従来のコースビューで利用可能なツールは、あなたの教育機関によって管理されています。Ultraコースビューでは、インストラクタはテストを常に利用できますが、匿名で提出されるアンケートはまだサポートされていません。

採点するテストへのアクセス

お使いの画面表示と異なる場合。テストへのアクセスに関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

採点が必要なテストは、[要採点]ページまたは成績管理からアクセスします。

成績管理の列は、コースで作成およびリンクされたテストごとに自動的に作成されます。提出済みのテストで未採点のものは、要採点アイコンで示されます。システムによってさまざまなタイプの問題が採点されますが、作文問題、記述問題、ファイル提出問題のように手動の採点が必要な問題もあります。

テストを匿名で採点したり、特定の質問に対するすべての解答を採点したり、質問に対するすべての解答に最高評価を付与することができます。テストから質問を削除したり、テスト答案をクリアして、学生がテストをもう一度受けることを許可することもできます。


未提出の学習活動に関するリマインダの送信

未提出の学習活動がある学生とグループのメンバに、成績管理列からEメールリマインダを送信することができます。学生は、システムによって生成されたEメールを受け取ります。これには、コース、学習活動および期限日 (インストラクタが設定している場合) が記載されています。

リマインダ送信の詳細


[要採点]ページでのテストの採点

多数の学生が登録し、多数の採点可能な項目があるコースでは、最初に採点が必要なテストの判別に[要採点]ページが役立ちます。

進行中のテストは[要採点]ページには表示されません。

たとえば、期日でソートし、教育機関が指定する期限までに最終テストを採点するようにできます。採点可能な項目のすべてに対して所要時間が指定されている場合、[要採点]ステータスを使用することにより、項目の表示をカスタマイズできます。リストをソートし、フィルタを適用して、最も緊急性の高いテストを最初に採点することが可能です。

[コントロールパネル] > [成績管理]セクション > [要採点]ページ

[要採点]ページの詳細


成績管理でのテストの採点

成績管理には、採点可能なすべての項目が表示されます。項目数によって、採点作業のための時間の計画方法に影響が生じることがあります。また、採点する際に学生の以前の成績を表示すると便利な場合もあります。

成績管理にアクセスするには

  1. コントロールパネル]で、[成績センタ]セクションを展開します。
  2. 成績センタ全体]または[テスト]のスマートビュー(使用可能な場合)を選択して、テストの結果にアクセスします。

単一のテストを採点するには

  1. [要採点]アイコンが付いている、学生のテストのセルを探します。
  2. セルのメニューにアクセスし、[答案]を選択します。[テストの採点]ページが表示されます。

1つのテストのすべての答案を採点するには

  1. テストの列のメニューにアクセスします。
  2. [答案の採点]を選択します。[テストの採点]ページが表示されます。

成績管理での成績の割り当ての詳細


[テストの成績]ページ

お使いの画面表示と異なる場合。テストページに関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

[テストの成績]ページでは、学生や答案間の移動、ルーブリックの表示、匿名採点、テスト情報の表示が可能です。

[テスト情報]リンクを展開してステータス、説明、関連する日付と時刻を表示します。インストラクタは、学生がテストを再提出できるよう、テストの答案をクリアできます。また、成績を付けるため、インストラクタが、進行中のテストを提出することもできます。

テストに、点数を割り当てる必要のある質問がある場合、テストステータスは[要採点]で、[得点]は0です。

  1. [テストの成績]ページで、自動的に採点されない質問の得点をそれぞれ入力します。また、既存の点数を変更することもできます。
  2. オプションで、ルーブリックを作文問題、記述問題、またはファイル提出問題に関連付けた場合、[ルーブリックの表示]を選択してルーブリックを使用して質問を採点します。
  3. オプションで、個々の質問に固有の[解答へのフィードバック]を追加します。[応答フィードバック]ボックスは、論述問題などの特定の質問のタイプにのみ表示されます。
  4. オプションで、コメントを[学生へのフィードバック]ボックスに入力します。
  5. 必要に応じて、コメントを[教員用のメモ]ボックスに入力します。このテキストは学生に表示されません。
  6. [保存して終了]を選択し、採点をどこから始めたかに応じて[成績管理全体]、[要採点]ページ、または[成績の詳細]ページに戻ります。

    -または-

    [保存して次へ]を選択すると、次の学生が表示されます (いる場合)。

    -または-

    矢印を使用いて、前後の学生に移動します (いる場合)。

1つのテストで複数の答案を許可した場合は、すべての答案を採点するまで学生の成績は公開されません。

フィードバックの記録を追加する

答案を採点する際、音声または動画で記録したフィードバックをエディタに埋め込むことができます。コース上の採点済みの項目のほとんどで、フィードバックエディタ内に記録オプションが表示されます。学生は教員がテキストに埋め込んだ音声や動画の内容を確認できます。

