この情報は、従来のコースビューのみに適用されます。利用可能なツールは、あなたの教育機関によって管理されています。

質問文作成問題では、学生は答えを提示され、質問形式で解答します。学生の解答は、「who」「what」「where」などの疑問詞で始まる質問形式でなければなりません。たとえば、「It is the only country that is a continent (大陸全体を占める唯一の国です)」という文は、「What is Australia? (オーストラリアとは何ですか)」という解答を求めます。

学生に質問形式で解答することを求める指示を最初の文章に追加します。学生に疑問符を使用するのを忘れないように注意します。文末に不正確な句読点を使用した場合、その解答に対する評価は与えられません。

質問文作成問題は自動的に採点されます。

質問文作成問題を作成する場合には、次を指定します。

  • 学生が質問を作成する対象となる記述
  • 問題の始まりとして考えられるすべての疑問詞 (誰が、何が、どこでなど)
  • 正解となるすべての語句 (スペル、複数形、一般的な略語によるバリエーションを含む)

質問はシステムによって採点されます。追加した疑問詞が1つと、その後に追加した語句のいずれかを含み、文末の句読点が付いていると、正しい解答となります。


質問文作成問題の作成

  1. テスト、アンケート、またはプールにアクセスします。質問の作成メニューから、[質問文作成問題]を選択します。
  2. 学生が質問文を作成する対象となる記述を入力します。
  3. メニューから、[疑問詞の数]を選択します。最大で103の疑問詞を追加できます。
  4. 必要に応じて疑問文を入力または編集します。疑問詞を削除するには、[削除]を選択します。
  5. 解答の語句を入力します。複数の解答語句が必要な場合は、オプションで、解答語句の数を選択します。解答文の最大数は100です。
  6. オプションで、正解および不正解のフィードバックを入力します。
  7. [送信]を選択します。

部分的な評価

質問文作成問題では、部分的な評価を指定できます。部分的な評価は、教材の理解が 不十分な解答をした学生に与えられます。

個々の問題で部分的な評価を使用するには、[質問の設定]ページでそれらの評価を指定するオプションを有効にする必要があります。

部分的な評価の詳細