Blackboardアプリで私のコースコンテンツは表示されますか?

Blackboard Learnコースのコンテンツが学生用のBlackboardアプリでサポートされているかどうかを確認します。最高のモバイルエクスペリエンスを学生に提供できるよう、モバイル用のコンテンツであることを念頭に置いて作成してください。

この情報は、Blackboard Instructorアプリでサポートされるコースコンテンツにも適用されます。プッシュ通知、および期日やアクティビティストリームなどのメインメニューの機能を除き、記載されている機能の多くはBlackboard Instructorに含まれています。

コンテンツタイプ

ネイティブサポートされているコンテンツタイプは、Webページとしては開かれず、Blackboardアプリの中に表示されます。ネイティブサポートされている機能により、学生にとって最高のBlackboardアプリの操作環境が実現します。

ネイティブサポートされていないコンテンツタイプは、Blackboardのアプリ内のブラウザで開きます。たとえば、元のコースブログは個別のChromeTMやSafari®ブラウザではなく、アプリ内のブラウザビューで開かれます。この例外はCollaborateです。Collaborateは、常に別のブラウザウィンドウで開きます。

次の表に、Blackboard Learnの機能およびBlackboardアプリでのサポートレベルが一覧で表示されます。

Blackboardアプリでサポートされているコンテンツタイプ
コンテンツタイプ サポート
アクティビティストリーム ネイティブサポート。アクティビティストリームは、元のユーザエクスペリエンスとUltraユーザエクスペリエンスの両方でBlackboardシステムのアプリに表示されます。

Blackboardアプリでのアクティビティストリームの詳細

連絡事項 ネイティブサポート。

Blackboardアプリでの連絡事項

課題 ネイティブサポート。

Blackboardアプリでの課題

音声 ネイティブサポート。サポートされているファイルタイプは、デバイスのオペレーティングシステムによって異なります。
空白ページ ネイティブサポートは行われていません。空白ページはWebページに表示されます。元のコースビューでのみ利用可能な機能。
ブログ ネイティブサポートは行われていません。このツールはWebページで起動します。元のコースビューでのみ利用可能な機能。
カレンダー 部分的なサポート。Blackboardアプリにはカレンダーページがありませんが、学生はベースナビゲーションの期限日アクティビティストリームで、取っているコースすべてを取りまとめた情報を確認できます。

Blackboardアプリでの期限日

Collaborate ネイティブサポートは行われていません。リンクがコース内で提供されている場合、BlackboardモバイルアプリからBlackboard Collaborate Ultraセッションを起動することができます。Webブラウザが表示されて、セッションに参加できます。Collaborateの元のユーザエクスペリエンスは、モバイルブラウザではサポートされていません。

CollaborateおよびBlackboardモバイルアプリの詳細

コンテンツフォルダ ネイティブサポート。説明が表示されません。
会話 ネイティブサポートは行われていません。Ultraコースのテスト、課題、ドキュメントでのクラスメートとの会話は、アプリでは許可されていません。
コースリンク ネイティブサポート。説明が表示されません。ネイティブサポートされているコンテンツタイプは、コースリンクからアクセスするとネイティブに表示されます。元のコースビューでのみ利用可能な機能。
コースのメッセージ ネイティブサポートは行われていません。コースメッセージはアプリやアプリの通知には表示されません。
コースツールページ ネイティブサポートは行われていません。コースツールページには、コースで利用可能な各ツールタイプへのリンクが含まれています。コースツールページにリンクするコースメニューはアプリに表示されません。コースへのナビゲーションリンクがあれば、アプリ内のブラウザにコースツールページが表示されます。元のコースビューでのみ利用可能な機能。
ディスカッション ネイティブサポート。

Blackboardアプリでの掲示板

ファイル ネイティブサポート。サポートされているファイルタイプは、デバイスのオペレーティングシステムによって異なります。
成績 ネイティブサポート。

Blackboardアプリでの成績

グループ ネイティブサポートは行われていません。グループ掲示板やグループ課題を含めて、グループはサポートされていません。
イメージ ネイティブサポート。サポートされているファイルタイプは、デバイスのオペレーティングシステムによって異なります。
項目 ネイティブサポート。項目のファイル添付はサポートされていますが、サポートされているタイプは、デバイスのオペレーティングシステムによって異なります。
日誌 ネイティブサポートは行われていません。このツールはWebページで起動します。元のコースビューでのみ利用可能な機能。
ラーニングモジュール 部分サポート (元のコース)。モバイルアプリでは、元のコースの学習モジュールは部分的に機能します。ユーザはデスクトップWebブラウザと同じようにはモジュールの目次を表示できません。目次はコンテンツフォルダと同じように一覧表示されます。