音声または動画形式のフィードバックを追加する方法の詳細


学生の名前を非表示にしてテストを採点する

テストを採点する際に、採点作業中にユーザ名を非表示にして、重要なテストにおいて偏見をなくすことができます。

匿名での採点により、偏らない公平性を高めることができます。誰からの提出物かわからないため、学生の過去のパフォーマンス、クラスへの参加状況、葛藤、人種、性別、学生の既知の素質などによって採点に不必要な影響が及びません。この方法は、先入観なしで採点が行われたことが学生に保証されるため、学生とインストラクタの関 係性にも貢献します。

匿名で採点する場合、すべての識別情報が非表示になり、結果はランダムな順序で表示されます。それぞれの学生には番号(学生8など)が割り当てられます。

[要採点]ページにアクセスするには

  1. テスト答案のメニューにアクセスします。
  2. [ユーザ名を非表示にして採点]を選択します。[テストの採点]ページが表示されます。

成績管理にアクセスするには

  1. テストの列見出しのメニューにアクセスします。
  2. [ユーザ名を非表示にして採点]を選択します。[テストの採点]ページが表示されます。

[テストの成績]ページから、以下の操作を行います。

  1. [ユーザー名を非表示]を選択します。
  2. [OK]を選択します。採点が実行中の場合、現在処理中の答案に対する未保存の変更内容は失われます。[テストの成績]ページが更新されて新しい答案が表示され、すべての識別情報が非表示になります。

質問ごとにテストを採点

テストごとに、特定の質問に対するすべての解答を採点することを選択できます。答案間を移動して、同じ質問を学生ごとに表示して採点することができます。ある質問に対して提示された解答のみに集中できるため、時間の節約になります。すべての学生がどのように解答しているかを確認し、その特定の質問においてグループがどのように機能したかについてのフィードバックを即座に提供することもできます。また、すべてまたは多数の学生に対して得点調整が必要な質問に、再度アクセスする必要がある場合にも、質問ごとの採点を使用できます。

同時に、学生名を非表示にして質問を採点することもできます。すべてのテストの答案は、すべての質問のすべての解答を採点するまで、[要採点]のステータスのままです。

  1. 成績管理で、テストの列のメニューにアクセスし、[質問の採点]を選択します。

    -または-

    [要採点]ページで、テストのメニューにアクセスし、[採点 (質問別)]を選択します。

  2. [質問の採点]ページでは、ステータス([採点済み]、[要採点]、[実行中])ごとに質問をフィルタリングすることができます。必要に応じて、[ユーザ名を非表示にして採点]チェックボックスをオンにすることもできます。
  3. それぞれの質問を表示するには、[解答]列の番号を選択します。
  4. [解答の採点]ページで、[質問情報]リンクを展開して、質問を表示します。匿名での採点を選択していない場合は、[ユーザ名の非表示]を選択します。ポップアップウィンドウで[OK]を選択します。
  5. 学生の得点の横にある[編集]を選択します。
  6. [得点]ボックスに成績を入力します。オプションで、個々の質問に固有の[解答へのフィードバック]を追加します。フィードバックボックスは、論述問題などの特定の質問のタイプにのみ表示されます。[送信]を選択します。
  7. オプションで、ルーブリックを作文問題、記述問題、またはファイル提出問題に関連付けた場合、[ルーブリックの表示]を選択してルーブリックを使用して質問を採点します。
  8. すべての学生の解答を採点したら、[質問に戻る]を選択して[質問の採点]ページに戻ります。

最高評価の付与または削除

表示している質問に対するすべてのテスト送信内容に最高評価を与えることができます。後続の送信内容にも最高評価が与えられます。最高評価を与えた後に、[最高評価の削除]をすると、自動採点に戻したり、以前入力した手動採点に戻したりできます。

  1. 前セクションの手順1から3を行い、[解答の採点]ページにアクセスします。
  2. 質問を表示するには、[質問情報]リンクを展開します。匿名での採点を選択していない場合は、[ユーザ名の非表示]を選択します。ポップアップウィンドウで[OK]を選択します。
  3. [最高評価を与える]を選択して質問に最高評価を割り当てるか、[最高評価の削除]を選択します。
  4. [質問の採点]ページに戻るには、[質問に戻る]を選択します。

