従来のコースビューで利用可能なツールは、あなたの教育機関によって管理されています。Ultraコースビューでは、インストラクタはテストを常に利用できますが、匿名で提出されるアンケートはまだサポートされていません。

テストとアンケートを使用すると、学生の知識を測定し、進行状況を測定し、学生からの情報を収集できます。

学生に、テストを受ける際は有線接続を使用する必要があることを通知してください。無線接続の方がネットワークの問題が起きやすくなります。信号の安定性は、学生が利用する距離と帯域幅によって異なります (4G携帯電話のデータ接続と同様)。


お使いの画面表示と異なる場合。テストの作成に関する"Ultra"の動画を参照してください。

テストおよびアンケートの基本情報

お使いの画面表示と異なる場合。テストの作成に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

テストまたはアンケートを作成した後は、質問を作成するか、または他のテスト、アンケート、およびプールから既存の質問を追加します。[質問の設定]ページで、テスト、アンケート、またはプールの質問の設定を調整できます。たとえば、点数、フィードバック、イメージ、メタデータ、特別評価、学生への質問の表示方法のオプションを設定できます。

質問の設定の詳細

次に、オプションを選択して、テストまたはアンケートをコンテンツ領域またはフォルダに配置します。コンテンツエリアにテストやアンケートを追加すると、それは「配置された」ことになります。

テストおよびアンケートのオプションの詳細

テストの配布の詳細

テストおよびアンケートには同じ方法で質問を追加しますが、アンケートの質問には点数を追加しません。アンケートの質問は採点対象ではなく、回答は匿名です。学生によるアンケートの回答有無と、アンケートの質問単位での集計結果が表示されます。

テストおよびアンケートの結果の詳細


テストまたはアンケートの作成と質問の追加

お使いの画面表示と異なる場合。テストの作成に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

[コントロールパネル] > [コースツール] > [テスト/アンケート/プール] > [テスト] または[アンケート]

  1. [テスト]ページで[テストの作成]を選択します。
  2. [テスト情報]ページで名前を入力します。オプションで説明と手順を入力します。
  3. [送信]を選択します。
  4. [テストキャンバス]で、[質問の作成]メニューから 質問のタイプを選択します
  5. [作成/編集]ページで、必要な情報を入力して質問を作成します。
  6. 送信]を選択します。
  7. 必要な質問をすべて追加したら、[OK]を選択します。[テスト]ページのリストにテストが追加され、学生が利用できるようにする準備が整います。

次のセクションでは、新しい質問を任意の場所に追加する方法を説明します。

JAWS®を使用したテスト作成の詳細


質問を既存のテストまたはアンケートへ追加

お使いの画面表示と異なる場合。質問の追加に関する"Ultra"のへルプを参照してください。

[テスト]または[アンケートキャンバス]で、新しい質問を希望の場所に正確に追加できます。他の質問の前または後ろにあるプラス記号を選択し、質問のタイプを選択します。

質問の並べ替え

お使いの画面表示と異なる場合。質問の並べ替えに関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

質問は、追加された順に番号が自動的に付加されます。質問の番号は、質問の順序を並べ替えたり、ランダム化すると更新されます。混乱を避けるため、テストの中で別の問題を参照するのに数字を追加しないようにします。

[テスト]または[アンケートキャンバス]で、ドラッグアンドドロップ機能を使って質問の順序を並べ替えることができます。質問の隣にある矢印を押して、新しい位置にドラッグします。

または、キーボードでアクセス可能な並べ替えアイコンを選択します。質問を選択して、上に移動および下に移動アイコンを使用し、[項目]ボックスで順序を調整します。

テストの質問がランダムな順序で表示されるよう設定されていない場合は、変更した順序は、新しいテストの答案のみに適用されます。提出済みの学生には、元の順序で表示されます。


テストまたはアンケートのコンテンツエリアへの追加

お使いの画面表示と異なる場合。[コースコンテンツ]ページへのテストの追加に関する"Ultra"のへルプを参照してください。

テストまたはアンケートを作成したら、次にこれを配置します。まず、テストまたはアンケートをコンテンツエリア、フォルダ、学習モジュール、または授業計画に追加します。次に、そのテストまたはアンケートを学生が受けられるようにします。

