この情報は、従来のコースビューのみに適用されます。利用可能なツールは、あなたの教育機関によって管理されています。

短答式問題は、作文問題と類似しています。解答の長さは制限されていませんが、学生はテキストボックスの行数によって、教員が期待する長さを知ることができます。列の最大数は6です。

エッセイと短答式問題は、どちらも手動で採点します。

More on Short Answer questions with JAWS®


記述問題の作成

  1. テスト、アンケート、またはプールにアクセスします。質問の作成メニューで、[記述問題]を選択します。
  2. [質問文]を入力します。
  3. メニューから[解答フィールドに表示する行数]を選択します。行数は、学生が解答の長さのガイドラインとして利用することを目的としています。それは、解答の長さを絶対的に制限するものではありません。
  4. [解答文]ボックスに正解例を入力します。
  5. 必要に応じて、ルーブリックを関連付けます
  6. [提出]または[提出して次の質問を作成]を選択して、質問をテストに追加します。

記述問題への個別のフィードバック

[質問の設定]ページで、個々の質問のフィードバックに関するオプションを設定できます。

  • 個々の解答にフィードバックを提供する :個々の解答へのフィードバックを学生に表示する場合は、このチェックボックスを選択します。[解答へのフィードバック]テキストボックスはデフォルトで表示されますが、教員がこのチェックボックスを選択するまで、学生は追加されたフィードバックを表示することはできません。正誤問題問題、並べ替え問題、組み合わせ問題の解答に対して個別にフィードバックを提供することはできません。
  • 画像、ファイル、およびURLリンクを個別のフィードバックに追加する :画像、ファイル、およびURLリンクを個々のフィードバックに追加できます。

質問の設定の詳細