質問の値の削除または変更

[テストキャンバス]または[アンケートキャンバス]で、質問を追加、編集、削除できます。学生が答案を提出する前に、インストラクタは、質問セットまたはランダムブロックの追加、質問の並べ替え、テストやアンケート情報の編集を行うこともできます。

答案が提出された後に、質問を追加したり、質問セットの質問数を変更したり、ランダムブロックの定義やオプションを変更することはできません。

テストまたはアンケートを配置した後に、学生が答案を提出した場合は、質問を削除できます。影響のあるすべての答案は採点し直されます。また、影響のあるすべてのアンケートは更新されます。質問の番号は自動的に更新されます。テストの提出内容が存在する場合に質問を削除すると、その質問は、取得可能な得点とともにテストから削除されます。テストの答案は、その質問がテストに含まれていなかった場合と同じように再採点されます。

問題の編集と削除


ULTRA :採点を開始する場所

お使いの画面表示と異なる場合。テストへのアクセスに関する"従来の"ヘルプを参照してください。

採点を開始する場所を選択できます。

担当のコースで採点準備ができているテストの数を確認できます。自分の名前が表示されるリストでは、グローバル[成績]ページの担当コースの採点タスクにすぐにアクセスできます。採点タスクはコースごとに整理されています。進行状況をすぐに確認して、ボード全体の優先順位を設定し、採点を開始することもできます。採点準備ができているものを確認するために、各コースに移動する必要はありません。

そのページには、アクションを取る必要がある時に情報が表示されます。採点準備ができているテストやどのテストで何人の学生が期限超過しているかを確認できます。

絞り込むには?コースでは、ナビゲーションバーでコースの成績表にアクセスできます。誰が提出を行ったかを確認でき、採点を開始することができます。

学生の提出物が採点可能になると、アクティビティストリームで警告が表示されます。リンクを選択して、成績表に移動します。または、コースコンテンツページでテストを選択し、何人の学生が提出を行ったかを確認します。


ULTRA :テストから採点を開始する

お使いの画面表示と異なる場合。テストの成績ページに関する「従来の」ヘルプに移動します。

テストにアクセスすると、[コンテンツと設定]ページに質問と期限日や満点の点数などの設定が表示されます。[テストの設定]アイコンを選択して変更します。たとえば、いつでも成績評価を変更でき、その変更は学生と成績表に表示されます。

会話を把握します。このテストについて会話を許可していれば、[クラスの会話を開く]アイコンを選択して、学生の発言を表示することができます。学生はテストが利用できる間、教員やクラスメートとテストについて話し合うことができます。テストの前、テスト中、テストの後、学生は会話に貢献できます。こうした会話はテストと一緒になっていて、このページから、またはテストの提出ページから会話にアクセスできます。

最後に会話パネルを開いてから新しいアクティビティが生じたことを示すのに、会話アイコンで紫色の丸が表示されます。

誰かの会話の貢献を削除するには、[削除]アイコンを選択します。学生は自分の貢献を削除できますが、編集できる人はいません。

テストの会話の詳細

要採点の数を確認します。[提出]リンクを選択し、何人の学生がテストを完了したかを確認します。


ULTRA :テストの提出リストページ

提出リストページには、登録されている学生すべてが表示されます。

1つのページですべての提出物を把握します。採点可能な答案をすぐに確認できます。学生が期日後に提出している場合、もしくは期日が過ぎているのに答案が提出されていない場合、学生のプロフィール画像に赤い丸が表示されます。

詳細にアクセスします。いつでも指示と設定を確認できます。たとえば、[コンテンツと設定]リンクを選択して、テストページに戻ります。

優遇措置が設定されている学生を表示します。個々の学生に対して優遇措置を設定して、課題の期日や制限時間などの条件を除外できます。優遇措置を設定して、一部の条件のクリアが困難な学生の進捗を助けます。成績表とユーザ一覧には、優遇措置を設定した学生の名前の横にアイコンが表示されます。

特別優遇措置の詳細

会話を確認します。[クラスの会話を開く]アイコンを選択して、学生の発言を表示します。

採点を開始します。学生の名前を選択して個別の提出物にアクセスし、成績の割り当てとフィードバックの提供を行います。このページで直接成績を割り当てることもできます。これらの成績は上書きされた成績となります。その成績の横に上書きラベルが表示されます。値を割り当てたら、成績エリア外のどこかをクリックして保存します。

成績の上書きの詳細

成績の投稿の開始まだ公開されていない成績の横には、[投稿]が表示されます。投稿する成績と時期を選択できます。投稿された成績には、[投稿済み]というメッセージが列に表示されます。ある項目のすべての提出物を連続して採点した後、[すべての成績を投稿する]を選択してすべての成績を一度の操作でリリースすることもできます。