  1. テストまたはアンケートを追加する場所に移動します。
  2. [アセスメント]を選択してメニューを表示し、[テスト]または[アンケート]を選択します。
  3. リストから、テストまたはアンケートを選択します。
  4. 送信]を選択します。[テスト]または[アンケートオプション]ページが表示されます。
  5. そのテストまたはアンケートを学生が受けられるようにします。
  6. オプションで、フィードバックおよび表示のオプションを選択し、期日および表示日を設定します。
  7. [送信]を選択します。

テストおよびアンケートのオプションの詳細


ULTRA :テストの作成

お使いの画面表示と異なる場合。テストの基本に関する“元の”ヘルプを参照してください。

Ultraコースビューでは、教員は常にテストを利用できますが、匿名で提出されるアンケートは現時点ではまだサポートされていません。

テストは、学生が準備するときに必要な他のコンテンツとともに作成できます。

自由に試してみましょう!教員がテストを表示できるようにするまで、学生は追加されたものを見ることができません。

既存のテストを編集する方法の詳細

[コースコンテンツ]ページで、テストを追加する場所のプラス記号を選択します。フォルダを展開または作成して、テストを追加することもできます。

[作成]を選択して、[項目の作成]パネルを開きます。[アセスメント]セクションを展開し、[テスト]を選択します。[新しいテスト]ページが開きます。

テストを作成すると、成績表項目が自動的に作成されます。テストの得点は、すべての質問の得点の合計です。

学生グループ用テスト作成の詳細

テストの成績を投稿すると、学生は成績ページまたはアクティビティストリームで自分の得点を確認できます。また、学生は[コースコンテンツ]ページのテストリンクから、テスト、関連付けられたルーブリック、提出物、フィードバック、成績にアクセスすることもできます。

テストに多肢選択問題や正誤問題など、自動的に得点される問題しかない場合、その得点は自動的に投稿され、学生に表示されます。


ULTRA :[新しいテスト]ページ

お使いの画面表示と異なる場合。テストの作成については、“元の”ヘルプに移動してください。

タイトルの入力学生がコースコンテンツの中からテストを簡単に見つけられるように、テストにわかりやすいタイトルをつけます。タイトルは、学生が教材を表示するために選択するリンクとして表示されます。タイトルを追加しないと、コンテンツリストに「New Test (新しいテスト)」と表示されます。

質問などの追加。プラス記号を選択してメニューを開き、選択を行います。問題タイプを選択するか、既存のアセスメントから問題およびコンテンツを再利用することができます。テストの指示など、ファイルやテキストを追加することもできます。OneDrive®やGoogle Drive™などのクラウドストレージからもファイルを追加できます。

質問の追加の詳細

質問やアセスメントのコンテンツ再利用の詳細

テストの表示または非表示。教員がテストの表示を選択するまで、学生はテストを表示することができません。事前にすべてのコンテンツを作成し、スケジュールに基づいて学生に表示するものを選択することができます。また、日付、時刻、コース成績表のその他の項目のパフォーマンスに基づいて、利用可能性の条件を設定することもできます。学生は[コースコンテンツ]ページで、教員が設定した時間にテストを表示できるようになります。

テストの設定の適用[テストの設定]アイコンを選択して、テストの詳細と情報を提供するパネルを開きます。

期日の指定期日はカレンダーとアクティビティストリームに表示されます。テストの期日、または期限超過になった日に学生が初めてコースにアクセスすると、コースの通知がポップアップします。期日後の提出物は、コースの成績表に[期日超過]ラベル付きで表示されます。期日を迎えているもの、今後期日を迎えるものを確認するよう学生に促し、学生ができるだけ早く教員に質問できるようにします。

優遇措置の表示。学生に対して優遇措置を設定し、テストの期日や制限時間など、特定のコース要件を除外できます。優遇措置を選択するには、[ユーザ一覧]に移動して、学生のメニューにアクセスします。設定した特別優遇措置の数はテストページの[テストの設定]セクションに表示されます。

特別優遇措置の詳細

時間制限を追加制限時間により提出に制限時間が設けられるため、学生はテストに集中できます。制限時間が経過すると、テストの答案は自動的に保存され提出されます。制限時間を超過して取り組むことを学生に許可することもできます。現在、グループテストに制限時間を追加することはできません。