完全サポート (Ultraコース)。Ultraコースの学習モジュールは、モバイルアプリで完全にサポートされており、拡張機能と進捗インジケータを備えています。

Blackboardアプリでの学習モジュール

授業計画 ネイティブサポート。目次はコンテンツフォルダと同じように一覧表示されます。元のコースビューでのみ利用可能な機能。
ローカリゼーション ネイティブサポート。

Blackboardアプリでのローカリゼーションの詳細

LTIツール 部分的なサポート。リンクはアプリ内のブラウザで表示されます。また、表示されたユーザのセッションを維持するインフラストラクチャが配置されています。ただし、アプリ内のブラウザは、コンテンツの処理に必要なすべてのテクノロジーを期待どおりにサポートしているわけではありません。

Building BlockやBlackboard Learnのカスタマイズなど、サードパーティ製ツールがBlackboardアプリで予想通りに機能するという点については保証いたしかねます。

モジュールページ ネイティブサポートは行われていません。モジュールページはWebページに表示されます。元のコースビューでのみ利用可能な機能。
Partner Cloudツール ネイティブサポート。Partner Cloudのコンテンツとツールがアプリで起動します。
プッシュ通知 ネイティブサポート。

モバイルアプリのプッシュ通知

ルーブリック ネイティブサポート。学生はアプリで、課題用のルーブリック (両方のコースビュー) と採点対象の掲示板用のルーブリック (元のコースのみ) を表示できます。完成したルーブリックを学生が表示するには、デスクトップWebブラウザでコースにアクセスする必要があります (教員が利用可能にしている場合)。テスト問題やネイティブサポートされていないツール (ブログ、日誌、Wikiなど) 用のルーブリックはアプリでは利用できません。

Blackboardアプリでの課題の詳細

Blackboardアプリでの掲示板の詳細

SCORM 部分的なサポート。SCORMパッケージは、Ultraコースと元のコースの両方のアプリ内ブラウザで起動します。Learn Q4 2017およびモバイルアプリ (Blackboard 4.5およびBlackboard Instructor 2.10) の更新により、モバイルアプリでのSCORMサポートが大幅に改善されます。SCORMの期限日が、Ultraコース用のアプリで使用できます。次期*B2更新では、元のコースで期限日が使用可能になります。
アンケート ネイティブサポートは行われていません。アンケートはWebページに表示されますが、これは正式にサポートされている提出方法ではありません。Webページで起動するアンケートの場合は、デスクトップWebブラウザでコースにアクセスすることをお勧めします。元のコースビューでのみ利用可能な機能。
シラバス ネイティブサポートは行われていません。シラバスのコンテンツタイプはWebページに表示されます。元のコースビューでのみ利用可能な機能。
テスト ネイティブサポート。テストは、アプリから完了して提出することができます。サポートされていないテストタイプはテストの詳細のみを表示し、ユーザはデスクトップのWebブラウザでテストを開くように指示されます。
動画 ネイティブサポート。サポートされているファイルタイプは、デバイスのオペレーティングシステムによって異なります。
URLリンク ネイティブサポート。説明と添付ファイルは表示されません。ユーザはWebサイトに直接アクセスします。ターゲットWebサイトの機能は、デバイスのオペレーティングシステムと、アプリ内のブラウザの制限により影響を受ける場合があります。
Wiki ネイティブサポートは行われていません。このツールはWebページで起動します。元のコースビューでのみ利用可能な機能。

エディタ機能

Blackboardアプリは、iOS、Android、WindowsのプラットフォームでBlackboard Learnエディタの各種HTMLとCSS機能をサポートしています。

HTMLタグおよびサポート対象アプリの場所についての詳細なリスト

教員は、Blackboardアプリで表示しても書式設定が変わらないように、PPT、DOC、PDFなどの添付ファイルを使用することができます。

アセスメント手順の書式設定

現時点では、学生のBlackboardアプリでの表示を最適化するために、教員およびコース作成者は、テストおよび課題の手順でプレーンテキストを使用することをお勧めします。別のタイプのコンテンツをサポートする書式設定の中には、アセスメント手順で学生に対して表示されないものがあります。


公開条件、条件付きで利用可能、およびレビューステータス

Blackboardアプリは現在、元のコースの[既読に設定]機能をサポートしていません。教員がコンテンツ項目でこの機能を有効化している場合、学生がこの機能を使用するにはデスクトップWebブラウザでコースにアクセスする必要があります。