提出のタイムスタンプを表示する

採点の開始や採点の確認を行う際に、提出のタイムスタンプをポイントすると詳細な情報を表示できます。タイムスタンプは、学生の提出ページに表示されるか、アセスメントに対して複数の答案を許可している場合は答案パネルに表示されます。

たとえば、学生の提出ページでは、学生がいつ提出をしたのか、そして自分がいつ成績を投稿したのかを確認できます。期限日が過ぎるとタイムスタンプは赤で表示され、"期限遅れ"のラベルが付けられます。

答案が複数の場合は、[提出物]リストページで学生の名前を選択して答案のパネルを開きます。追加情報を表示するには、タイムスタンプをポイントします。

[フィードバック]パネルが提出物の横に表示されます

フィードバックアイコンは各答案の横に表示されます。アイコンを選択して[フィードバック]パネルを開きます。このパネルは画面の横に固定されます。テストをスクロールして、全般的なフィードバックを追加できます。


ULTRA :学生の提出ページ

テストの提出リストページから学生の提出物にアクセスします。

学生の作業を確認します。学生の解答が各問題に表示されます。現在、学生はHTMLコードで書式化したり、個々の質問にファイルを追加したりできません。ただし、テストの最後に学生はコメントやファイルを追加することができます。

採点した数を表示します。提出物を採点し、次の提出物に移動する時に、右上隅に進行状況が表示されます。

他の提出物へ移動します。採点準備ができている別の提出物に移動するには、矢印を使用します。

ルーブリックを表示します。ルーブリックをこのテストに関連付けている場合、空の成績の囲み内にあるルーブリックアイコンを選択して、基準を表示します。画面が調整され、学生の提出物とルーブリックが一緒に表示されます。

ルーブリックを使用した採点の詳細

採点、フィードバックの提供、投稿を行います。各質問の得点を割り当てます。小数第2位まで使用できます。成績の囲み外のどこかをクリックして保存します。割り当て完了後にテストのトップに合計が表示されます。テストの得点は、すべての質問の得点の合計です。

テストの成績の囲みの横にあるアイコンから、メニューにアクセスしてオプションを選択します。提出物に関する提案、励まし、全体のフィードバックとともにメモを追加します。成績を投稿するか、提出物を削除すると、学生はもう一度チャレンジできます。

学生には何が表示されますか?テストを採点し、結果を投稿すると、学生は成績ページまたはアクティビティストリームで自分の得点を確認できます。また、学生は[コースコンテンツ]ページからテスト、提出物、フィードバック、成績にアクセスできます。

アクティビティストリームの詳細

学生のコメントとファイルの表示

作文問題の引用を提供したり、実験活動などを含めたり、テストの前にコンテンツを準備したりするよう、学生に依頼する場合があるかもしれません。学生は作業についてコメントを追加することも可能です。または、質問が含まれていないテストを作成し、テストを処理するためのドキュメントをアップロードすることもできます。

教員がテストと一緒に確認できるよう学生がコンテンツを追加している場合は、提出物の最後に表示されます。教育機関側が許可している場合は、ブラウザ内で直接、テストの終了時に表示される学生のファイルに注釈を加えたり、学生のファイルを採点したりできます。インラインビューアでは、New Box Viewというサードパーティ製のクラウドベース技術が使用されています。

次のタイプのドキュメントをブラウザで表示したり、注釈を加えたりできます。

  • Microsoft® Word (DOC、DOCX)
  • Microsoft® PowerPoint® (PPT、PPTX)
  • PDF

画像や動画など、その他のドキュメントタイプはブラウザで表示可能ですが、このようなドキュメントタイプでは注釈を加えることはできません。学生がエディタで作成したコメントは、インライン採点とは互換性がありません。

サポート対象のファイルはブラウザで自動的に開きます。元の形式設定と組み込み画像は保持されます。学生がサポートされていないファイルをアップロードした場合は、そのファイルをダウンロードすることを求めるプロンプトが表示されます。

New Box Viewでは、以下のような注釈タイプを使用できます。

  • 強調表示 :強調表示するテキストをカーソルでポイント&ドラッグして[テキストの強調表示]を選択します。[強調表示されたテキストにコメントを追加]を選択して、強調表示された領域にコメントを追加します。
  • ポイントベースのコメント :コメントアイコンを選択して、学生へのコメントを追加する任意の場所をポイントします。

成績が投稿されると、学生はファイル内の注釈を表示できなくなります。

コメントを削除するには、コメントウィンドウの[削除]アイコンを選択します。強調表示された領域を削除するには、その領域をポイントして、[テキストの強調表示]を再度選択します。拡大や縮小を行ったり、学生のファイル内の他のページに移動したりすることもできます。

