Respondusとは

Respondus®は、サードパーティのツールで、Blackboard上でテストの作成、管理、印刷をすることができます。使い慣れたWindows環境で、オフラインでテストを作成できます。

Respondusウェブサイトの詳細

ULTRA :セキュリティアセスメント

Ultraコースビューでアセスメントを作成する場合、学生の提出に学問的な誠実性と公平性を促進するための多くのオプションがあります。しかし、オンライン提出の場合、学生は物理的な教室の外で作業を提出することができます。学生は、下書きを作成中に、許可されていない資料を参照する機会があるかもしれません。学問的な誠実性は、追加のツールなしには保護することが難しい場合があります。 

アセスメントを安全なブラウザで配布し、学生が答案の下書きや提出を行うときに、外部の情報源に影響を受けないようにすることができます。

セキュリティアセスメントは、Respondusが提供するツールを使用して配布します。この統合が所属教育機関で利用可能な場合、Ultraコースビューの課題とテストの両方の[設定]領域にRespondusダッシュボードがあります。 Respondusダッシュボードは、[書籍とツール]メニューからアクセスすることもできます。

テスト または課題の 設定で、[アセスメントセキュリティ]から[LockDown Browserのダッシュボード]を選択します。 この統合が所属教育機関で利用できない場合、次のメッセージが表示されます。サービスを利用できないため、アセスメントのセキュリティ設定が無効になっています。所属教育機関の管理者に連絡し、サポートを求めてください。

ダッシュボードに、コース内のすべてのアセスメントの一覧が表示されます。更新するアセスメントを見つけます。アセスメントをRespondus LockDown Browserだけを使用して配布するか、ウェブカメラを含めるか選択します。

セキュリティアセスメントを有効にしている場合、特定のアセスメント設定は機能しません。タイマーの追加、質問と回答のランダム表示、複数の答案の許可、ゴールの関連付けなどを行うことができます。オフラインの提出物を集めたり、セキュリティアセスメントにグループを割り当てたりすることはできません。

提出物を表示したり、採点したり、フィードバックを追加したりするのにRespondusツールは必要ありません。セキュリティアセスメントの採点とフィードバックのワークフローは、この設定のないアセスメントの採点とフィードバックのワークフローと全く同じです。

課題の採点の詳細

テストの採点の詳細


LockDown Browserの高度な設定

アセスメントにRespondus LockDown Browserを有効にすると、追加のオプションが表示されます。

デフォルトでは、[フィードバックと結果を表示するためにLockDown Browserが必要]という設定が選択されています。また、以下の設定を有効にできます。

  • 試験が完了するまで学生をブラウザにロックする。試験を完了して提出するまで、学生は試験を終了できません。例外を認める学生や他のコースメンバーに対して、オプションのパスワードを提供することができます。
  • iPadを使ってこの試験を受けることを許可する。この設定が選択されていない場合、学生はアセスメントをデスクトップコンピュータで完了する必要があります。
  • 特定の外部Webドメインへのアクセスを許可する。学生がアセスメントに取り組んでいる間、特定のWebサイトへのアクセスを許可したい場合、この設定により許可することができます。
  • ツールバーの電卓を有効にする。学生が試験に取り組んでいる間、デジタル電卓にアクセスすることを許可します。
  • ツールバーからの印刷を許可する。アセスメントを開いている間、学生がアセスメントを印刷することを許可します。

Respondus Monitorウェブカメラ設定

学生がアセスメントの作業中に資料を参照していないことをさらに確認するために、Respondus Monitorを要求することができます。Respondus Monitorは学生のウェブカメラを使用してセッション中の活動を記録します。録画により、学生が試験を1人で受験していること、また、筆記メモなどの物理的な資料を使用していないことを確認できます。

アセスメントにRespondus Monitorを有効にすると、追加のオプションが表示されます。Respondus Monitorは、指示と確認のシーケンスから始まります。このシーケンスをカスタマイズして、学生に対する指示を変更することができます。次の手順を、開始時のシーケンスに含めたり、除外したりすることができます。

  • ウェブカメラの確認。この手順はデフォルトで有効になっており、オフにすることはできません。ウェブカメラの確認は、学生のウェブカメラが接続されており、必要に応じてビデオが送信されることを確認します。
  • 学生の写真。アセスメントを開始する前に、学生に自分の写真を撮るよう要求できます。
  • IDの提示。アセスメントを開始する前に、学生に自分のIDを提示するよう要求できます。これは、大規模なコースで、教員や他の採点者が学生の顔と名前を一致させることができないような場合に便利です。
  • 環境の確認。学生に、学生の周囲を短い動画で録画してもらい、提出物に利用できるメモ、書籍、その他のデバイスが近くにないことを確認することができます。
  • 追加の指示。最後の手順として、監督付きアセスメントに対する教員の期待を学生に知らせるために、具体的な指示を追加することができます。

さらにアセスメント中、学生のコンピュータ上の他のアプリケーションがマイクにアクセスすることを許可できます。このオプションは、外国語のアセスメントやスピーチのコースに便利です。また、他のデバイスから録画にアクセスできるように選択することもできます。


セキュリティアセスメントの学生ビュー

[コースコンテンツ]ページで、セキュリティアセスメントを開いたり、答案を提出したりするのに必要なツールが学生に表示されます。学生がセキュリティアセスメントを開くと、[詳細&情報]パネルが表示され、採点、答案の数、教員が選択したその他の設定についての情報を確認できます。学生が[アセスメントを表示]を選択すると、LockDown Browserが新しいウィンドウで起動します。教員がRespondus Monitorを要求した場合、起動シーケンスが開始されます。

学生がツールをダウンロードしていない状態でアセスメントを開こうとすると、ツールのある場所を知らせるメッセージが表示されます。学生は、Respondus LockDown Browserをダウンロードせずに答案を開始することはできません。

学生は、セキュリティアセスメントの提出済み答案を表示するために、Respondusツールも必要です。

LockDown Browserは、学生がアセスメントを開いている間、インターネットブラウザや他のソフトウェアなど、その他の資料にアクセスすることを防止します。学生は、作業中に外部の情報を参照したり、これらの情報源から資料をコピーしたりすることはできません。LockDown Browserウィンドウ内では、アセスメントは他のUltraアセスメントと同じように表示されます。学生は作業の下書きを保存して、後で戻って作業を続けることも提出することもできます。

学生がRespondusでセキュリティアセスメントを受ける方法の詳細