クラスの会話を許可。クラスの会話を許可すると、学生はテストが利用できる間、教員やクラスメートとテストについて話し合うことができます。テストの前、テスト中、テストの後、学生は会話に貢献できます。会話の展開に応じて、関連するテストのみが表示されます。

会話の詳細

オフラインでの提出物の収集。学生による提出物のアップロードがない作業を評価することもできます。たとえば、口頭によるプレゼンテーション、科学展のプロジェクト、演技のパフォーマンス、直接提出された芸術作品の成績などを成績表に追加できます。

オフラインでの提出物の収集の詳細

質問と解答をランダム表示する。練習/ドリルのアクティビティをサポートするため、または学生の不正を避けるために問題をランダム表示します。1つまたは両方の設定を使用すると、各学生に対して異なるテストが表示されます。テキストブロックまたは添付ファイルを含むテストでは質問をランダム表示できません。

質問は、教員には順序どおり表示されますが、学生に対してはランダムに表示されます。混乱を避けるため、テストの中で別の問題を参照するために数字を追加しないようにします。

質問と解答のランダム表示の詳細

成績カテゴリの変更。テストの成績カテゴリは、コース内で設定したカスタム成績表カテゴリの1つになるように変更できます。新しいカテゴリを作成して、コースでの学習活動の分類方法をカスタマイズできます。全体の成績を設定するときは、デフォルトとカスタムのカテゴリを使用することができます。

答案数の決定。学生が1つのテストに対して複数の答案を送信できるよう設定可能です。複数の答案を許可している場合、最終成績の計算方法を選べます。現在、1つのグループテストで複数の答案を送信できるように許可することはできません。

採点スキーマの選択[採点方法]メニューから、[点数]などの既存の採点スキーマを選択します。すべての問題の点数の合計がテストのスコアになります。採点スキーマはいつでも変更でき、変更は学生や成績表に表示されます。

テキストブロックのみを含むテストを作成する場合、手動で最高得点を設定できます。

匿名採点を有効にする。質問のないテストを作成するときは、匿名採点を有効にして、採点中に学生の名前を非表示にすることができます。匿名で採点されたテストには、テキストとファイルのみ追加できます。

匿名採点の詳細

ルーブリックの追加。ルーブリックは、定義した主要基準に基づいて学生の提出物を評価する時に役立ちます。[テストの設定]から、新しいルーブリックの作成または 以前コースで作成したルーブリックを関連付けることができます。現在、ルーブリックを追加できるのは質問のないテストのみです。

目標と基準を追加しますテストを1つまたは複数の目標にあわせることができます。教員と所属の教育機関は目標を使用して、プログラムやカリキュラム全体で学生の達成度を測定できます。テストの各問題を目標と関連付けることもできます。

グループテストの作成学生のグループ用のテストを作成できます。デフォルトでは各グループごとに成績を割り当てるようになっていますが、グループメンバの個別の成績に変更できます。

SafeAssignの有効化SafeAssignを使用して、学生の提出物における盗作の可能性をチェックできます。学生が提出を開始した後であっても、SafeAssign Originality Reportは随時有効化できます。ただし、提出物がチェックされるのはSafeAssignが有効化されている場合のみです。

オプションで説明を追加説明は、[コースコンテンツ]ページにテストタイトルと一緒に表示されます。テストの最後にファイルをアップロードするよう、学生に依頼できます。たとえば、作文問題の引用元の提供、実験内容の提出、またはテスト前にコンテンツを準備するなどを依頼できます。


ULTRA :テストへの質問の追加

お使いの画面表示と異なる場合。質問の追加については、"従来"のヘルプに移動してください。

新しいテストを作成するときは、プラス記号を選択してメニューを開き、問題のタイプを選択します。また、既存のアセスメントから問題やコンテンツを再利用することもできます。テストに質問を追加する際、匿名採点を有効にすることはできません。

[テストコンテンツ]領域に、多肢選択問題など、必要に応じて質問と回答の選択肢を入力できます。問題は、デフォルトで10点に設定されています。[点数]ボックスを選択して、新しい値を入力します。