成績を投稿した後であっても、注釈の追加や編集を行うことができます。

注釈を付けることができるファイルの場合は 、メニューにアクセスして[ファイルを非表示]または[ファイルをダウンロード]を選択します。また、インラインビューアのメニューから、ファイルのダウンロードや印刷を行うこともできます。ダウンロードしたファイルや印刷したファイルでは、注釈は表示されません。


ULTRA :成績ピルカラー

各問題およびテストの総合成績の成績ピルカラーは、教員が選択した成績評価に基づいています。たとえば、デフォルトの成績評価のカラーマップは以下のようになっています。

> 90% = 緑色

89-80% = 黄色/緑色

79–70% = 黄色

69–60% = オレンジ色

59-50% = 赤色


ULTRA :複数の答案があるテストの採点

テストを作成する時、学生に複数の答案を提出させることを選択できます。複数の答案を許可すると、テストの最終成績の自動計算方法が変わります。最終成績を計算する方法を選択します。

  • すべての答案の平均
  • 採点された最初の答案
  • 最高得点の答案
  • 採点された最終の答案
  • 最低得点の答案

[答案の採点]で選択したオプションに関係なく、最終成績を上書きするオプションがあります。各答案は、テストに設定された期日の影響を受けます。学生が期日後に答案を提出すると、答案に期限超過のマークがつきます。期日前に提出された答案は、期限通りとして表示されます。

上書きできるのは各答案の成績ではなく、最終成績に限ります。

成績の上書きで生じる問題の詳細

個々の答案の表示

通常のテストを採点するのと同じ場所から、複数の答案があるテストを採点することができます。

  • アクティビティストリーム
  • 成績表
  • テスト

学生の名前を選択すると、各答案と提出日が表示されたパネルが現れます。答案を選択し、提出物を表示します。

フィードバックアイコンは各答案の横に表示されます。アイコンを選択して[フィードバック]パネルを開きます。このパネルは画面の横に固定されます。テストをスクロールして、全般的なフィードバックと成績を追加できます。

ルーブリックまたは自動採点される問題を使用した場合、すでに答案の成績が存在していることがあります。

最終成績

複数のテストの最終成績は、[テストの設定]で選択した[答案の採点]設定に基づいて計算されます。必要な答案が採点されると、学生の答案が一覧になったパネルに最終成績が表示されます。たとえば、最も高い成績の答案に基づいて最終成績を計算する場合、答案が1つでも採点されるとすぐに最終成績が表示されます。ただし、他の答案の採点を続けると、最終成績が変わることがあります。

答案の採点が終わったら、学生の最終成績を投稿して表示できます。

学生には何が表示されますか?

複数の答案があるテストには、許可されている答案の回数、最終成績の計算方法が表示されます。学生がテストを開始する前は、[詳細と情報]ページにこの情報が表示されます。成績が投稿されると、学生には各答案の成績と最終成績が表示されます。教員が最終成績を上書きすることを決めた場合は、学生に知らせるメッセージが表示されます。

学生がBlackboard Learnでテストにアクセスする方法の詳細—このページに戻るには、ブラウザの[戻る]機能を使用します


ULTRA :制限時間のあるテストの採点

テストの制限時間後の作業を学生に許可している場合、どのテストが制限時間を超えているかを表示することができます。また、制限時間後に解答された問題の数も表示できます。

学生の提出物ページに、学生がテストを提出した日時が表示されます。また、制限時間を超過したかどうかも表示されます。タイムスタンプにカーソルを合わせると、制限時間後に解答された問題数が表示されます。制限時間の超過後に解答した問題は黄色で次のように表示されます :(制限時間後に解答)

学生のテスト合計点から制限時間後に解答した分を手動で減点することができます。複数の答案を許可している場合、テストの最終成績を手動で編集すると、成績の上書きが割り当てられます。

成績の上書き

上書きできるのは各答案の成績ではなく、最終成績に限ります。成績の上書きは、教員が成績の上書きを割り当てた後で学生が提出した答案も含めて、その他すべての成績エントリに優先します。最終成績を手動で変更した後、引き続き2つ目の答案を採点した場合でも、割り当てられた2回目の答案の成績より上書きされた成績の方が優先されます。学生がすべての答案を提出した後、または期日の経過後に減点する場合もあります。

制限時間の優遇措置+制限時間

制限時間の優遇措置を受けている学生に対して、課題の時間延長を許可する設定を行うと、時間が合算されます。

制限時間の優遇措置の詳細