Blackboardアプリでは、コンテンツの公開条件 (元のコース) および条件付きで利用可能 (Ultraコース) をサポートしています。これにより、教員は特定の条件を満たす学生にのみコンテンツをリリースすることができます。

学生へのコンテンツリリースの詳細


埋め込みメディアとマッシュアップ

Flickr®、Slideshare、YouTube™やその他のマッシュアップツールは、エディタ内に埋め込みマッシュアップとして追加すると最も効果があります。教員はメディアがアプリでどのように表示されるかを確認し、必要に応じて調整する必要があります。

Ultraコースの手順 :

  1. [コースコンテンツ]ページで、プラス記号を選択します。
  2. メニューから[作成]を選択して[項目を作成]パネルを開き、[ドキュメント]を選択します。[新しいドキュメント]ページが開きます。
  3. 文書にタイトルを付けます。
  4. [コンテンツを追加]を選択し、テキストエディタのボタンを使ってWebから画像や動画を挿入します。[コンテンツの挿入]のプラス記号を選択して、YouTube動画などのWebコンテンツを挿入することもできます。

サポートされていないメディア

  • Kaltura B2およびマッシュアップツールを使用するKalturaメディアは、現時点でサポートされていません。
  • 添付ファイルに埋め込まれたメディアファイルは機能しません。たとえば、mp4の添付ファイルやhtmlの添付ファイルは機能しますが、htmlの添付ファイルにmp4を埋め込むと機能しません。
  • その他のサードパーティの動画サービスは、書式設定によっては結果に一貫性がなくなります。
  • アセットファイルバンドルを含むindex.htmlを使用するファイルパッケージはサポートされていません。

サポートされているメディア

  • KalturaなどのサードパーティプロバイダのLTI動画は、LTIツールのリンクとしてサポートされています。
  • サードパーティプロバイダのLTI動画は、Ultraコースの文書やアセスメントに埋め込むこともできます。これはBlackboardアプリでのみサポートされており、現時点ではBlackboard Instructorでサポートされていません。
  • Partner Cloudツールはモバイルアプリでサポートされています。

SCORMコンテンツ

SCORMパッケージは、Ultraコースと元のコースの両方のアプリ内ブラウザで起動します。教員は次のヒントを利用すると、アプリでSCORMコンテンツを快適に使用することができます。

  • SCORMプレイヤーの詳細オプションを編集して、パッケージ用のSCORMプレイヤーが新しいウィンドウではなく、フレームセットでコンテンツをレンダリングするよう設定されていることを確認します。
  • SCORMパッケージを更新して、小型のデバイスや画面に対応した設計になっていることを確認します。
  • 最大限のサポートができるよう、JavaScriptなどのスクリプト言語の使用を最小限に抑えます。HTMLとCSSだけのより基本的なSCORMパッケージは、期待どおりに機能する可能性が高くなります。
  • 学生に対して利用可能にする前に、アプリでSCORMコンテンツをテストします。

Learn Q4 2017およびモバイルアプリ (Blackboard 4.5およびBlackboard Instructor 2.10) の更新により、モバイルアプリでのSCORMサポートが大幅に改善されます。

SCORMの期限日

SCORMの期限日が、Ultraコース用のアプリで使用できます。次期*B2更新では、元のコースで期限日が使用可能になります。

  • Blackboard Learn SaaS 3600.0.0+でサポートされています
  • SHMH環境で最新の改善点に完全対応するには、次期* B2更新が必要です。このB2更新の前は、SCORMコンテンツは次のように動作します。
    • 採点対象のSCORMが採点対象外のSCORMとして扱われる
    • 個々のコース内にある[期限日]に、SCORMの項目が表示されない
    • すべてのコンテンツに対するメインメニューの[期限日]で、SCORMの項目がクリックできない

テスト

以下のテストの機能がBlackboardアプリでサポートされています。

  • すべての質問タイプ
  • 制限時間が指定されたアセスメント
  • フルエディタを使用した応答
  • デバイスまたはクラウドストレージからのファイル添付
  • アプリ内でのリッチテキストおよびメディアの適切なレンダリング
  • 教員からのフィードバックを確認する機能 (マルチメディアフィードバックを含む)
  • ルーブリック
  • 問題のランダム化表示
  • 問題プール
  • アクセスコード

