従来のコースビューで利用可能なツールは、あなたの教育機関によって管理されています。Ultraコースビューでは、インストラクタはテストを常に利用できますが、匿名で提出されるアンケートはまだサポートされていません。

組み合わせ問題では、学生はある列の項目を、別の列の項目と対にして、組み合わせます。解答を再利用したり、一致しない選択肢を追加したりできるので、各列の項目の数が同じである必要はありません。一致しない選択肢は、どの項目とも一致しない不正解の選択肢であり、質問の難易度を高めます。不正解の選択肢を使用する教員もいるため、学生は消去法で正解を推測することができません。

:

動物とその食性を組み合わせる場合

学生は、豚、ライオン、シマウマ、馬、ハリネズミと、以下の解答を一致させます :肉食動物、雑食動物、草食動物。

この例では、学生はいくつかの解答を複数回使用することになります。


組み合わせ問題の作成

お使いの画面表示と異なる場合。組み合わせ問題の作成に関する"Ultra"のヘルプを参照してください

  1. テスト、アンケート、またはプールにアクセスします。質問の作成メニューから、[組み合わせ問題]を選択します。
  2. [質問文]を入力します。
  3. [解答の番号付け]をメニューから選択するか、デフォルトのままにします。
  4. メニューから、[質問数]を選択します。デフォルトの質問数は4で、最大100までです。質問項目を4つ未満にしたい場合は、質問のエディタの上にある[削除]を選択します。
  5. 質問と解答のペアを入力します。別のペアの解答を再利用することができます。解答フィールドの下にあるチェックボックス[次の中から選択肢を再利用する]をオンにし、メニューから選択します。
  6. オプションで、[一致しない選択肢の追加]を選択して、数字を選択します。一致しない選択肢が含まれていると、 質問の難易度が高まります。
  7. [解答の順序]で、[ランダム]を選択するか、手動で解答を選択して任意の表示位置までドラッグします。
  8. オプションで、正解および不正解のフィードバックを入力します。
  9. [送信]または[送信して次の質問を作成]を選択して、質問をテストに追加します。

部分的な評価と負の評価

組み合わせ問題では、部分的な評価または負の評価を指定できます。部分的な評価は、教材の理解が不十分な解答をした学生に与えられます。部分評価の割合を、各解答に入力します。負の評価は、推量を抑止するために使用されます。不正解および質問に負の点数を与えることができます。

個々の質問で部分的な評価または負の評価を使用するには、[質問の設定]ページでそれらの評価を指定するオプションを有効にする必要があります。負の得点を許可するオプションは、部分的な評価を許可するオプションを選択していない限り表示されません。

部分評価と負の評価の詳細


ULTRA :組み合わせ問題について

お使いの画面表示と異なる場合。組み合わせ問題の作成に関する"従来"のヘルプを参照してください

組み合わせ問題では、学生はプロンプト列の項目を、解答列の項目と対にして、組み合わせます。解答を再利用したり、追加の解答を追加したりできるので、各列の項目の数が同じである必要はありません。追加の解答は、どのプロンプトとも一致しない不正解の選択肢であり、質問の難易度を高めます。不正解の選択肢を使用する教員もいるため、学生は消去法で正解を推測することができません。

:

動物とその食性を組み合わせる場合

学生は、プロンプト :豚、ライオン、シマウマ、馬、ハリネズミと、解答 :肉食動物、雑食動物、草食動物を組み合わせます。

すべての解答はランダムな順番で表示されます。

組み合わせ問題は自動的に採点されます。課題にこの種類の問題しかない場合、課題の得点は自動的に投稿され、学生に表示されます。次の得点オプションを選択できます。

  • 部分的な評価を許可する
  • [すべて]または[なし]
  • 誤答は減点するが、得点を負の値にすることはできない
  • 負の値の得点を許可する

得点オプションの詳細


ULTRA :組み合わせ問題の作成

新しいテストを作成するときは、プラス記号を選択してメニューを開きます。既存のテストでは、問題を追加する場所のプラス記号を選択します。[組み合わせ問題を追加]を選択します。

支援技術を使った、Ultraの組み合わせ問題をナビゲートする方法を学ぶ

[テストコンテンツ]領域が開きます。

テストや課題で質問を作成する場合も、同じプロセスを使用します。

手順1 :エディタで説明または問題を追加します。

手順2 :プロンプトと解答を追加します。

  • 少なくとも1つのプロンプトと2つの解答が必要です。新規の組み合わせ問題のデフォルトフィールドでは、この要件が満たされています。
    • ペアを追加 :プロンプトと解答のペアの最大数は100です。ペア内の解答を再利用することができます。
    • 解答を追加 :追加の解答はどのプロンプトとも一致しません。これらの解答は再利用できません。追加の解答の最大数は10です。
  • エディタを使用して、ファイル、動画、音声、リンクを任意のフィールドに追加できます。エディタのオプションまたは[コンテンツの挿入]メニューで、[クラウドストレージから挿入]などを選択します。プロンプトと解答に関しては、エディタの機能が制限されます。たとえば、箇条書きリストや番号付きリストを追加することはできません。

クラウドストレージの詳細

エディタのオプションを使用して、テキストの書式を設定できます。

キーボードを使用してエディタツールバーに移動する場合は、[Alt]+[F10]を押します。Macでは[Fn]+[Alt]+[F10]を押します。番号付きリストなどのオプションを選択するには、矢印キーを使用します。

