従来のコースビューで利用可能なツールは、あなたの教育機関によって管理されています。Ultraコースビューでは、インストラクタはテストを常に利用できますが、匿名で提出されるアンケートはまだサポートされていません。

多肢選択問題

お使いの画面表示と異なる場合。多肢選択問題の作成に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

多肢選択問題では、学生は複数の選択肢の中から正解を1つ選択します。

複数回答問題を使用して、複数の解答を持つ問題を作成します。

多肢選択問題とJAWS®の詳細

多肢選択問題の作成

  1. テスト、アンケート、またはプールにアクセスします。質問の作成メニューで、[多肢選択問題]を選択します。
  2. [質問文]を入力します。
  3. メニューから[解答の番号付け]と[解答の表示方向]を選択するか、デフォルトのままにします。
  4. デフォルトの選択肢の数は4です。多くする場合は、メニューから[解答数]を選択します。解答数を減らすには、解答ボックスの横の[削除]を選択して削除します。多肢選択問題の解答数は2から99個の間で用意してください。
  5. 各ボックスに解答を入力します。
  6. 1つの正解に対するオプションを選択します。
  7. オプションで、正解および不正解のフィードバックを入力します。部分的な評価を許可した場合、部分的に正解している解答は、不正解のフィードバックを受け取ります。
  8. [送信]または[送信して次の質問を作成]を選択して、質問をテストに追加します。

多肢選択問題は自動的に採点されます。テストにこの種類の問題しかない場合、テストの得点は自動的に投稿され、学生に表示されます。


部分的な評価と負の評価

多肢選択問題では、部分的な評価または負の評価を指定できます。部分的な評価は、教材の理解が不十分な解答をした学生に与えられます。部分評価の割合を、各解答に入力します。負の評価は、推量を抑止するために使用されます。不正解および質問に負の点数を与えることができます。

個々の質問で部分的な評価または負の評価を使用するには、[質問の設定]ページでそれらの評価を指定するオプションを有効にする必要があります。負の得点を許可するオプションは、部分的な評価を許可するオプションを選択していない限り表示されません。

部分評価と負の評価の詳細


ULTRA :多肢選択問題/複数回答問題

お使いの画面表示と異なる場合。多肢選択問題の作成に関する"従来"のヘルプを参照してください。

多肢選択問題では、学生は複数の選択肢の中から正解を1つ選択します。

複数の正解を持つ多肢選択問題を作ることもできます。

多肢選択問題と複数回答問題は自動的に採点されます。アセスメントにこの種類の問題しかない場合、アセスメントの得点は自動的に投稿され、学生に表示されます。1つの問題に複数の正解がある場合、部分的な評価または負の評価を与えるかどうかを選択できます。

多肢選択問題/複数回答問題の作成

新しいテストを作成するときは、プラス記号を選択してメニューを開きます。既存のテストでは、問題を追加する場所のプラス記号を選択します。[多肢選択問題を追加]を選択します。

テストや課題で質問を作成する場合も、同じプロセスを使用します。

[テストコンテンツ]領域が開くので、質問と解答を作成します。問題は、デフォルトで10点に設定されています。[点数]ボックスを選択して、新しい値を入力します。

新しい多肢選択問題にはデフォルトの正解がありません。少なくとも1つの正解を選択し、すべての回答にテキストを追加するまで、保存することはできません。

テストコンテンツが整理された状態を保つために、各問題内にファイルを追加することができます。エディタの[コンテンツの挿入]メニューから、[クラウドストレージから挿入]などを選択します。追加したファイルを編集するには、質問の編集モードを開きます。

テキストとファイルの追加方法の詳細

クラウドストレージの詳細

テストと問題の編集の詳細

4つのデフォルトの解答ボックスの横で、必要のない解答ボックスを削除できます。4つ以上の解答ボックスを必要とする場合は、[選択肢の追加]を選択します。回答ボックスを必要なだけ追加できます。解答を移動するには[移動]アイコンを選択します。ゴミ箱アイコンを選択すると、解答を削除できます。

多肢選択問題では、2つ以上の選択肢と、1つ以上の正解が含まれる必要があります。空のフィールドを削除して、[保存]オプションを有効にします。複数の解答を持つ問題の点数の付け方を選択できます。

エディタのオプションを使用して、テキストの書式を設定できます。

キーボードを使用してエディタツールバーに移動する場合は、[Alt]+[F10]を押します。Macでは[Fn]+[Alt]+[F10]を押します。番号付きリストなどのオプションを選択するには、矢印キーを使用します。


ULTRA :質問にゴールを設定する

各アセスメントの質問にゴールを設定して、所属教育機関の達成度の測定に役立てることができます。アセスメントを利用可能にすると、学生は質問に設定されたゴールについての情報を確認でき、求められているレベルを知ることができます。

質問のメニューにアクセスし、[ゴールを設定]を選択してゴールを選択します。

コースコンテンツに目標を関連付ける方法の詳細


ULTRA :採点済みの多肢選択問題/複数回答問題

多肢選択問題と複数回答問題は自動的に採点されます。解答は、多肢選択問題のために選択した得点オプションと、学生の解答が1つ以上の正解と一致したかどうかに基づいて採点されます。提出物をレビューする際、解答の選択肢を表示または非表示にできます。

自動的に採点された個々の問題の得点を変更することはできません。