Video: Create Graded Discussions


Watch a video about graded discussions

The following unnarrated video provides a visual representation of some of the information included on this page. For a detailed description of what is portrayed in the video, open the video on YouTube, navigate to More actions, and select Open transcript.


Video: Graded Discussions shows how to enable grading for discussions and then grade your students' contributions.

採点対象の掲示板の設定

見識ある投稿を学生に促すために、掲示板を成績の対象とすることができます。

[掲示板の設定]アイコンを選択し、掲示板のオプションがあるパネルを開きます。[詳細 & 情報]セクションで、[掲示板の採点]チェックボックスを選択すると、期日や最高点など、その他のオプションが表示されます。最高点は、学生による1つ以上の投稿に適用されます。掲示板の採点を有効にすると、成績表に列が自動的に作成されます。

独創的なアイデアを奨励する。一部の学生は回答を作成する際に、他の学生の考えに頼りすぎることがあります。回答と返信を非表示にすることで、学生は最初の掲示板トピックで独自の考えを展開しやすくなります。[最初に投稿]を選択して、掲示板に回答するまで学生が掲示板のアクティビティを表示できないようにします。[最初に投稿]とグループを使用する場合は、[最初に投稿]を選択してからグループを割り当てます。

参加期限日を設定する。期限日後に掲示板を非表示にして、学生が応答や返信の追加、または以前の投稿を編集できないようにすることができます。

制限時間の優遇措置は掲示板には適用されません。

成績単位を選択する点数パーセンテージ、または評価区分から選択できます。採点対象の掲示板に満点の得点を指定します。

ルーブリックを割り当てる。[掲示板の採点]を選択後、ルーブリックを作成するか既存のルーブリックを追加すると、学生が採点対象の作業の要件を確認できます。ルーブリックは、定義した主要基準を元に学生の提出物を評価する時に役立ちます。各掲示板には1つのルーブリックのみ関連付けることができます。

ゴールを掲示板に関連付けます。教員と所属教育機関はゴールを使用して、プログラムやカリキュラム全体での学生の達成度を測定できます。掲示板を作成したら、1つまたは複数のゴールを関連付けできます。[ゴールを関連付ける]を選択して、利用可能ゴールを検索します。掲示板を表示可能にすると、学生はゴールを確認でき、求められているレベルを知ることができます。

グループを使用する。掲示板のグループを作成し、投稿を採点できます。

完了した場合保存]を選択します。これらの採点設定は、採点を開始するまで変更できます。

学生が自分たちの考えを投稿できるように、掲示板が必ず学生に表示されるようにしてください。

通知

学生には、採点対象の掲示板の参加期限日が他の期限日やイベントと同じ場所に表示されます。これらの通知はアクティビティストリーム、グローバルカレンダー、およびコースカレンダーに表示されます。

優遇措置

優遇措置を受けている学生は、成績表、掲示板、およびユーザ一覧の名前の横にアイコンが表示されます。教員が追加した優遇措置は学生には表示されません。期限日の優遇措置は掲示板にのみ適用されます。

掲示板の採点

採点対象の掲示板では、学生の個々の投稿ではなく、全体での貢献度に基づく成績となります。リマインダ : 学生は期限日まで投稿およびその編集ができます。

採点ワークフローには、次の領域からアクセスできます。

  • 自分の名前が表示されている一覧で、[成績]を選択します。
  • コースページの上部にあるナビゲーションバーで[成績表]アイコンを選択します。リストから、採点対象の掲示板を選択します。[成績 & 参加]ページが表示されます。
  • コースページの上部にあるナビゲーションバーで[掲示板]アイコンを選択します。リストから、採点対象の掲示板を選択します。[成績 & 参加]リンクを選択します。

[成績 & 参加]ページで、学生の名前を選択し、彼らが投稿したページを開きます。学生の回答や返信は提出ページで強調表示されます。

掲示板の分析を表示して、各学生の掲示板への参加、文章の複雑さ、およびクリティカルシンキングのレベルを詳しく考察します。これらのパフォーマンスベースの洞察により、参加率が低い学生やサポートが必要な学生がわかります。

ページの上部でこの学生の成績とフィードバックを入力します。5桁以下の数値で小数点以下第2位まで追加できます。成績ピルの横にある[フィードバック]アイコンを選択し、[フィードバック]パネルを開きます。[フィードバック]パネルは、ページをスクロールして全般的なフィードバックを追加できるように、画面横に固定されます。また、採点する際、音声/動画で記録したフィードバックをエディタに埋め込むことができます。学生は教員がテキストに埋め込んだ音声や動画の内容を確認できます。

掲示板にルーブリックを関連付けてある場合、ルーブリックアイコンで成績ピルを選択してルーブリックパネルを開きます。成績を直接入力するか、ルーブリックから値を選択して成績に追加することができます。

学生に成績を表示させる準備ができたら、メニューを開いて[投稿]を選択します。

成績表での成績の割り当て

成績は成績表で割り当てることもできます。学生が作業を提出すると、[新しい提出物]がセルに表示されます。メニューの[表示]を選択し、掲示板への学生の投稿を開きます。