追加できる問題タイプの詳細

エディタのオプションを使用して、テキストの書式を設定できます。

キーボードを使用してエディタツールバーに移動する場合は、[Alt]+[F10]を押します。Macでは[Fn]+[Alt]+[F10]を押します。番号付きリストなどのオプションを選択するには、矢印キーを使用します。

テストコンテンツが整理された状態を保つために、各問題内にファイルを追加することができます。エディタの[コンテンツの挿入]メニューから、[クラウドストレージから挿入]などを選択します。

ファイルとテキストブロック追加の詳細

問題の編集と削除の詳細


ULTRA :質問にゴールを設定する

各アセスメントの質問にゴールを設定して、所属教育機関の達成度の測定に役立てることができます。アセスメントを利用可能にすると、学生は質問に設定されたゴールについての情報を確認でき、求められているレベルを知ることができます。

質問のメニューにアクセスし、[ゴールを設定]を選択してゴールを選択します。

コースコンテンツにゴールを設定する方法の詳細


ULTRA :テストへのファイルやテキストブロックの追加

問題、テキスト、またはファイルを追加したい場所でプラス記号を選択してメニューを開きます。テキストブロックとファイルを追加したいだけ追加できます。

テキストブロックの追加。[テキストを追加]を選択して、エディタを開きます。テストのセクションの指示や、音声ファイルや画像の説明テキストを追加できます。Wordドキュメントからテキストをペーストすることもできます。

また、エディタを使用して、テキストとともに画像を埋め込み、ファイルを添付することもできます

テキストブロックのみを含むテストを作成する場合、テストの設定で[テストの設定]パネルで[最高点]を手動で変更できます。たとえば、学生に提出物をアップロードさせたり、自由形式のテキストフィールドを使用させたりできます。

ファイルの追加。[ローカルファイルを追加]を選択し、コンピュータ内のファイルを参照します。アップロードできるファイルの最大サイズは所属する教育機関によって管理されます。ファイルのフォルダを追加することはできません。

クラウドストレージからファイルを追加する :OneDriveなど、ファイルを保存している複数のウェブアプリにすぐに接続できます。追加されるファイルはコピーです。クラウドストレージでファイルを変更した場合、新しいコピーをコースにアップロードする必要があります。ブラウザで許可されていれば、クラウドストレージから追加されるメディアファイルはインラインで表示されます。

クラウドストレージの詳細

メディアファイルの表示オプション

ブラウザで許可されていれば、テストに追加されるメディアファイルは、デフォルトでインライン表示されます。ブラウザがメディアファイルのインライン表示を許可していない場合、メディアファイルは添付として表示されます。クラウドストレージから追加したファイルは、同じように動作します。

インライン表示の画像は、最大のブレイクポイントで768ピクセルで埋め込まれます。画像がそのサイズに近いほど、周囲のパディングが少なくなります。

メディアファイルのメニューにアクセスし、[編集]を選択します。[ファイル設定の編集]ウィンドウで、テストでの動画、音声または画像ファイルの表示方法を、インラインまたは添付から選べます。たとえば、非常に大きなファイルを添付として表示すると、学生がダウンロードできます。添付として表示されるファイルのファイル名を編集できます。

追加する画像を説明する代替テキストを付け加えることもできます。代替テキストは、スクリーンリーダーを使用するユーザや画像をオフにしてWebページを表示するユーザのために、画像を説明するものです。

インラインで表示される動画や音声ファイルについては、学生は再生、一時停止、音量調整を操作できます。学生は動画ファイルを全画面表示で閲覧できます。

メディアファイルの添付表示

添付ファイルとして表示されるメディアファイルの場合、学生はメニューにアクセスして[ファイルをプレビュー]または[ファイルをダウンロード]を選択します。教員の場合は、さらに移動、編集、削除のオプションを使用できます。

質問内のファイルの編集の詳細


ULTRA :質問、テキスト、ファイルの並び替え

お使いの画面表示と異なる場合。質問の並び替えについては、“元の”ヘルプに移動してください。

質問は、追加された順に番号が自動的に付加されます。質問の番号は、質問の順序を並べ替えると更新されます。学生がテストを開く前に、テストの要素を並べ替えることができます。

テスト項目にカーソルをあわせ、[移動]アイコンにアクセスします。問題、テキストブロック、またはファイルをクリックし、移動先にドラッグします。

キーボードを使用して項目を移動することもできます。

  1. [Tab]キーを押して、項目の[移動]アイコンを選択します。
  2. [Enter]キーを押し、移動モードを有効化します。
  3. 矢印キーを使用して、場所を選択します。
  4. [Enter]キーを押して、移動先に項目をドロップします。

ULTRA :学生には何が表示されますか?