以下のテストの機能はBlackboardアプリでサポートされていません

  • アセスメントのための会話
  • グループのアセスメント

説明とその他のテストの詳細は、学生がアプリで答案を開始する前に表示されます。

学生はテストの答案を利用可能

Ultraコースのテストの成績が投稿された後、学生は成績とテストの答案を見ることができます。  学生が正解を表示することを許可できます。

Ultraのテストの設定の詳細


課題

課題はBlackboardアプリでネイティブにサポートされています。

表示

  • 教員が元のコースで入力した課題の手順は、学生が答案を開始するとアプリに表示されます。
  • 教員がUltraコースで入力した課題の説明は、アプリの課題の詳細ページの[説明]の見出しの下に表示されます。学生は課題を開始する前に説明を見ることができます。
  • 書式設定の中には、課題の手順で学生に表示されないものがあります。現時点では、学生に対する表示を最適化するために、教員およびコース作成者は、課題の手順でプレーンテキストを使用することをお勧めします。

ファイル添付がサポートされています。サポートされているファイルタイプは、デバイスのオペレーティングシステムによって異なります。課題を提出する際のファイルサイズの上限は250 MBです。

ポートフォリオno提出はこのアプリではサポートされていません。現時点では通常の個々の課題提出物と同じように学生に表示されます。

クラウドストレージと統合すると、学生は課題用のクラウドストレージアカウントからファイルをアップロードできます。

アプリでのクラウドファイルストレージの詳細


ディスカッション

掲示板はBlackboardアプリでネイティブサポートされています。これらのアクションはBlackboardアプリでサポートされています。

  • コース掲示板に添付ファイルを追加する
  • フォーラムの説明
  • フォーラムの取得可能な最高成績とルーブリック (ルーブリックは元のコースの場合のみ表示されます)
  • スレッドの表示と作成*
  • スレッドに返信*
  • 返信への応答*
  • 教員のフィードバックとフォーラムの成績を表示
  • 投稿する添付ファイルを表示 (ファイルのサポートはデバイスのオペレーティングシステムによって異なる)
  • 投稿のリッチテキストおよびリッチメディアを表示 (現在、元のコースでのみ利用可能)
  • 投稿を編集 (フォーラムの教員が有効にしている場合)
  • 投稿を削除 (教員がフォーラムで有効にしている場合)。
  • 未読カウント
  • 掲示板を、メインメニューおよびコース内の[期限日]に表示

*匿名投稿を含む

現在、Blackboardアプリでは、次の掲示板操作はサポートされていません

  • Ultraコース掲示板に添付ファイルを追加する
  • スレッドの編集
  • スレッドの削除
  • スレッド、投稿、返信を開封済みとしてマーク
  • 未読カウント (Windowsデバイスのみ)
  • タグまたはフラグの追加
  • アクティビティストリームが最後に変更された日付を表示
  • スレッドの購読
  • Ultraコースの採点対象となる掲示板のルーブリック

モバイルアプリで掲示板を非表示にする

モバイルアプリユーザとWebビューユーザがコースの掲示板を利用できないようにするには、次の方法を使用できます。

  • [コースコンテンツ]リストまたは[掲示板]ページで、各掲示板の表示設定を設定します。アプリまたはWebビューで掲示板ツール全体を非表示にすることはできません。また、すべての掲示板を個別に非表示にすると、ユーザには空のツールが表示されます。 

プッシュ通知

Blackboardアプリ

生成されるプッシュ通知のタイプは、所属教育機関のBlackboard Learnが元のユーザエクスペリエンスかUltraユーザエクスペリエンスかによって異なります。

学生は、デバイスにプッシュ通知を送信するイベントを、アプリから、またはBlackboard LearnのUltraユーザエクスペリエンスのWebビューで変更できます。

Blackboardアプリのプッシュ通知の詳細

Blackboard Instructor

Ultraコースでのみ教員のデバイスに以下のイベントのプッシュ通知がポップアップ表示されます。

  • 追加された新しいコンテンツと掲示板
  • 新しい掲示板の返信

Blackboard Instructorのプッシュ通知の詳細

教員は、デバイスにプッシュ通知を送信するイベントを、アプリから、またはBlackboard LearnのUltraユーザエクスペリエンスのWebビューで変更できます。

  • アプリのメインメニューで、[設定]をタップします。[プッシュ通知]を選択し、設定を行います。アプリ内で行った変更はBlackboard LearnのWebビューに反映され、Blackboard LearnのWebビューで行った変更はアプリに反映されます。
  • プッシュ通知設定の変更