手順3 :得点オプションを選択します。問題の説明に得点オプションを追加することができます。

手順4 :問題は、デフォルトで10点に設定されています。[点数]ボックスを選択して、新しい値を入力します。

手順5 :問題を保存します。

  • 問題と、少なくとも1つのプロンプトと2つの解答を追加するまでは、[保存]は無効の状態になっています。追加の解答フィールドを使用しない場合は、解答付きの2つのペアが必要です。
  • 追加した空のペアや、空の追加の解答など、空のフィールドを削除して、[保存]オプションを有効にします。[追加の解答1]フィールドの横にある[削除]オプションは、解答付きのペアが少なくとも2つ作成されるまで有効にはなりません。

解答の再利用

同じ解答を複数のペアに使用することができます。追加の解答フィールドの解答は再利用できません。

ペアの解答の横にあるメニューにアクセスして[解答を再利用]を選択します。以前に追加した解答から選択を行います。解答を再利用すると、解答フィールドに次のメッセージが表示されます。ペア[ペア番号]の解答を再利用しました。再利用した解答を削除するには、[X]を選択します。

1つ以上の別のペアで再利用されている解答を持つペアを削除すると、関連するペアからも解答が削除されます。再利用されている解答の編集を開始すると、次のメッセージが表示されます。この解答は再利用されます。変更を行うと他のペアに影響します

得点オプション

組み合わせ問題は、次の中から選択した得点オプションに基づいて自動的に採点されます。

  • 部分的な評価を許可する
  • [すべて]または[なし]
  • 誤答は減点するが、得点を負の値にすることはできない
  • 負の値の得点を許可する

得点オプションは、提出物が提出された後でも変更できます。採点は更新されます。

アセスメントの説明で、どの得点オプションが使用されているか学生に伝えてください。

部分的な評価。学生が問題の一部を正解した場合は、部分的な評価が与えられます。ペアは均等に加重されます。あるペアの値を他のペアよりも高くすることはできません。

[すべて]または[なし]。最高評価を得るには、すべてのペアを正しく一致させる必要があります。1つ以上の間違った組み合わせがあると、0点になります。

誤答は減点するが、得点を負の値にすることはできない。誤答を減点することで、学生が当て推量をしたり、無解答で提出したりすることを抑止します。ペアは均等に加重されます。あるペアの値を他のペアよりも高くすることはできません。この問題の得点は0未満になることはありません。

負の値の得点を許可する。学生は正解の組み合わせごとに得点を獲得し、誤答や無解答のたびに減点されます。この問題の得点は0未満になる可能性があります。

:

ある問題に5ペアあり、各ペアが2点で合計10点になります。ある学生が2ペアを正しく組み合わせました :

2つ正解だったので4点獲得し、3つ不正解だったので6点減点されます。したがってこの問題の得点は―2になります。


ULTRA :問題へのメディアの追加

問題と解答にメディアを追加することができます。次のメディアファイルタイプは、ブラウザにインラインで表示されます。

  • 画像 :JPEG、GIF、PNG
  • 音声 :MP3、FLAC、WAV
  • 動画 :MP4

たとえば、解答にMP4動画をアップロードすると、学生が問題を表示する間、動画を再生するためのコントロールが表示されます。メディアファイルをインラインで表示するオプションがない場合は、学生はそのファイルをダウンロードして表示する必要があります。

解答の再利用を選択した場合、インラインで表示されるメディアファイルも選択肢に表示されます。

問題へのテキストとファイルの追加方法の詳細

問題への画像とメディアの追加方法の詳細

メディアの学生ビュー

学生は選択を行う前に、解答の選択肢内のメディアを表示し、一覧をスクロールすることができます。インラインで表示される動画には、再生やダウンロードのためのコントロールが表示されます。インラインで表示されないメディアファイルには、プレビューまたはダウンロードのためのメニューがあります。学生は画像を選択して、拡大することができます。


ULTRA :質問にゴールを設定する

各アセスメントの質問にゴールを設定して、所属教育機関の達成度の測定に役立てることができます。アセスメントを利用可能にすると、学生は質問に設定されたゴールについての情報を確認でき、求められているレベルを知ることができます。

質問のメニューにアクセスし、[ゴールを設定]を選択してゴールを選択します。

コースコンテンツに目標を関連付ける方法の詳細


ULTRA :採点済みの組み合わせ問題

組み合わせ問題は自動的に採点されます。課題にこの種類の問題しかない場合、課題の得点は自動的に投稿され、学生に表示されます。学生は、教員と同じように、採点済みの問題を表示します。

  1. 問題の成績ピルでは、獲得した点数が表示されます。組み合わせ問題は、選択した得点オプションに基づいて採点されます。自動的に採点された個別の問題の得点を変更することはできません。
  2. プロンプトと解答の上に、正しく一致したペアの数を示す要約が表示されます。
  3. 正解にはチェックマークアイコンが付けられ、背景は緑色です。
  4. 不正解はXアイコンが付けられ、背景は明るい赤色です。

得点オプションは、提出物が提出された後でも変更できます。採点は更新されます。

テストと問題の編集の詳細


ULTRA :組み合わせ問題とコースの変換

元のコースビューでは、組み合わせ問題のペアごとに異なるパーセンテージを追加することができます。たとえば、元のコースでは、ペア1に30パーセントを、残りのペアすべてに10パーセントを設定できます。元のコースをUltraに変換するとき、パーセンテージは均等に配分されます。