制限時間がない場合、学生はテストを表示でき、提出を求められることはありません。[アセスメントを表示]を選択すると、テストを表示したり、作業を追加したりできます。このパネルで[保存して閉じる]を選択し、後で戻ることができます。この場合、作業内容は保存されます。作業を再開する場合は[アセスメントを表示]を選択し、作業が完了した場合は[送信]を選択します。

制限時間を追加している場合は、[アセスメントを表示]ではなく[答案を開始]が学生に表示されます。

制限時間は、テストのその他の詳細とともに[コースコンテンツ]ページ上に表示されます。制限時間は、テストの[詳細と情報]パネルと、作業中のテストの中にも表示されます。

学生が[答案を開始]を選択すると、ポップアップウィンドウが表示されます。テストにアクセスするには、まずタイマーを開始する必要があります。開始する準備ができていない場合は、[キャンセル]を選択できます。タイマーの開始後、制限時間が終了した時点でテストの答案が自動的に提出されます。

複数の答案を提出できるように教員が設定している場合、制限時間は答案ごとに適用されます。

学生のワークフローの詳細


ULTRA :テストとアクティビティストリーム

テストを作成し、学生が表示できるようにすると、学生のアクティビティストリームに通知が表示されます。

テストの成績を投稿すると、学生は[成績の表示]を選択して、成績を表示できるようになります。提供するフィードバックは、テストのタイトルの後に表示されます。

採点する提出物があると、ストリームにアラートが表示されます。テストのタイトルを選択して、[テストの提出物]ページでテストを採点します。

アクティビティストリームの詳細


ULTRA :オフラインでの提出物の収集

教員は、[コースコンテンツ]ページに表示され、学生が提出物をアップロードする必要がないアセスメントを作成することができます。手順、ファイル、ルーブリック、およびゴールを追加して、学生がオフラインでの作業を準備できるようにします。会話を有効にすることもできますが、質問は追加できません。

オフライン作業の例 :

  • 口頭によるプレゼンテーション
  • 科学展のプロジェクト
  • 演技のパフォーマンス
  • 直接提出された芸術作品
  • 対面式のチームビルディング演習、パネルディスカッション、討論

二本立てのコース (ハイブリッド) を指導する教員は、このタイプのアセスメントが最も有益だと感じるかもしれません。たとえば、ルーブリックを使用して、学生によるクラス内のプレゼンテーションを採点することができます。メモを取ったり、後で得点を追加したりする必要はありません。

課題を作成する際は、設定パネルで、提出物をオフラインで収集する方法を選択できます。学生がこのタイプの課題を開くと、作業をオンラインで提出できないことが通知されます。教員がグループを作成してオフラインで提出物を収集する場合、学生にグループメンバが表示されます。

オフラインで収集される提出物の場合、複数の答案、時間制限の設定、SafeAssignの使用は許可できません。

ゲスト講演者や校外学習など、クラス外での学生の参加を必要とする成績項目については、出欠機能にミーティングを追加することができます。

ミーティングの追加の詳細

オフラインの提出物を採点する

オフラインの提出物を採点する準備ができたら、アセスメントページまたは成績表から提出物一覧ページを開きます。学生の名前を選択して[答案を作成]パネルを開き、提出日時を入力して保存します。

学生の提出物ページで、成績を割り当てたり、成績と関連付けているルーブリックを使用したりできます。

学生には何が表示されますか?

学生は[コースコンテンツ]ページ、グローバル成績ページ、およびコースの成績ページで、その他のコンテンツとともにアセスメントを表示できます。学生がこれらのコース領域の課題を開くと、オンラインで作業を提出できないことが通知されます。説明やルーブリックなど、その他の情報にはアクセスできます。

成績を割り当てると、学生にアクティビティストリームで通知されます。