連絡事項

Blackboardアプリでは、コースの連絡事項は個々のコース内に表示されます。

送信者がコースまたはコミュニティで連絡事項を表示するオプションを選択している場合、学校からのアラートが元のコース内にも表示される場合があります。

すべてのコースの連絡事項およびシステムの連絡事項は、Blackboardアプリのアクティビティストリームに集約されます。システムの連絡事項には、[警告]のラベルが付いています。

アクティビティストリームで学生がコース連絡事項を消去すると、その連絡事項にはどのデバイスのアプリからもアクセスできなくなります。学生がシステムの連絡事項を消去すると、連絡事項を消去したデバイス上のアプリからはその連絡事項にアクセスできなくなります。

連絡事項は、アプリでリッチテキストおよびリッチメディアで表示できます。ただし現時点では、教員はWebエクスペリエンスのリッチテキストおよびリッチメディアを使用して連絡事項を作成することしかできません。アプリでは、教員はプレーンテキストの連絡事項を作成することができます。


学習モジュール

コースにおいて、学習モジュールでは進捗状況が表示され、条件付きで利用可能にする機能と連続表示がサポートされています。学生は、まだ公開されていないものを含むすべての学習モジュール項目を表示することができるため、今後の作業を明確に把握できます。

Blackboardアプリでの学習モジュールの詳細

Blackboard Instructorアプリでの学習モジュールの詳細


期限日

コースの[期限日]に表示されるコンテンツ項目は次のとおりです。

  • テスト
  • 課題
  • ディスカッション
  • SCORM
  • 日誌はメインメニューの[期限日]領域に表示され、このビューから日誌を開くことができます。
    • Ultraコース内では、日誌が[期限日]リストおよび[コースコンテンツ]に表示されません。将来のリリース*ではコース内に日誌が表示されるようになります。期限日のないUltraの日誌を表示するには、Webブラウザでコースにアクセスしてください。

Ultraコースの[期限日]に表示されないコンテンツ項目は次のとおりです。

  • LTIツール (サードパーティ)

期限日の機能は、Blackboard Learnのカレンダーツールから情報を取得します。そのため、教育機関はカレンダーのBuilding Blockをインストールする必要があります。


成績

成績はBlackboardアプリでネイティブサポートされています。学生はメインメニューの[成績]から、コース成績と、教員のフィードバックが記載された個々の項目の成績を表示することができます。

非表示の成績列がサポートされています。学生に対して非表示になっている成績管理の列は、デスクトップWebブラウザまたはBlackboardアプリでは学生に表示されません。

現在、Blackboardアプリでは成績情報は利用できません

  • フィードバックに添付されたファイル
  • インライン採点コメント (Bb Annotateの注釈) は元のコースでは利用できませんが、Ultraコースでは利用可能です。
  • 問題の個々の解答へのフィードバックは、アプリには表示されません。このフィードバックは、元のコースで教員が問題作成時に設定するか、作文問題に提供するものです。学生が答案を表示する際にこのタイプのフィードバックを自動的に表示するように設定できますが、学生がこのフィードバックを表示するにはデスクトップブラウザでコースにアクセスする必要があります。

成績表ページ

学生がメインメニューで[成績表]をタップすると、すべてのコースが表示されます。コース成績は、元のコースに表示されます。教員が全体の成績を設定した場合、コース成績はUltraコースにも表示されます。


Bb Annotate

Bb Annotateは、提出された課題ファイルに教員がフィードバックやメモを入力するのに使用するインライン採点ツールです。教員はUltraコースと元のコースの両方において、Blackboard LearnのWebビューでBb Annotateを使用できます。現在、Blackboard Instructorアプリでは元のコースの課題のみがサポートされています。

モバイルアプリでのBb Annotateのサポート

学生アプリのインライン採点ビュー

教員アプリのインライン採点


コンテンツ設定の編集

教員はすべてのコースコンテンツをBlackboard Instructorアプリではなく、コースのWebブラウザビューで作成します。アプリでは、教員は設定の変更と項目の削除ができます。アプリで行った変更は、コースのWebブラウザビューに反映されます。

Blackboard Instructorのコンテンツ設定の詳細を確認する


*新製品および将来の製品アップグレード、更新、機能強化を含む当社の開発の取り組みに関する声明は、現時点での当社の意図を表明しています。ただし、事前の通告なしに、変更、遅延、中止される場合があります。また、このような製品、アップグレード、更新または機能の利用可能性は、実際に一般のお客様が利用できるようになるまで何ら保証されません。