメッセージが読み取り専用の場合、メッセージの作成時に警告が表示されます。[このメッセージへの返信を許可する]チェックボックスは、他の教員やティーチングアシスタントなど、メッセージの作成や返信が許可されているコース内のロールに適用されます。


成績表からのコミュニケーション

学生リストから、コースに参加しているユーザにメッセージを送信できます。

学生の行の右端にある3つのドットのメニューを選択します。[学生にメッセージを送る]オプションを選択します。画面の右側に[メッセージ]パネルが表示されます。

学生リストビューからメッセージを送信すると[メッセージ]ページにも表示されます。