この情報は、従来のコースビューのみに適用されます。利用可能なツールは、あなたの教育機関によって管理されています。

問題プールは、繰り返し使用できる質問の集まりです。

元のコースビューでは、プールを使用してテストやアンケートを作成できます。また、他のコースのテストで使用するため、プールのエクスポートとインポートができます。

プール内の質問は、テストの質問とほぼ同一です。フィードバック、メタデータ、およびその他のテスト問題の要素すべてを含めることができますが、点数だけは含めることができません。

教員は、通常プールを使用して、複数のテストで再使用可能な質問のデータベースを作成します。例えば、「持続可能な生活」コースの教員は、指導した中心的トピックである「ダエット、住まい、エネルギー」のそれぞれに質問プールを作成できます。これらのプールを複数のテストやその他のコースで使用することができます。


Ultraと元のコースビューのアセスメント用語の比較

ユーザ調査と現在の業界標準に基づいて、アセスメント機能名をいくつか変更しました。Ultraコースビューには、現在の標準に合わせた新しい用語が含まれています。

次の表に、2つのコースビューのアセスメント問題機能の名前を示します。

アセスメントにおけるUltraと元の用語の比較
Ultraコースビュー元のコースビュー
問題プールランダムブロックおよび質問セット
問題バンク問題プール
質問の分析項目分析

プールキャンバス

お使いの画面表示と異なる場合。問題バンクに関する "Ultra"のトピックを参照してください

[プールキャンバス]から、プールに追加する質問を管理および検索できます。プール名と手順の編集、質問の作成または編集、質問のアップロードを実行できます。また、質問を削除したり、点数を変更することもできます。

テストにプールの質問を選択すると、テストとプールの質問との間にリンクが作成されます。このため、元の質問を変更すると、改訂されたバージョンの質問が表示されます。

成績を付けないアンケート用にプールする質問を作成する場合は、正解を選択する必要があります。その後、テストとアンケートで質問を使用できます。質問をアンケートに追加した後は、その解答は無視されます。

また、問題プールを使用すると、QTI基準を使用してテスト問題をインポート/エクスポートすることもできます


プールの構築

  1. [コントロールパネル]の[コースツール]セクションを展開し、[テスト、アンケート、およびプール]を選択します。
  2. [テスト/アンケート/ プール]ページで[プール]を選択します。
  3. [プール]ページで、[プールの作成]を選択します。
  4. [プール情報]ページを完了し、[提出]を選択します。
  5. 質問を追加する際、[質問の作成]、[質問の検索]、[質問のアップロード]を使用できます。

[質問の検索]を選択すると、コースに既にあるテストや他のコースからインポートしたテストから選択できます。テストがない場合、セクションは空白です。

テストのインポートの詳細

既存のプールの編集

  1. [プール]ページでプールのメニューにアクセスし、[編集]を選択します。
  2. 質問の追加、質問の削除、または点数の変更を行います。
  3. [プール]ページに戻るには、[OK]を選択します。

問題の編集

学生がテストを開始した後は、テストに配置されたプールの質問を変更しないでください。プールの質問を編集すると、学生が成績やフィードバックを表示したときに、新しい、変更された質問が表示されます。学生が元の質問を確認することができなくなります。

リンクされた質問に変更を加えると、その質問が表示されるすべての場所でその変更が適用されることを示す警告メッセージが表示されます。

質問に答案があり、教員がその質問を変更する場合、提出済みの答案をすべて再採点する必要があるため、テストの点数に影響が及ぶ可能性があります。影響がある教員と学生には通知されます。

次の手順を使用してプール内の質問を編集します。

  1. [プール]ページでプールのメニューにアクセスし、[編集]を選択します。
  2. [プールキャンバス]で、質問のリストをフィルタできます。[基準の参照]セクションで、基準セクションを展開し、特定の基準を選択します。
  3. 質問のメニューにアクセスし、[編集]を選択して変更を加えます。
  4. [提出]を選択して、その質問が存在するすべてのテストへの変更を適用します。または、[名前を付けて保存]を選択して新しい質問を作成すれば、既存の答案を再採点する必要はありません。

QTI Packages


About QTI packages

Instructors and course builders may rely on third-party content to build their curriculum and complement materials such as textbooks. To help ensure compatibility, publishers and other content creators develop this material using industry standards.

Industry standards ensure that learning management systems are ready and able to process this content. The IMS Global Learning Consortium established the Question and Test Interoperability (QTI) standard to support compatibility between questions and a course, regardless of the learning management system.

If your institution uses a newer release of Blackboard Learn, you can import and export QTI packages to use in your assessments.

Questions imported from a QTI package are supported in the Original Course View only.

What’s supported in a QTI package?

  • Blackboard Learn supports certain questions types in a QTI package: True/False, Multiple Choice, Multiple Answer, Fill in the Blank, and Essay.
  • If a question contains embedded media, HTML 5 and HTML object tags are imported. HTML5 is exported.
  • Question metadata such as tags, categories, and alignments aren’t supported and aren't imported or exported.
  • Questions using the optional QTI response processing are skipped and not imported.
  • When question configuration options don’t match, Blackboard Learn prioritizes fidelity of the question and answer text over settings. For example, some exam systems allow differing partial credit allocations to be set per possible answer response, whereas Blackboard Learn maintains a list of correct answers. In this case, all answer options are imported as correct so they can be reviewed for continued applicability in Blackboard Learn.

Because different assessment tools have different features and varying media, HTML, and equation handling capabilities, you should always review and test questions after transfer between solutions.


Import a QTI package

You’ll need to import QTI packages into your course as question pools. After you import the questions, you can use them in assessments.

  1. In your course, go to Course Tools > Tests, Surveys, Pools > Pools.
  2. Select Import QTI 2.1 Package.
  3. Browse your computer or the Content Collection to locate the QTI package.
  4. Select Submit.
  5. After Blackboard Learn processes the package, you’ll see a status page to show the results. Select OK to return to the Pools page.

You can edit the questions in the pool. When you're ready, use the questions in a test.

Use questions in a test

Now that you’ve imported a QTI package, you can use the questions in a test. To build a test with questions in a pool:

  1. In your course, go to Course Tools > Tests, Surveys, Pools > Tests.
  2. Select Tests > Build Test.
  3. Type a name and optional description or instructions. Select Submit.
  4. In the Reuse Questions menu, select Find Questions.
  5. You’re brought to a library of test questions in your course, including those in pools. Select the pool created from the QTI package import.
  6. Select the questions you want to use and select Submit.
  7. The questions are added to your test.

Export a QTI package

Just like they’re imported into Blackboard Learn, QTI packages are exported as question pools. You need to move questions from an assessment to a question pool to export the QTI package.

  1. You can build a pool with questions from any assessments in your course.
  2. After you build the pool, return to the Pools page.
  3. In the pool’s menu, select Export QTI 2.1 Package.
  4. The package downloads to your computer as a ZIP file.

メモ